CPU情報

AMD Ryzen Threadripper PRO 3995WX Workstation CPUは、多くのZen 2コアを搭載し、WRX80プラットフォームでI/Oが増加する。

投稿日:

AMDのRyzen Threadripperは、同社がフラッグシップと思われるRyzen Threadripper PRO 3995WXの写真が流出したチップの最新Threadripper PRO 3000シリーズを発売する準備をしているため、更新される最新のセグメントです。

AMD Ryzen Threadripper PRO Series In The Works、Ryzen Threadripper PRO 3995WXの写真 - Zen 2コアを多数搭載、WRX80プラットフォームに8チャネルメモリの可能性あり

Ryzenのラインナップ全体が何らかの形でアップデートを受けているようだ。メインストリームのRyzen CPUにはMatisse Refresh (Ryzen 3000XT)が、メインストリームのRyzen APUファミリーにはRyzen 4000 Renoir (Ryzen 4000)が、そしてRyzen Threadripper CPUファミリーにはPRO 'Workstation'指向のラインナップ(Ryzen Threadripper PRO)が導入されるようです。

 

 

そんなRyzen Threadripper PROファミリーの1モデルがリークされた。

このチップは、AMD Ryzen Threadripper PRO 3995X。現在は非表示になっているChiphellの元の投稿によると、少なくとも3つのモデルが開発中であることが報告されている。

既存のファミリーの各モデルがPROシリーズのSKUを取得するので、それは理にかなっているだろう。

Ryzen Threadripper PRO 3995Xは多かれ少なかれRyzen Threadripper 3990Xと同じように、Ryzen Threadripper PRO 3975WXとRyzen Threadripper 3965WXが予想されます。

AMD Ryzen Threadripper世代の比較

ファミリー
ネーム
AMD 1st Gen
Ryzen Threadripper
AMD 2nd Gen
Ryzen Threadripper
AMD 3rd Gen
Ryzen Threadripper
アーキテクチャーZen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163264
最大CPU
スレッド数
3264128
PCIe サポートPCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
646472
最大L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB
ソケットTR4TR4sTRX4
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019-2020

PROシリーズ「WX」のラインナップは予想外ではありませんが、タイムスケジュールは間違いなく予想外でした。

AMDがPROシリーズHEDT CPUにこの夏に青信号を出したようですが、これは非常に興味深い選択です。

上記のように、Ryzenのラインナップ全体が何らかの形で更新されているので、それは理にかなっています。

また、よりPROやワークステーション向けのプラットフォーム向けに設計された「WX」製品の話を聞くのはこれが初めてではありません。

PROセグメントの噂は昨年から存在していたし、それ以来、私たちは多くのことを聞いたが、少ししか見ていない。

AMD Ryzen Threadripper PROシリーズは、Zen 2コアアーキテクチャをベースにした標準製品と同じコア構成を特徴とすると噂されていますが、I/Oの増加と最大8チャネルメモリのサポートを特徴とするでしょう。

 

これらの製品は、AMDの新しいWRX80プラットフォームでサポートされ、現在、複数のボードパートナーが積極的に取り組んでいます。

主な機能としては、UDIMM、RDIMM、LRDIMMの8チャンネルDDR4-3200サポート、SATAへの切り替え可能な32レーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーン、そしてPRO機能などがあり、これらのチップは市場で究極のワークステーションソリューションとなるだろう。

Videocardzは別のツイートで、AMDが来週の7月14日にRyzen Threadripper PROのラインナップを発表すると報じている。

もちろん、今のところラインナップについてはあまり知られていないが、今月のRyzen 4000 PROシリーズの発表に伴い、Ryzen Threadripper PROシリーズについても詳細が明らかになることは間違いないだろう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper PRO 3995WX Workstation CPU Spotted, Lots of Zen 2 Cores & Increased I/O on WRX80 Platform

 

解説:

Ryzen Threadripper PRO発進

I/O性能が向上したZen2ベースのThreadripper新モデルが出るようです。

Ryzen Threadripper PRO 3995X/3975X/3965Xの三モデルが予定されており、コア数・スレッド数ともに既存のナンバーが近いThreadripperと同じになります。

高くなりすぎたThreadripperは発売日に求める人もあまり多くなかった印象ですので、さらに重量級になったのPROがどのくらい売れるのかわかりません。

しかしワークステーション用途には最適のCPUであることは確かでしょう。

メモリ8ch、ノーマルThreadripperよりさらに多くのI/O機能を搭載するといわれており、7/21に発売される予定のようです。

こちらの方はノーマルThreadripperとEPYCの中間くらいのイメージでしょうか。

OCなどの遊び機能はほとんどないものと予想されます。

奇をてらった機能よりも安定性重視と言う感じでしょう。

128スレッド問題に関してWindows側が解決できたという話は効かないので、3995Xに関してはWindowsで使う分にはその性能をフルに発揮できることはなさそうです。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.