CPU情報

TSMCの3D技術供給と製造の苦境が、AMD Ryzen 7 5800X3Dの限定的な提供の原因となる可能性があり、5900Xと5950Xの3Dバリエーションがない説明にもなり得る

更新日:

AMDは、Ryzen 7 5800X3Dをメインストリーム8コアゲーマー向けの唯一の3D V-Cacheオプションとして発売した理由がありますが、この全く新しい技術をたった1つのプロセッサに独占させた本当の理由は、TSMCの3D技術の供給と製造能力に関係している可能性があるようです。

AMD Ryzen 7 5800X3D, 唯一の3D V-Cache CPU, TSMCの製造&供給難により供給が制限される可能性あり

さて、3D V-Cacheを搭載した7nmチップであるRyzen 7 5800Xを製造することがなぜそんなに難しいのか、疑問に思われることでしょう。

TSMCには長年のノウハウがあり、同社の7nmノードは非常に高い歩留まりを実現しているため、7nmチップの製造は今や難しいことではありません。

ここでの主な問題は、TSMCの新しい3D SoIC技術を利用した3D V-Cacheを追加することです。

DigiTimes(via PCGamer)によると、TSMCの3D SoIC技術はまだ発展途上であり、量産には至っていないとのことです。

そしてさらに、3D V-CacheのCPUはAMD Ryzen 7 5800X3Dだけではありません。

数カ月前に発表されたAMDのEPYC Milan-Xのラインナップを覚えているだろうか。あれも3D V-Cacheに依存しており、1つのスタックだけでなく、複数のスタックを使用しています。

AMD Ryzen 7 5800X3Dでは64MBのSRAMスタックを1つだけ使用していますが、フラッグシップのEPYC 7773XなどのMilan-Xチップでは64MBスタックを8つ使用して、合計512MBのL3キャッシュを使用します。

企業向けワークロードでは、キャッシュを追加することで大きな性能上のメリットがあることを考えると、それぞれのセグメントでこれらのチップに対する大きな需要があります。

そのため、AMDはRyzen 3DチップよりもMilan-Xチップを優先することを決定し、その結果、スタック全体でVermeer-Xチップ1個しか手に入らなかったのです。

AMDは昨年、Ryzen 9 5900X3Dのプロトタイプを公開したが、今のところそれは蚊帳の外だ。

AMDが示したプロトタイプは、シングルスタックでの3D Stackingを特徴としており、AMDがRyzen 9 5900Xと5950Xをシングル3DスタックCCDだけで実現していたらどうだったのか、それはうまくいったのか、それらの潜在レイテンシとパフォーマンスはどうなっていたのかという疑問も出てくるところだ。

AMDは、1つの積層ダイで動作する12コアのプロトタイプで同様の性能向上を示しましたが、そのチップでさえ最終生産に至らなかったということは、生産量が本当に限られているのでしょう。

しかし、TSMCが台湾の周南に新しい高度なパッケージング施設を建設しているため、希望はあります。

この新工場は今年末までに稼働する予定なので、TSMCの3D SoIC技術の供給と量産の改善が期待でき、できれば同じパッケージング技術を採用したZen 4の将来のイテレーションが見られるといいのですが。

AMD Ryzen「Zen 3D」デスクトップCPUの期待される機能:

  • TSMCの7nmプロセスノードでのマイナーな最適化
  • CCDあたり最大64MBのスタックド・キャッシュ(96MB L3/CCD)を搭載
  • ゲームで最大15%の平均性能向上
  • AM4プラットフォームおよび既存のマザーボードと互換性あり
  • 既存のコンシューマー向けRyzen CPUと同じTDP

AMDは、ゲームにおいて現行のラインナップと比較して最大15%の性能向上を約束し、新CPUは既存のAM4プラットフォームと互換性があるため、古いチップを使用しているユーザーはプラットフォーム全体をアップグレードする手間をかけずにアップグレードすることができます。

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、今年の春にリリースされる予定です。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインアップ:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
容量 (L2+L3)
PCIeレーン数 (Gen 4
CPU+PCH)
TDP価格
AMD Ryzen
9 5950XT
16/323.4 GHz5.0 GHz72 MB24 + 16105W未確認
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
12/243.0 GHz4.7 GHz64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X3D
8/163.4 GHz4.5 GHz64 MB
+ 32 MB
24 + 16105W未確認
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
8/163.4 GHz4.6 GHz32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
5 5600XT
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W未確認
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen 5 56006/12未確認未確認32 MB24 + 1665W$219 US?

ソース:wccftech - TSMC’s 3D Tech Supply & Manufacturing Woes May Cause Limited AMD Ryzen 7 5800X3D Availability, Could Also Explain No 3D Variants of 5900X & 5950X

 

 

 

 

解説:

Ryzen 5000X3Dが1モデルしか出せないのは製造上の問題・・・らしい

2021年のComputexで5900Xの3D V-Cacheの搭載モデルサンプルを誇らしげにLisa Suが手に持ってかざしてから、半年以上が経過しました。

出る、出ると言われていた3D V-Cacheの搭載モデルは一向に姿を見せず、Intelが年末にAlderlakeを発売して、流れは一気に持っていかれてしまいました。

どうもこの3D V-Cacheの搭載モデルが出せなかったのは、TSMCが製造上の問題を抱えていることに加えて、サーバー向けの製品を優先したからというのが真相のようです。

AMDは現在リークされている唯一の3D V-Cacheの搭載モデルであるRyzen 7 5800X3DはAlderlake Core i9-12900Kと同等以上のゲーム性能があると主張しています。

私の感想としてはキャッシュの量が増えているとは言え、クロックが下がっていることを考えると、Core i9-12900K同等以上と言うのはちょっとフカシ過ぎのような気がします。

真相は発売後にしかわからないでしょう。

ベンチマークでは5800Xとあまり変わらないと思います。

キャッシュを増量して効果を発揮するかどうかと言うのはゲームによっても違いがあると思いますので、得手不得手がはっきりするCPUになるのかなと思います。

AMDの主張が本当だった場合は凄いなと素直に感心しますが、返す返すも5950Xの3D V-Cacheの搭載モデルが出ないのは残念です。

TSMCは世界で一番優れているFabですので、TSMCで製造上の問題を抱えているということは世界でどこにもできないということで、TSMCの新しいFabがこの問題を解決してくれることを祈るしかありませんね。

新Fabは今年の末に稼働するということですので、それより先にZen4が出そうな感じです。

最先端を走っているだけにこういう製品製造上のトラブルはつきものと言うことでしょうか。

ツキがないと言えばツキが無いですね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥81,500 (2022/08/14 07:40:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.