CPU情報

Intel 第12世代Alder Lakeが小売店売れ筋CPUチャートでAMD Ryzenチップの置き換えを開始、デスクトップとノートブックのシェアは2021年第4四半期に上昇

投稿日:

Intel unveiled the 12th Gen Intel Core processor family with the launch of six new unlocked desktop processors, including the world’s best gaming processor, the 12th Gen Intel Core i9-12900K. They were introduced Oct. 27, 2021. (Credit: Intel Corporation)

Intelの第12世代Alder Lake CPUがついに姿を現し始め、世界中のいくつかの小売店で売れ筋チャートにおいてAMDのRyzenチップを駆逐しています。

11月に発売されたIntelのCoreラインアップは、売れ筋チャートの中に姿を現し始めるだろうと予想されていましたが、これまでのところ、DIYセグメントで非常に人気があるのはアンロック・パーツです。

Intelの第12世代Alder LakeデスクトップCPUが複数の小売店で「売れ筋」CPUチャートに入り、AMD Ryzenチップを駆逐する

AMDのRyzen 5000は発売以来、数ヶ月間不動のトップセールスCPUとして素晴らしいロングランを続けていましたが、第12世代Alder Lakeのラインナップの発売により、Intelが本当に素早く上位を占めたようですね。

Newegg USを始め、Intel Core i7-12700Kは、AMD Ryzen 5 5600Xのすぐ下に位置し、依然としてトップの座を維持している。

5600Xと12700Kの価格差はわずか60ドル弱ですが、Alder Lakeはゲームおよびマルチスレッド性能にはるかに優れています。

Core i9-12900KとCore i5-12600Kは現在、AMD Ryzen 9 5900Xの下の6位と7位に位置していますが、AMDのフラッグシップモデルRyzen 9 5950Xをトップ10リストの外に押し出すことに成功しました。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Best Buyに目を移すと、米国の小売では、AMDが依然として上位を独占しているものの、Intelが追いつき、Core i9-12900KがRyzen 9 5950Xを抑えてトップセラーのフラッグシップチップを獲得していることが示されています。

また、Core i7-12700KとCore i5-12600KがAMDのRyzen 7 5800X & Ryzen 5 5600Xに急接近していることがわかります。カナダの販売店では、売れ筋CPUのトップ10のうち9つをAlder Lakeが占めており、全く異なる結果となっています。

Core i9-12900Kがトップであることは明らかですが、Core i7-12700Kは3位、Core i5-12600Kは4位にランクインしています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Amazon USを見ると、トップ10のうち9つでAMDが依然としてトップを占めており、Intel Core i7-12700Kはリストに登場する唯一のチップで、それも8位となっています。

しかし、ドイツのAmazonに目を向けると、トップ10ではAMDとIntelのチップは5対5の割合で並んでいます。

Ryzen 7 5800Xが1位を占めていますが、Core i7-12700K、Core i5-12600Kがその後に続き、Core i9-12900Kは再びRyzen 9 5950Xのフラッグシップを追い越しています。Amazon UKでも、ドイツの販売店と同様の結果となっています。

   

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

しかし、アマゾンジャパンでは、インテルがIntel Core i7-12700Kで首位をキープしており、無印(Kなし) モデルを表示しているのはこの販売サイトだけです。

2位はCore i5-12400F、11位はCore i3-12100となっています。無印(Kなし) モデルがリテール部門で発売されたのはごく最近のことなので、まだトップチャートには登場していないようですが、登場すれば、その圧倒的な価格と性能からトップ10入りする可能性があります。

 

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

米国のMicroCenterでも、Core i7-12700K、Core i9-12900K、Core i5-12600K、Core i5-12400がトップ10入りしており、同様の結果となっている。OCUKでは、IntelのCore i7-12700Kが1位を獲得し、i9-12900Kとi7-12600Kも競合を抑えてトップになっている。

 

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

そして最後にドイツのMindFactoryですが、Intel Alder Lake 第12世代CPUは、最も検索されるチップに急速に入りつつあります。

AMD Ryzen 5000 CPUは市場に出てから1年以上経過しているため、販売数は多くなっていますが、Core i7-12700Kは2ヶ月で約3000CPUを販売し、現在Alder Lakeチップの中でも最も売れているチップの1つとなっています。

