CPU情報

Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、途轍もない電力を消費しながら、AMDのRyzen 9 3900Xよりわずかに高速です!

投稿日:

IntelのCore i9-10900Kは数か月でリリースされ、TUM_APISAKの好意により、チップの新しいベンチマークを共有しました。

最新のベンチマークは、3DMark FirestrikeおよびTime SpyベンチマークにおけるIntelの今後のDeca-coreチップのパフォーマンスをカバーし、両方のCPUが500ドルの値札を狙うため、10900Kの主要な競争相手と思われるAMD Ryzen 9 3900Xと比較します 。

Intel Core i9-10900K 10コアCPUは、AMD Ryzen 9 3900X 12コアCPUよりも明らかに高速ですが、消費電力はかなり高くなります

第10世代Core i9-10900Kは、Comet Lake-Sメインストリームデスクトップファミリに搭載されており、2020年の主力CPUです。

これは、Kaby Lake、Coffee Lake、Coffee Lake Refleshなどの無数に改良されたSkylakeアーキテクチャに基づいています。

このプロセスも同じ14nmですが、より洗練されているため、わずかなクロックの向上とコア数が追加されます。

Intel Core i9-10900K 10 Core CPUの仕様

仕様に関しては、Core i9-10900Kは10コア、20スレッド、20 MBの合計キャッシュ、125W TDPを備えています。

チップの基本周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。 ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzをブーストでき、さらには4.9 GHzのオールコアブーストできます。

この特定のCPUの機能には次のものがあります。

  • 最大4.8 GHzの全コアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHzの熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHz Intel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブコアグループの調整

ベンチマークは、Intel Core i9-10900Kが3DMark Firestrikeベンチマークで28462ポイントで、AMD Ryzen 9 3900Xの約27,000ポイントよりも約5%高速であることを示しています。

3DMark Time Spyでは、Core i9-10900Kは13142ポイントを出し、AMD Ryzen 9 3900Xは約12,6000ポイントを出しています。

ここで考慮すべきことがいくつかありますので、始めましょう。

Intel Core i9-10900Kは、すべてのコアで非常に高速なブーストクロック(4.9 GHz定格)を備えていますが、AMD Ryzen 9 3900Xは4.1 GHzの全コアブーストを備えており、サンプルサイズは4.2 GHz近くに制限されています。

AMD Ryzen 9 3900Xは、コアを2つ、スレッドを4つ多く提供していますが、クロックが低いため、Core i9-10900Kよりもわずかに遅くなります。

Intelの4.9 GHz全コアブーストは、新しいThermal Velocity Boost周波数としても評価されています。これは、最高の冷却ソリューションで実行している場合にのみ可能です。

AMDへのクロックリードが非常に大きいにも関わらず、IntelのCore i9-10900KはRyzen 9 3900Xを最大5%しか上回ることができません。

しかも、AMDのメインストリームファミリの最上位モデルでさえありません。

Core i9-10900K対3DMarkベンチマークのAMD Ryzen 9 3900X:(画像CC:_Rogame#1#2):

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz
(Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz
(Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz
(Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz
(Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

これは、Intelと比較して、AMDがIPCに関してどれだけ飛躍したかを示しています。

もう1つは、電力消費と熱です。

以前のレポートで、Intel Core i9-10900KがRyzen Threadripper 3970Xと同程度の電力を消費し、Ryzen 9 3900Xよりも5%優れたパフォーマンスを提供することを既に見てきました。

すべてのコアをロードすると、Intel Core i9-10900Kは300Wの電力障壁を破ります

これはまた、Intelが長年にわたって14nmプロセスノードでデスクトップ部品を製造することでAMDに負けた効率の大幅なリードを示しています。

AMDは7nmに移行し、まもなく新しいZen3コアベースのプロセッサでより洗練された7nm+ノードを提供する予定です。

いくつかのマザーボードメーカーは、最大負荷で10コアが300ワットのマークを破ることを明らかにしました。

当然のことながら、この種のシナリオでは、9900KSはすでに250ワットのマークを超えていました。 Computebase経由

これは、Intel Core i9-9900Kがオーバークロック時に既に90度を超えており、競合するAMD Ryzen 3000プロセッサよりもはるかに高い温度になっているため、熱部門のIntelにとって前兆ではありません。

Core i9-10900Kを最適なレベルで実行するには、コア数とクロック速度が高いため、非常に強力な冷却セットアップと電源が必要です。

それだけでは不十分な場合、AMDのECOモードは、16コアと32コアのチップが電力制限を抑えても非常に優れた性能を発揮する非常に便利な機能であることが示されています。

新しい7nm Zen 2コアがAMDにどれだけ大きな効率性をもたらしたかを示しており、Ryzen 4000「Renoir」プロセッサを搭載したモバイルプラットフォームでデスクトップクラスのパフォーマンスを提供します。

Intelが第10世代デスクトップパーツのサイレントローンチを行う可能性はあります。

AMDの提供品または今年後半に提供される次の提供品と競合できないことを認識しているためです。

Ryzen 3000はIntelが第10世代の部品と競争するのに十分な競争力があるため、IntelがCore i9を$ 350〜$ 400に引き下げない限り、AMDは値下げを提供することさえ考えないかもしれません。

しかし、再び、彼らはデスクトップセグメントで競争力を維持するためにそうするための財政力を持っています。

Intelの第10世代のラインナップでは、すべての部品でマルチスレッド化とクロック速度の高速化を実現できますが、より多くの電力とより強力な冷却が必要になります。

今年はZen 3が予想され、AMDはすべてのセグメントで市場シェアを食い尽くしたため、IntelはCPU戦略を再考する必要があります。

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップファミリとそれぞれのZ490マザーボードは、2020年4月に発売される予定です。

ソース:wccftech - Intel Core i9-10900K 10 Core CPU Is Only Slightly Faster Than AMD’s Ryzen 9 3900X While Consuming Irresponsible Amounts of Power!

 

解説:

Ryzen 9 3900X 105W=Core i9-10900K 125W

Core i9-10900Kのベンチマークスコアがリークしました。

実質300W超のCore i9-10900KがRyzen 9 3900Xとほぼ互角だったとのこと。

注意してほしいのは3DMark Time Spyはテクニカルガイドでは8スレッドまでしか対応していないと表記されています。

※ 実際の表記は「10スレッド以上には対応していない」です。

また、Fire Strikeに関しても明言はされていませんが、8スレッドまでしか対応していないものと思います。

よって、主にシングルスレッド性能を測るテストになっているということになります。

さらにこのテストのにおいて、未発売のCore i9-10900Kが5.1GHzまで(少なくとも全コアターボーの4.9GHz以上にはなるはずです)回ったのかどうかというのははっきりしません。

よって、Core i9-10900KもRyzen 9 3900Xも実力を発揮していない可能性がありますし、マルチコア性能も含めた総合的なCPU性能はTime Spy Extremeでしか測れないということはお断りさせていただきます。

このテスト結果を見る限りCore i9-10900Kは調整が済んでいない感じがします。

もしくは、Ryzen 9 3900Xが多くのユーザーの手に渡り、テストが繰り返され、セッティングの情報がいきわたったことによって最適な結果が出ているといえると思います。

いずれにしても、現時点ではコスパではRyzen 9 3900Xにはかないそうないということは言えると思います。

元記事ではCore i9-10900Kに厳しい意見が書かれていますが、この結果で300W超、コア数・スレッド数ともに3900X以下ということであれば、確かにちょっと厳しいかなと思います。

発売までにうまく調整されることを祈るばかりですね。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.