その他

AMD (NASDAQ: AMD)の株価目標は100ドルに引き上げられました。

投稿日:

AMD (NASDAQ:AMD 83.505 0.89%) は、Intel (NASDAQ:INTC 48.93 -0.49%) の大暴落の最も顕著な恩恵を受けた企業として浮上しており、シリコン・フードチェーンのトップに浮上する可能性が高まっています。

今日、同社は目標株価の引き上げという形でもう一つの後押しを受けている。

リフレッシュとして、Intelは2020年第2四半期の収益の一部として明らかにした。

"同社の7nmベースCPUの製品化時期は、事前の予想と比較して約6ヶ月ずれている。主な推進要因はIntelの7nmプロセスの歩留まりであり、最近のデータによると、現在、同社の社内目標から約12カ月遅れで推移している。"

AMDの株式は、7月23日にIntelがこの画期的な発表をして以来、ずっとばか騒ぎをしている。

例を挙げると、Intelの2020年第2四半期決算発表以来、AMD株は40%以上の上昇を記録している。EDT午前9時37分現在、AMD株は83.61ドルで取引されています。

これが問題の核心に迫る。

Cowen社とAMD社の間で複数回の会議が行われた後、AMD社とCowen社(NASDAQ:COWN)の間で、複数回の会議が行われました。

(NASDAQ:COWN 17.76 1.60%)の代表者とAMDのLisa Su最高経営責任者(CEO)との複数回の会合を経て、投資銀行は本日、AMDの株価目標を90ドルから100ドルに引き上げました。

Cowenのアナリスト、Mathew Ramsay氏は、今回の会談で明らかになったAMDの「ロードマップの一貫性、実行の信頼性、主要顧客とのより緊密なコラボレーションのメッセージ」を強調した。

Ramsay氏は、AMDの目標株価引き上げの根拠を説明しながら、次のように述べている。

"Intelのロードマップは流動的であるが、AMD自身の製品革新によるところが大きいので、我々はシェアの拡大と強力な収益/利益率の成長を予想している」と述べている。

なお、Cowen氏はAMDの株式について「アウトパフォーム」の評価を維持しており、ウォール街全体の評価とほぼ一致していることを覚えておいてほしい。

※ アウトパフォームは投資会社がその株に対して「買い推奨」の判断を下すことです。

もちろん、AMDはここ数日、多くの株価アップグレードを受けている。

例えば、8月4日にはジェフリーズのアナリスト、 Mark Lipacis氏がAMD株のベンチマーク価格をそれまでの85ドルから95ドルに引き上げた。同アナリストは観察した。

"INTC(NASDAQ: INTC)の7nmトランジスタの遅延発表は、同社の10nmトランジスタの遅延に続き、同社のトランジスタの課題はシステマティックであり、TSMC/AMDのトランジスタリードが伸びるとの見方を導いている。"

Lipacis氏は現在、強気のシナリオでは、AMDの市場シェアは、今後12〜18ヶ月で30〜50%に膨らむと考えている。したがって、Jeffriesのアナリストは、市場シェア30%のシナリオでは、EPSを4.50ドルと計算している。一方、半導体の市場シェアが50%に達した場合、同社のEPSは6.75ドルに膨らむとアナリストは予想している。

これらの動きは、AMDが2020年10月までに、コードネーム「Navi 21」と呼ばれる待望のビッグナビ(RDNA 2)GPUのリリースに向けて取り組んでいることに起因している。

同社は、この新しいGPUが、CPU分野でZenアーキテクチャが期待されているのと同じレベルの破壊を4Kゲーム分野にもたらすと考えている。なお、同社はすでにNavi 31とNavi 41のGPUの開発に着手している。
ソース:wccftech - AMD (NASDAQ: AMD) Stock Price Target Hiked To $100 by Cowen on “Execution Dependability” and “Product Innovation”

 

解説:

AMDの株価目標が100ドルになる。

AMDの最近の好調と言うよりはIntelの最近のパッとしない見通しによって、AMDの株価目標が100ドルになりました。

Intelの企業としての価値は盤石だと思いますが、AMDもここに来てかなりの評価を受けています。

ここまで来ると「ひょっとしたらひょっとするかも」と言う期待感があることは確かです。

さて、ここからはAMDがこれ以上のブラス評価を受けるためにはどうしたら良いかを考察していきたいと思います。

これから発売される製品としてZen3とBig Naviがあると思います。

具体的にZen3ではIntelを引き離す評価を受けるのは当然として、Big NaviでAmpereを圧倒する評価を受けることが必須でしょう。

もっと具体的に言えば、ラスタライズの性能でRTX3090を少し上回り、価格はRadeon VIIと同程度に抑えることです。

RadeonVIIは$699、日本円で10万円程度でした。

HBM2メモリを16GB乗せてダイサイズ331mm2だったわけですが、Big NaviはGDDR6を16GBと505mm2のダイサイズとなります。

コスト的にRadeonVIIと同程度にできるかどうかは微妙なラインですが、同程度か+$100程度にできれば、RTX3090を圧倒できるかもしれません。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/21 02:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/21 06:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.