CPU情報

デュアル AMD EPYC 7773X 3D V-Cache Milan-X CPU、128コア&1600MBキャッシュ搭載、空冷で全コア4.8GHzにオーバークロック。

投稿日:

AMD EPYC 7773X 3D V-Cache搭載Milan-X CPUは現在、世界中のクラウドデータセンターに出荷されていますが、一部の小売業者がAPAC市場でもQSチップを(非公式に)販売しているようです。

このサンプルは中国のコンテンツクリエーターである穷三代科技が入手し、デュアルチップを様々なベンチマークでテストするビデオを投稿しています。

AMDの3D V-Cache搭載CPU「EPYC 7773X」をデュアルソケット構成でテスト。128コア、1600MBキャッシュ、空冷で4.8GHz OC

AMD EPYC 7773X Milan-X CPUは、OPNが「100-000000504-04」で、CPU-z内ではESチップとして識別されます。

ベースクロック2.1GHz、ブーストクロック3.4GHzで、最終仕様であるベース2.2GHz、ブースト3.5GHzに比べ100MHz低いクロックが特徴だ。

256MBの標準L3キャッシュと512MBの3D V-Cacheを搭載し、1チップあたり最大768MBのL3キャッシュと804MBの総キャッシュを実現しています。

2P SP3プラットフォームでは、このチップが2つ搭載されているため、128コア、256スレッド、1608MBのキャッシュが搭載されており、まさに正気の沙汰とは思えません。

また、各チップのTDPは280Wですが、ESチップはクロックが低いため、TDPが異なる可能性があります。

テストスイートで使用したすべてのベンチマークで、AMD EPYC 7773X Milan-X Dual-CPU構成は、キャッシュとコアの圧倒的な優位性があるにもかかわらず、古いEPYC 7T83 Milan CPUや、Core i9-12900Kに敗れ去ったのである。

その理由は、単純にこのCPUがコンテンツクリエイターがテストスイートで使用したアプリケーション向けに設計されていないためです。

Milan-Xのラインナップは、キャッシュに依存するワークロードに特化して設計されており、ベンチマークに使用するようなソフトウェアスイートは、このチップが提供する高いコア数とキャッシュ数に最適化されていないのです。

もう1つは、ES CPUであるため、クロックが意図したとおりに上がっていない可能性があり、そのため旧製品と性能が異なるということです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

しかし、このユーザーは、AMD EPYC 7773X Milan-X CPUのオーバークロック能力も披露している。CPUは、AMD EPYC Overclockingユーティリティを使用して、PPT制限を1.5KWに、TDC制限を700Wに、EDC制限も700Wに設定してオーバークロックされた。

最大オーバークロックは4.8GHzで、ブーストクロックから+1300MHzの向上が達成された。しかし、その結果、サーバーボードは限界に達し、自動電圧はボードが提供できる最大値である1.55Vに跳ね上がった。

なお、これはすべてSP3クーラーによる空冷で行われたものだが、SP3クーラーはかさばるため、24時間365日安定したスペックで使用するために純粋に設計されたものである。

もし、適切な冷却が行われていれば、チップはさらに高いオーバークロックとパフォーマンスを達成できたでしょう。

クロックが上がったことで、CPU-zベンチマークのスコアは約4万点に達し、前回のCPU-zベンチマーク(同じくデュアルCPU構成)よりも1万点アップしている。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

これは、AMDのEPYC Milan-XのCPUラインアップを楽しみにしている人たちが期待することで、これまでのベンチマークでも、既存のMilanパーツに対してはるかに高い安定したブースト速度を提供することが実証されています。

Milan-Xの素晴らしい技術的偉業を利用したベンチマークでは、Chips and Cheeseが発表したテストに見られるように、明確な改善が見られます(この記事で報告済み)。

AMD EPYC Milan-X 7003X サーバーCPU(暫定)仕様:

