GPU情報

AMD RDNA 2搭載のRadeon RX 6000 Refreshがデスクトップ向けに噂され、より高速な18Gbps GDDR6メモリダイを搭載する可能性がある

投稿日:

AMDは、RDNA 2アーキテクチャを搭載したRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードのリフレッシュ版を準備中かもしれません。

AMD Radeon RX 6000 RDNA 2 Desktop Refresh グラフィックス・カードの噂、メモリ速度が18Gbpsに向上する可能性。

AMD Radeon RX 6000シリーズのラインアップは、すでにモバイルとデスクトップ・プラットフォームでソフトリフレッシュが行われています。

2022年のCESでは、新しいRadeon RX 6000M XT、Radeon RX 6000S、両プラットフォーム向けの6nm GPUが発表されたのを見ることができました。

そして今回、AMDは既存のRX 6000ラインナップのデスクトップ向けリフレッシュモデルを新たに投入する計画もあるようだ。

Greymon55(viaVideocardz)によると、AMDがRDNA 2アーキテクチャを採用したRadeon RX 6000シリーズの新バージョンを準備中である可能性が報じられている。

これらの新しいグラフィックスカードは、18Gbpsのメモリダイを備えているかもしれないということ以外、詳細は言及されていません。

現在、次期RX 6500 XTとフラッグシップのRX 6900 XT LCを除くすべてのカードは、16Gbpsのメモリ・ダイを搭載しています。

18Gbpsへの引き上げは、より高い帯域幅を提供し、2〜5%の性能を向上させるかもしれませんが、それはリフレッシュシリーズとの大きな違いを示すものではありません。

AMDが既存のデスクトップ用GPUに6nm処理を施し、より高い性能効率を引き出すことに成功したのなら、それはそれで価値があったのだが、しかし、そうしたラインアップが今年後半に発売されるという噂はいくつか出ている。

このソフトリフレッシュは、非常に静かなリリースになりそうで、特にAIBカード経由でのみ登場することになりそうです。

また、価格差も小さく、TGPの数値は、より高速なメモリチップの追加により若干上がると予想されます。

これらのGPUは、数カ月後に発売されるIntelのハイエンドGPU「ARC Alchemist」と競合することになりそうだ。以下の表は、AMDが現在提供しているすべてのRDNA 2グラフィックスカードを示している。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ107mm2107mm2237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数不明不明110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
SP数768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数48/3264/32112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック2039 MHz2160 MHz2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック2321 MHz2815 MHz2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能3.5 TFLOPs5.7 TFLOPs9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps18Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s144GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W107W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格$143 US?$199 US$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD RDNA 2 Powered Radeon RX 6000 Refresh Rumored For Desktop, Could Feature Faster 18 Gbps GDDR6 Memory Dies

 

 

 

解説:

メモリが18Gbpsの新Radeon RX6000シリーズが準備されている?

このニュースを見ると、AMDはラインナップを刷新して思い切って価格を上げたいのかなあと邪推しています。

AMDはAIBも価格を上げるように推奨しています。

ボリュームが小さく、マージンも小さいため部品価格上昇のあおりをモロに食らってしまうAMDとしては価格を上げたくて仕方ないのかもしれません。

RX6900XTは最安モデルが167200円ほどで売っています。

ちなみにRX6900XTはRX6800/XTよりもなぜか安い価格で売られており、なかなかの不人気っぷりです。

正直ここまで人気が無いのは意味不明です。

ほぼ同レベルの性能があるRTX3080Tiは最安で20万円程度ですから、Radeonの不人気っぷりが伺えます。

RDNA2になってから決して性能では負けていないのですが、もはやブランドそのものが負けていると言ってもよいのかもしれません。

今回の新モデルの噂が本当だとしたら、nVidiaで言えばSUPERリフレッシュに相当するものですが、正直価格を上げる以外に意味が無いような気が竹刀でもないです。

インフィニティ・キャッシュの利点は見かけ上のメモリ速度を上げられることですから、メモリを高速にすることの意味はほとんどないのではないかと私は思います。

真偽はこのRX6000リフレッシュを検証してみるしかないのでしょうが、メモリ速度を上げても、消費電力が高くなる以上の意味があるように思えません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.