GPU情報

NVIDIA Ada Lovelace AD102 GPU、5nmプロセスノードで最大2.2GHz、384ビットGDDR6Xバス、80TFLOPs以上を実現との噂

投稿日:

Greymon55による最新の噂によると、NVIDIAのAda Lovelace AD102 GPUは、2.2GHzという高いクロックを採用する可能性があるとのことです。

NVIDIAの次世代Ada Lovelace「AD102」GPUは、フラッグシップモデルのGeForce RTX 40グラフィックスカードに搭載され、最高2.2GHzのクロックを実現する。

NVIDIAのAda Lovelace GPU、特にAD102 SKUに関しては、すでにかなりの噂が流れている。

AD102は、ゲーマー向け、ワークステーション向けを問わず、グラフィックスカードのフラッグシップラインナップに搭載されるGPUです。

既存のGA102の後継GPUであることから、強力なスペックが期待できます。

これまでの噂によると、NVIDIAはAda Lovelace GPUにTSMCのN5(5nm)プロセスノードを採用するのではないかと囁かれていました。

これには、完全にモノリシックな設計となるAD102 SKUも含まれます。今回のツイートでは、AD102は2.2GHzのクロックを持つとされていますが、具体的なGPUの構成についてはどうなっているのでしょうか。

具体的なツイートでは、Ada Lovelace「AD102」のGPUクロックは2.2GHz以上になる可能性があるとされていますので、これを基準に、以前にリークされた仕様を参考にして、パフォーマンスがどこに着地するかを考えてみましょう。

NVIDIA AD102 "ADA GPU "は、Kopiteが提供している暫定的な仕様(変更される可能性があります)によると、18432個のCUDAコアを搭載しているようです。

これは、Turingから大幅に進化したAmpereの約2倍のコア数です。

クロック速度が2.2GHzの場合、81TFLOPsの演算性能(FP32)が得られます。これは、36TFLOPsのFP32演算能力を持つ既存のRTX 3090の2倍以上の性能です。

125%の性能向上は非常に大きく見えますが、NVIDIAは今世代のAmpereですでにFP32の数値を大きく向上させたことを覚えておく必要があります

Ampere GA102 GPU(RTX 3090)は36 TFLOPsを提供しているのに対し、Turing TU102 GPU(RTX 2080 Ti)は13 TFLOPsでした。

これはFP32 Flopsでは150%以上の増加ですが、RTX 3090の実世界でのゲーム性能の向上は、RTX 2080 Tiに比べて平均50~60%程度の速度でした。

つまり忘れてはならないのは、最近ではFlopsとGPUのゲーム性能はイコールではないということです。

さらに、2.2GHzが平均値なのかピーク値なのかはわかりませんが、前者であれば、AD102にはさらに高い演算性能が期待できるということです。

また、「NVIDIA GeForce RTX 40」は、「RTX 3090」と同様に384ビットのバスインターフェースを採用しているとも述べています。

興味深いのは、リーク者がG6Xに言及していることで、NVIDIAはAda Lovelaceの後まで新しいメモリ規格に移行せず、新しい規格(例:GDDR7)が登場する前に、G6Xの高いピンスピード(20 Gbps以上)を次世代カードに利用することを意味しています。

NVIDIA CUDA GPU(噂)暫定版:

GPUTU102GA102AD102
アーキテクチャーTuringAmpereAda Lovelace
製造プロセスTSMC 12nm NFFSamsung 8nm5nm
画像処理
クラスター (GPC)
6712
テクスチャ処理
クラスター (TPC)
364272
Streaming Multiprocessors (SM)7284144
CUDAコア数46081075218432
理論演算性能
TFLOPs
16.137.6~80 TFLOPs?
フラッグシップ
SKU
RTX 2080 TiRTX 3090RTX 4090?
TGP250W350W400-500W
発売時期2018/92021/09/202022 (未確認)

NVIDIA社のAda Lovelace GPUは、AMD社のRDNA 3ベースのRadeon RX 7000シリーズグラフィックスカードに真っ向から対抗する次世代GeForce RTX 40グラフィックスカードに搭載されます。

なお、NVIDIAによるMCMの採用については、まだ様々な憶測が飛び交っています。

主にDatacenter & AIセグメントを対象としたHopper GPUは、近日中にテープアウトすると言われており、MCMアーキテクチャを採用すると言われています。

NVIDIAは、Ada Lovelace GPUではMCMデザインを採用しないので、従来のモノリシックデザインを維持することになる。

一方、AMDはRDNA 3とCDNA 2ファミリーにおいて、MCMとモノリシックの両方のチップを提供することになりました。

CDNA 2のGPUはMCMのみで、RDNA 3はMCMとモノリシックデザインが混在することになる。

各社がどのプロセスノードを採用するかは確認されていませんが、推測によると、AMDのRDNA 3およびCDNA 2ファミリーは、6nmと5nmのノードが混在し、新しいGPUや刷新されたGPUを搭載することになるでしょう。

一方、NVIDIAは、TSMCの5nmプロセスノードをAda Lovelace GPUに採用すると予想されていますが、N5またはN5Pノードで製造されるかどうかは確認されていません。

一方、インテルは、今年後半に量産を開始し、2022年第1四半期に発売する自社のARC AlchemistシリーズのGPUにTSMCの6nmプロセスノードを採用する可能性があるとしています。

ソース:wccftech - NVIDIA Ada Lovelace AD102 GPU Rumored To Clock As High As 2.2 GHz & Feature 384-bit GDDR6X Bus, Over 80 TFLOPs on 5nm Process Node

 

 

 

解説:

Lovelace AD102は2.2GHzに達するクロック18472CUDAコア、80TFLOPsの理論演算性能となる。

ここまでは過去のリーク通りです。

新しい情報はクロックだけですね。

メモリはGDDR6Xにとどまるという話で、GDDR7にはいかないようです。

FP32が80TFLOPSなのは凄い話ですが、残念ながらAmpereもFP32の割にはゲーム性能が奮いませんでした。

Lovelaceもそうなる可能性は高いと思います。

ただし、FP32の性能が上がるとレンダリング性能がその分、上がることは確か。

クリエイター用途の人にとってはかなり魅力的なGPUになると思います。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

RTX3080Ti

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

約55,000円~60,000円程度

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.