その他

両社製品の「Hopper」表記をめぐるNVIDIA対Dish Networkの一件

投稿日:

NVIDIAには、将来、同社がアメリカのコンピュータ科学者、グレース・ホッパーにちなんでHopperと名付けると予想される未発表のGPUラインアップがあります。

しかし、Hopperという名称の商標を申請したところ、Team Greenが自社の「Hopper」製品を侵害しているとして、思わぬ相手が現れました。

その会社とは?Dish Network社だ。

Dish NetworkとNVIDIAが、両社の未発売デバイスの「Hopper」という名称をめぐって法廷闘争を展開中

3年ほど前、NVIDIAは、「NVIDIA Hopper GPU」というデータセンター用グラフィックプロセッサの将来ラインの名称を商標登録しようとしました。しかし、Dish Network社は、DVRと衛星受信装置を「Hopper」の名前でブランド化している。

両社は昨年2021年4月、「Hopper」の名称の使用をめぐって法廷に入り、Dish Networkが同社のブランドを侵害しているとして争っている。

Dish Network LLCは、Hopper、Hopper Go、Hopper Duo、Hopper Plusなど、同社のHopperファミリーとNVIDIAの新しいグラフィックスカードが消費者に混同されることを懸念しています。

NVIDIAが「Hopper」ブランドを商標登録しようとしていることの刺激的な点は、今回の出願が、グラフィックカード、クラウドコンピューティングサービス、各種ソフトウェアアプリケーション、そして奇妙なことにLCDデバイスを対象としていることです。

NVIDIAは、この全く新しいグラフィックスカードアーキテクチャを今年中にリリースする予定です。

この名前は、科学者であり、プログラミング言語COBOLの生みの親であり、最初のコンパイラの発明者である故グレース・ホッパーへのオマージュとして付けられたものです。

Tom's Hardwareによると、次世代アーキテクチャは、TSMCの5nmノード技術に匹敵するマルチチップのモジュール設計になるとのことです。

HPCベースとなるとの憶測が流れている。

2021年4月以降、両社は和解交渉を試みている。2021年12月に両社が60日間の再休止を求めるまで、その後数カ月の間に数回の中断が行われた。

今回の手続き停止は、商標権侵害訴訟をめぐるDish Network LLCとNVIDIAの間で、昨年1年間に5回目の停止となった。

NVIDAは、今年後半に新しいデータセンターGPUシリーズをリリースする予定であることから、Dish Network LLCと法廷外で和解し、今年中に製品ラインをリリースすることを後押しする可能性があります。

そうでなければ、NVIDIAは、被告とこれ以上問題を起こさないように、製品の名前を変更すると思われます。

ソース:wccftech - NVIDIA versus Dish Network over the use of the word “Hopper” for both companies’ products

 

 

 

解説:

ディッシュ・ネットワーク(Dish Network)は、アメリカ合衆国においてサービスを行っている衛星放送サービス。または同サービスを運営する会社。本社はコロラド州メリディアン。

Wikipediaより

nVidiaとディッシュネットワークと言う日本ではあまりなじみのない会社がHopperの名称を巡って法廷闘争を繰り広げているようです。

私から見ると、こういうのはあまり意味が無いので、和解するか後から申請したnVidiaが名前を変更すると思います。

名称で思い出すのは

スラド - Apple Computer社がApple Corps社に訴えられる

Apple社設立当初、Appleの製品はとてもプロ用の音楽に使える性能ではありませんでした。

もちろんシングルボードや8bitの時代です。

しかし、コンピューターが進歩するにつれ、Appleはプロのミュージシャンに使われるようになり、ビートルズが設立したレコード会社 英Apple Corpsにその名称を巡って訴えられることになりました。

あんまり関係ないと思っても、PC関連の分野は進歩が激しいため、将来的にどうなるのかわかりません。

なので、デッシュネットワークの反応は過敏ではないと私は思います。

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.