友人のTechEpiphanyの数字では、AM4はまだもっと売れていますが、LGA 1700とAlder Lakeの販売がペースを取り戻し始めていることが示されています。

https://twitter.com/TechEpiphany/status/1490291817648119811?ref_src=twsrc%5Etfw

この売れ筋チャートを取り上げている間に、Mercury Researchが2021年第4四半期のCPUシェア統計を発表した。

それによると、AMDはサーバーとクライアント分野の成長により、x86 CPUシェア25.6%という記録を達成したが、デスクトップ&ノートPC市場のシェアはインテルの獲得により若干減少した。

AMD 2021年第4四半期 x86 CPU市場シェア (Mercury Researchより):

2021Q42021Q32021Q22021Q12020Q42020Q32020Q2 2020Q12019Q42019Q32019Q22019Q12018Q42018Q32018Q22018Q1
AMD デスクトップCPU
市場シェア
16%17%17%19%19%20%19%19%18%18%17%17%16%13%12%12%
AMD モバイルCPU
市場シェア
22%22%20%18%19%20%20%17%16%15%14%13%12%11%9%N/A
AMD サーバーCPU
市場シェア
11%10%10%9%7%7%6%5%5%4%3%3%4%2%1%N/A
AMD 全 x86 CPU
市場シェア
26%25%23%21%22%22%18%15%16%15%14%N/A12%11%N/AN/A

モバイル分野では、Intelの第12世代Alder Lake CPUがデスクトップ市場のシェア拡大に貢献し、Intelの第12世代とAMDのRyzen 6000シリーズが今後数四半期にわたって争うことになりそうだが、独立系の技術アナリストはすでに、ノートPC/ノートブック分野では、性能と価格面でIntelのAlder Lakeモバイルラインナップに優位性があると指摘している。

サーバー分野では、Sapphire Rapids-SPが発売予定に遅れ続けているのに対し、AMDは今年後半にMilan-XとGenoaで勢いに乗りそうです。また、AMDは今年後半にRyzen 7000シリーズを発売し、Intelの第13世代Raptor Lakeラインアップに対抗する予定です。

ソース:wccftech - Intel 12th Gen Alder Lake Starts Replacing AMD Ryzen Chips In Retailer Top-Selling CPU Charts, Desktop & Notebook Share Climbs In Q4 2021

 

 

 

 

解説:

世界中の小売店でAlderlakeが売上ランキングを席巻

当サイトでは先日AlderLakeのソケットに関する不具合を指摘させていただきましたが、もし仮にこれらの情報が十分に回っていたとしても結果はさほど変わらなかったと私は思います。

マーケティングとしては他社製品の不具合を指摘することはFUD戦術と言えるのかもしれませんが、こういう戦術は自社の製品が同等以上でなければ意味がありません。

※ お断りしておきますが、私はAMDの関係者ではありません。しかし、表現の問題でこのように書かせていただいています。

AlderLakeに勝つにはAlderlakeより魅力のある製品で勝負するしかありません。

まあ、私が言わなくてもAMDの中の人もよくわかっていると思います。

3D V-Cache搭載型のRyzen 5000シリーズが適切な時期に投入できなかった以上、第12世代コアにRyzen5000シリーズは敵わないということです。

ただし、全体の市場シェアとしては上の記事の資料にもある通り順調に伸ばしており、マスとしてみればほとんど無視してよいデスクトップ市場を順当に無視してノートPCとサーバーに注力したのは正解も正解、大正解と言ってもよい結果になっています。

自作erとしてはこれはAlderlakeが素晴らしいというよりも業腹な結果です。(苦笑。

肝心のXeonはGoldenCoveのみ一種類のコア構成となっており、ハイブリッドではないため、AMDのCCX、CCDを基本としたMCM設計が有利に働きやすい状況のため、デスクトップのように大差を付けられることは無いでしょう。

Eコアはやはりサーバーには向かないようですので、EnergySaveコアと言うよりマルチスレッド性能を稼ぐだけのEmptyコアと言ってもよいのかもしれません。

 

LGA1700の不具合があることを言わなかったのは、ユーザーの不信を買うだけで全く意味が無かったと思います。

Alderlakeの性能は素晴らしいものですが、この一点でミソを付けてしまいました。

一自作ファンとしてとても残念です。

日本はともかく、アメリカは訴訟大国ですから、後で集団訴訟なりを起こされなければよいなと思います。

こういうことを書くと、「また管理人が大袈裟なこと言ってるよ」と思われるかもしれません。

しかし、AMDも「Bulldozerのコア数は表記の半分ではなかったのか?」と言う訴訟を起こされたことがありますが、変なところで二の舞を踏まなければよいなと思います。

日本ではありえませんが、アメリカは本当にこういうところありますよね。

 

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.