GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3050のベンチマークでは、暗号マイニングは貧弱だがRX 6500 XTより速いグラフィック性能を示す。

更新日:

NVIDIA GeForce RTX 3050グラフィックスカードの最新の性能数値は、暗号マイニングは不調だが、ゲーミング性能は良好であることを示しています。

NVIDIA GeForce RTX 3050の性能数値は、暗号採掘者にとってはベース、ゲーマーにとってはグレートであることを示しています。

Videocardzによる複数のリーク情報において、同ニュースではGeForce RTX 3050のゲームとマイニングの両方における性能数値を紹介しています。

このグラフィックスカードは、Lite Hash Rateアルゴリズム(LHR)を搭載しており、わずか数秒で12.5MH/sまで低下するとのことです。

また、このグラフィックカードの消費電力は73ワットです。

また、別のリーク者は、Twitter(@wxnod)でこの情報を検証し、暗号通貨を採掘するために異なるソフトウェアを使用して比較可能な結果を公表しています。

リーク者は、NVIDIAのGeForce RTX 3050は、カードの電力制限のチューニングとメモリ/コアクロックの最適化によって達成された57Wの消費電力レベルで13.66MH/sが可能であると報告している。

NVIDIAが選択した価格設定と現在のイーサリアムのコストを考慮すると、暗号採掘者は、小売価格250ドルのGeForce RTX 3050の投資回収期間を500日以上と見るだけでしょう。もし、カードの小売価格が100ドル高い(350ドル)なら、投資回収期間は700日に近くなります。

デジタル通貨の価値は現在下がっており、イーサリアムは2022年6月からプルーフ・オブ・ステーク(PoSt)スタンダードに移行するため、NVIDIA GeForce RTX 3050グラフィックカードは暗号マイニングに利用するには良くない選択であると結論付けられています。

この新しい情報は、2022年に手頃な価格のグラフィックカードを探しているゲーマーのために、市場を解放するはずです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

マイニング性能のほか、3DMark TimeSpyとFirestrikeベンチマークもソースからリークされています。

それによると、TimeSpyではNVIDIA GeForce RTX 3050がRadeon RX 6500 XTに対して最大19%のブーストを実現しているのに対し、Firestrikeではその差はわずか4%にとどまっている。

このグラフィックスカードは、GeForce GTX 1660 Tiとも同等ですが、同じGA106 GPU(40%高いコアと60%高い帯域幅)を使用するRTX 3060は、最大47%の性能向上を実現しています。

NVIDIA GeForce RTX 3050 Graphics Card 3DMarkのパフォーマンス(ソース:Videocardz)

GPUFireStrike 1080p
(Graphics)
TimeSpy
(Graphics)
TimeSpy Extreme
(Graphics)
Fire Strike
(%)
Time Spy Extreme (%)
RTX 30602052387834111130%147%
GTX 1660 Ti1677463602882106%103%
 RTX 30501584361662801100%100%
RX 6500 XT152604970227096%81%

しかし、FireStrikeでは、その差はわずか30%に減少します。NVIDIA GeForce RTX 3050は、来週1月27日に発売される予定です。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3050 Benchmarks Show Poor Crypto Mining But Faster Than RX 6500 XT Graphics Performance

 

 

 

 

解説:

RTX3050はLHRがちゃんと効いているのか・・・?

LHRはマイニングソフト側で50%から70%ほどまで解除できるようになったようですが、RTX3050は13.66MH/s程度までしかハッシュレートが出ず、$250だと元を取るのに500日以上かかるとのこと、

CUDAコア3584のRTX3060の47%マイニング性能が低いということは、CUDAコア2560で約7割程度の性能が見込めるにしては確かに低いです。

LHR無しのRTX3060の性能を100とすると、nbminerでのLHR解除機能で70程度まで解除していますから、同様の性能がRTX3050で見込めるならば、49程度です。

LHRがちゃんと効いた状態だと50でその7割ほどの性能だと35となります。

つまり、少なくとも今のマイニングソフトのLHR制限緩和機能では緩和できない新型のLHRが搭載されている可能性が高いということになります。

これに対してマイニングソフト側の機能で新型のLHRにも対応するのかどうかで結論が変わってくると思います。

 

RTX3050はゲームの性能に関してはGTX1660Tiと同程度の性能になっているようです。

これが4万円で売られるのはちょっと高いかなあと思います。

その後の価格が上がるかどうかに関してはマイニング側の対応によって変わってくるでしょう。

私は前の記事でかなり悲観的な結論を出しましたが、とりあえずあれほど悪いことにはならなさそうです。

ただし、LHRはETH以外には効果が無いことは忘れてはいけないと思います。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/07 04:40:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/07 04:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/07 05:08:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.