その他

インテル、AMD、NVIDIAの高性能CPUとGPUは、2022年に最大20%の価格上昇を予想

投稿日:

2022年は、AMD、Intel、NVIDIAのビッグ3がチップの価格を最大20%引き上げる予定であり、エンスージアストや高性能CPU・GPUユーザーにとって本当に悪いニュースで幕を開けようとしています。

AMD、Intel、NVIDIAは、2022年に高性能CPUとGPUの価格を最大20%引き上げる準備を進めている。

DigiTimesの最新レポートによると、AMD、Intel、NVIDIAのビッグ3は、高止まりする出荷コストやファウンドリコストなどの外部要因により、最大20%のチップ価格の引き上げを計画しているとのことです。また、これらはGPUの価格だけでなく、CPUの価格にも影響を与える予定です。

このレポートによると、TSMCは、AMD Ryzen 7000, AMD Ryzen 6000H/U, NVIDIA GeForce RTX 40 & IntelのARC Alchemist GPUなど、いくつかの次世代GPUとCPUを搭載することになる既存の7nmと5nmプロセス技術の見積もりをすでに引き上げているとのことである。

IntelはN7プロセスノードの延長線上にあるTSMCの6nmプロセスに依存することになるが、価格高騰は同様である。

AMDは、TSMCが今年から成熟した先端プロセスノードの見積もりを10~20%引き上げたため、TSMCで生産されるすべての7nmおよび5nmチップの見積もりを引き上げることになります。

また、NVは今年から5nmのRTX 40 GPUシリーズを長期受注するためにTSMCに前金を支払っているとされており、高い製造コストの一部を顧客に転嫁する可能性もある。

DigiTimes経由でMyDriversから機械翻訳されたものです。

値上げは、こうした変動要因や既存のチップ生産プロセスに影響を与えた外部要因を相殺するものです。

そして、2022年末までにこれらの製品ラインのいくつかについて入手可能性が良くなる可能性はありますが、価格が良くなるかどうかは確認されておらず、それが今、多くの人にとっての最大の関心事となっています。

NVIDIAがTSMCの5nmウェハーの供給を受けるために数十億ドルを費やすことは既に報告しましたが、それは同時に、消費者が彼らの技術を利用したこれらの最先端チップを手に入れるためにもっと支払わなければならないことを意味します。

AMDはすでに、TSMCの7nmノードをベースにしたZen 3製品の価格を引き上げており、TSMCの5nmノードをベースにしたRyzen 7000は、さらにコストが高くなる可能性があります。

IntelのARC GPUとAMDのRDNA 2リフレッシュGPUは、TSMCの6nmプロセスノードを利用している唯一のコンシューマ製品なので、供給は良くなるかもしれないが、価格が大きな問題だ。

Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードの販売店別価格を見ると、AMDが次期カードについてより良い供給と価格を約束したにもかかわらず、6nmもこれらのチップ供給問題からかなりの影響を受けているようです。

ソース:wccftech - High-Performance CPUs & GPUs From Intel, AMD, NVIDIA To See Up To 20% Price Hike In 2022

 

 

 

 

解説:

ついに押し寄せる価格上昇の波

半導体の部材やFabのコストが上昇し続けているというニュースがずっと出ていましたが、今まではっきりと価格には転嫁されてきませんでした。

※ GPUも希望小売価格がはっきり上昇するということはありませんでした。その分現場で転嫁されていますが・・・

しかし、残念ながら2022年から今までのようにはいかないようです。

DigiTimesでは2022年にIntel、nVidia、AMDの三大メーカーのチップ価格が20%程高くなると予想しているようです。

Fabの生産コストそのものが上がっているのでどうしようもないようですね。

Zen3も下がるのではなく、上がるようです。(苦笑。

残念ながら、ゲーマーにとってはまだまだ受難の時代が続きそうです。

 

 

 

-その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.