CPU名コア数 /
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
LLC(3D SRAM)L3キャッシュ
(V-Cache +
L3 Cache)
L2キャッシュTDP価格
(店頭小売価格)
価格
(希望小売価格)
AMD EPYC 7773X64 / 1282.2 GHz3.500 GHzはい
(CCD毎64 MB)
512 + 256 MB32 MB280W
(cTDP 225W 下限
/ 280W 上限)
$10,476.99 US未確認
AMD EPYC 776364 / 1282.45 GHz3.500 GHzN/A256 MB32 MB280W
(cTDP 225W 下限
/ 280W 上限)
$9424.99 US$7890 US
AMD EPYC 7573X32 / 642.80 GHz3.600 GHzはい
(CCD毎64 MB)
512 + 256 MB32 MB280W
(cTDP 225W 下限
/ 280W 上限)
$6654.99 US未確認
AMD EPYC 754332 / 642.80 GHz3.700 GHzN/A256 MB32 MB225W (cTDP 225W 下限
/ 240W 上限)
$4291.99 US$3761 US
AMD EPYC 7473X24 / 482.80 GHz3.700 GHzはい
(CCD毎64 MB)
512 + 256 MB12 MB225W (cTDP 225W 下限
/ 240W 上限)
$4643.99 US未確認
AMD EPYC 744324 / 482.85 GHz4.000 GHzN/A128 MB12 MB200W (cTDP 165W 下限
/ 200W 上限)
$2293.99 US$2010 US
AMD EPYC 7373X16 / 323.05 GHz3.800 GHzYes (64 MB per CCD)512 + 256 MB8 MB240W (cTDP 190W 下限
/ 250W 上限)
$5595.99 US未確認
AMD EPYC 734316 / 323.20 GHz3.900 GHzN/A128 MB8 MB190W (cTDP 165W 下限
/ 200W 上限)
$1784.99 US$1565 US

ソース:wccftech - Dual AMD EPYC 7773X 3D V-Cache Milan-X CPUs With 128 Cores & 1600 MB of Cache Overclocked To 4.8 GHz Across All Cores on Air-Cooling

 

 

 

解説:

アプリによっては芳しくないMillan-Xの性能

Millan-Xのベンチマークがリークしましたが、テストによってはノーマルのMillanに負けていたりします。

これはキャッシュを搭載した分、クロックが落ちており、どっちのキャッシュにも収まりきるような演算だった場合、当然、クロックが高い方が速いということになります。

また、どっちのキャッシュからもあふれるような演算の場合もあまり差がつかない可能性があります。

キャッシュを増やすと言っても限度があります。もしすべてをキャッシュのような高速アクセス可能なメモリにできるならば、別にDRAMなんて物は必要ないわけで、使うアプリによって有利不利がはっきり分かれるところがキャッシュの一つの欠点です。

どんなプログラムにでも万能に性能を向上させられるというわけではありません。

AMDはRYzen 7 5800X3Dがcore i9-12900Kと同等の性能があるとしていますが、私にはちょっと信じられません。

恐らく差が付くゲームもあるのではないかと思います。

中身は単なるキャッシュが増えただけのZen3ですからね。

今回のベンチマークではその辺がはっきり出た形になりました。

X3DシリーズがデスクトップのRyzenでは1種類しか出ない予定なのは残念ですが、やはりIntelハイブリッドに対抗する大本命はZen4「Raphael」と言うことになります。

Core i9-12900Kのシングルスレッド性能は素晴らしく、文句なく大差をつけてMillan-Xに勝利を収めています。

Golden Coveとはよく言ったものです。

今一つ気になるところは、Eコアのみを搭載したXeonが出ないということです。

マルチスレッド性能が高いならば出てもおかしくはないと思いますが、AVX-512どころかHTTすらも搭載していないEコアはサーバーの最前線に出られるような性能ではないということでしょうか。

それを考えると、Eコアは単についているだけの見掛け倒しと言うこともできます。

そのような陰口が叩かれないように、Intelは今後爆発的に数が増えるEコアをうまく活用する仕組みを考えてほしいと私は思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,700 (2022/5/25 7:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.