CPU情報

AMD Ryzen 7 5800X "Vermeer" 8コア&16スレッドZen 3 CPUベンチマークが流出 - インテルの最速Core i9-10900K 10コアゲーミングチップよりも速い

投稿日:

AMDの次世代CPU「Ryzen 7 5800X "Vermeer" Zen 3」の最初のパフォーマンスベンチマークが、Ashes of The Singularityデータベースにリークされた。

ベンチマークは、TUM APISAKによって発見されており、AMDの次期8コアは、価格/性能に関しては、Intelの最速10コアチップを絶対に打ち負かすことを示しています。

AMDのRyzen 7 5800X 8コア&16スレッド「Zen 3 Vermeer」CPUベンチマークがリークアウト、Intel Core i9-10900K 10コアCPUより速い

パフォーマンスは、Ashes of the Singularityベンチマークで4K Crazyプリセットで測定されました。4KはGPUに縛られたシナリオになりがちだが、AOTSベンチマークにはCPUのパフォーマンスメトリクスの指標が含まれている。

AMD Ryzen 7 5800Xは、これまでのところ発売ラインナップに含まれることが確認されている2つのRyzen 5000 "Vermeer "シリーズチップのうちの1つだ。

昨日、12コア&24スレッドの上位機種であるRyzen 9 5900Xの話をしたが、Ryzen 7 5800XはRyzen 7 3800Xと同じような価格帯でRyzen 7 3800Xの後継機種となる。

ベンチマークを見る限りでは、チップは8コアで16スレッドと記載されているので、コアコンフィグは前モデルから変更されていません。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Zen 3への根本的な変更点は、より高いIPC向上、再設計されたCCD/キャッシュ構造、より高いクロック、および効率性の向上のための新しいアーキテクチャの形で来るだろう。

チップのクロック速度はベンチマークでは報告されていないが、チップは5900ポイントを獲得しており、これは純正のIntel Core i9-10900Kと同等のスコアだ。

どちらのセットアップもGeForce RTX 2080グラフィックスカードを動作させていた。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

さらに重要なのはCPUのフレームレートで、ここではRyzen 7 5800Xが最大フレームレートの面でIntel Core i9-10900Kを完全に打ち負かしていることがわかります。

通常のバッチ実行では、AMD Ryzen 7 5800Xは、Intel Core i9-10900Kよりも最大22%高いフレームレートを実現し、すべてのバッチ結果の平均は16%でした。

Ryzen 7 5800Xの最終的なクロックはまだ分かっていませんが、Intel Core i9-10900Kはより多くのコアとスレッドを搭載しており、最大5.3 GHzのクロックスピードでも動作します。

以前にリークされたOPNコードは、Ryzen 7 3800Xと同じブーストクロックであるエンジニアリングサンプルのための最大4.6 GHzのクロック速度を指摘していた。

Ryzen 7 3800Xは最大4.7 GHzのブーストクロックで動作するので、Zen 3ベースの製品では4.7-4.8 GHzに近いものが得られるかもしれません。

以下は、Igor's LabからリークされたZen 3のエンジニアリングサンプルのOPNコードです。

  • OPN 1: 100-000000059-14_46 / 37_Y (12 Cores)
  • OPN 2: 100-000000059-15_46 / 37_N (12 Cores)
  • OPN 1: 100-000000063-07_46 / 40_N (8 Cores)
  • OPN 2: 100-000000063-08_46 / 40_Y (8 Cores)
  • OPN 3: 100-000000063-23_44 / 38_N (8 Cores)

AMDがRyzen 7 5800Xの価格をRyzen 7 3800Xと同程度の価格(約350~400ドル)に設定することを考えると、500ドル以上のチップと同等の性能を低価格で手に入れることができるため、消費者にとっては大きな勝利となるだろう。

さらに、AMD Ryzen 5000 CPUは、強化された7nm+プロセスノードを使用しており、競合するIntelチップよりもはるかに低い消費電力で、より高い効率が期待できます。

AMDのZen 3ベースのRyzen 5000「Vermeer」デスクトップCPUについての情報は以下の通りです。

AMD Zen 3アーキテクチャは、初代Zen以来の偉大なCPUデザインと言われている。

グループアップから全面的に刷新されたチップで、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、高効率化の3つに重点を置いている。

AMDはこれまでのところ、Zen 3には新しいCPUアーキテクチャが搭載されており、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、コア数の増加を実現していることを確認しています。

一部の噂では、主要なキャッシュの再設計とともに、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加すると指摘されています。

また、EPYCのプレゼンテーションでは、Zen 3が統一されたキャッシュ設計を提供し、各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュがZen 2に比べて実質的に2倍になることを示したキャッシュ設計の大きな変更を見ることができました。

CPUは、最大200〜300 MHzのクロックブーストも期待されています。

これにより、Zen3ベースのRyzenプロセッサは第10世代Intel Core製品に近づくはずです。

これは、IPCの大幅な増加とアーキテクチャの一般的な変更に加えて、既存のRyzen3000プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスをもたらします。

AMDがごく最近発表したように、これは革新的ではなく進化的な製品でありながら、Ryzen2000およびRyzen1000プロセッサをすでに大きく飛躍させました

考慮すべき重要な点は、チップレットアーキテクチャの復活と、AMDが既存のAM4ソケットのサポートを維持することです。

AM4ソケットは2020年まで使用される予定だったので、AMDがDDR5やUSB 4.0などの将来の技術を中心に設計されたAM5に移行する前に、Zen 3ベースのRyzen 5000 CPUがこのソケットを使用する最後のファミリになる可能性が高いです。

AMDのX670チップセットは、今年末までに到着することが示唆されており、PCIe Gen 4.0のサポートが強化され、M.2、SATA、USB 3.2ポートの形でI/Oが増加することを特徴としている。

最近、AMDはRyzen 5000デスクトップCPUが400と500シリーズのチップセットでのみサポートされ、300シリーズはサポートされないことを確認した。

また、AMDは最近、Zen 3ベースのRyzen 5000デスクトップ・プロセッサが高性能の旅の継続を示すことを確認していました。

Zen 3アーキテクチャは、第3世代のRyzen 3000 MatisseファミリのCPUを置き換えるVermeerファミリのCPUの発売により、コンシューマ・デスクトップ・プラットフォームで初めて利用できるようになる。

では、PC分野におけるAMDの次の展開はどうなるのでしょうか?あまり多くは語れませんが、今年後半に発売予定の初の「Zen 3」クライアント・プロセッサを搭載した高性能の旅は続いています。私たちのベスト・オブ・ザ・ベストをまだ見たことがないということで締めくくりたいと思います。

AMD コンピューティング&グラフィックス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント リック・バーグマン

現在のところ、AMDのZen 2ベースのRyzen 3000の競争上の優位性は、Intelが今年に向けて準備しているものに比べてあまりにも大きく、Zen 3ベースのRyzen 5000 CPUは、その限界をさらに押し広げようとしています。

AMDは10月8日に次世代Ryzen CPUとその基礎となるZen 3コア・アーキテクチャを発表する予定だ。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
5000 Series
Ryzen
6000 Series
Ryzen
7000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen 3
/ Zen 2
Zen 3+
/ Zen 3?
Zen (4)
/ Zen 3?
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/12864/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 6000 SeriesRyzen Threadripper 7000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/12864/128?不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 5000 Series (Vermeer)Ryzen 6000 Series (Warhol)Ryzen 7000 Series (Raphael)
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/3216/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3
Lucienne Zen2)
Ryzen 6000 Series (Rembrandt Zen 3)
発売年2017201820192020/20212020/20212022

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800X “Vermeer” 8 Core & 16 Thread Zen 3 CPU Benchmark Leaks Out – Faster Than Intel’s Fastest Core i9-10900K 10 Core Gaming Chip

 

 

解説:

上の結果に咥えて、Ryzen 7 3800Xを加えてグラフにしたものが下になります。

チャート

各結果の環境については以下の通りです。

環境がそろっているわけではありませんので、参考程度にしてください。

Ryzen 7 5800X
Geforce RTX 2080
Memory 32GB
DirectX12
Crazy_4K

Core i9-10900K
Geforce RTX 2080
Memory 16GB
DirectX12
Crazy_4K

Ryzen 7 3800X
Geforce RTX 2080
Memory 32GB
DirectX12
Crazy_4K

CPUのフレームレートに関しては、10コアのCore i9-10900Kを超えており、確かに凄い数値です。

また旧製品であるRyzen 7 3800Xと比較すると26%程性能が向上しており、IPCが17%向上しているというのは眉唾ではないようです。

Rocket Lakeは今までのベンチマークリークではIPC10%向上しているといわれており、ESでは5.0GHzのクロックでした。

これはSky Lakeに直すと5.5GHzとなります。

今回のベンチマークのCore i9-10900KとRyzen 7 5800Xの物を比較すると10900K:5800Xは100:116となります。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.