CPU情報

YouTuberが「Intel Core i3-12100 $97 US CPU」が「AMD Ryzen 5 3600 $200 In Gaming」より優れている理由を紹介。

投稿日:

YouTubeチャンネルのTesting Gamesは、最近リリースされたIntel Core i3-12100FとAMDの(ほぼ)3年前のCPU Ryzen 5 3600の間で、それぞれ10本のゲームを1080pの解像度で比較しました。

この記事のタイトルからわかるように、手頃な価格でありながら驚くほど強力なプロセッサー技術に関して、Intelがここ数年でAMDの手強い相手となったことがわかると思います。

10種のゲームテストで、97ドルのIntel Core i3-1200F 4コアと200ドルのAMD Ryzen 5 3600 6コアのCPUを比較し、驚くべき結果が得られました。

まず、使用されているシステムコンポーネントを説明します。Testing Gamesが使用したテストセットアップは、Microsoftの旧Windows 10 OS、Intel Core i3 12100Fプロセッサを利用するASUS ROG STRIX Z690-A D4マザーボード、AMD Ryzen 5 3600のテストにASUS ROG X570 Crosshair VIII Heroマザーボード、そしてbe quiet!を利用しています。

Dark Rock Pro 4 CPUクーラー、Samsung 970 EVO M.2 2280 1TB SSDメモリ2枚、CORSAIRのRM850i 850W PSU、不明なDDR4メモリを使用しています。

具体的なDDR4メモリのブランドを記載しないのは、その理由がおかしい。

しかし、リンク先のメモリは、G.SKILL Trident Z RGBシリーズ 32GB(16GB×2) 288ピン DDR4 SDRAM DDR4-3600(PC4 28800) Intel XMP 2.0 デスクトップメモリである。

テストに使用したコンポーネントに特に記載がないのは、なぜ最初に明らかにしなかったのかという疑問が残る。

しかし、最終的には基本的にテストと同様の結果を得ることができるだろう。

テストしたゲーム:

  • Forza Horizon 5
  • Call of Duty: Warzone
  • Hitman 3
  • Cyberpunk 2077
  • Death Stranding
  • PUBG (Players Unknown Battle Ground)
  • Microsoft Flight Simulator
  • Horizon Zero Dawn
  • Mafia Definitive Edition
  • Shadow of the Tomb Raider

ここでは、そのテストの様子を動画でご紹介します。

このテストの結果は、インテルの新しいGolden Coveコアが、AMDのやや古いZen 2テクノロジーを容易に凌駕していることを証明しています。

6コア12スレッドのAMD R5 3600 CPUは、4コア8スレッドの新しいIntel Core i3-12100Fよりも秒あたりのフレームレートが低く、同様の結果でわずかに高いフレームレートを提供しています。

それでは、トータルの結果を分解してみましょう。テスト中の各ゲームのスクリーンショットを掲載し、両システムがフルパワーで動作しているピークタイムを見つけるようにしました。

まず、Forza Horizon 5のテストでは、AMD Ryzen 5 3600チップを用いたテストの平均が175FPSだったのに対し、Intelの結果は188FPSと、Intelの方がわずかに上回っている(13FPSだけ向上、1%にも満たない)ものの、GPUからの電力はIntelの方がAMDよりも多い(両テストで約30~40W)。

処理能力については、Intelの方が平均65%程度と高く、MHzの差もほとんどないにもかかわらず、温度や消費電力はIntelの方がAMDよりも低くなっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

そして、残りのゲームを調べてみても、結果は極めて似通っていましたグラフィック面では、2つのチップの間でビジュアルに大きな違いを見分けるのは非常に困難です。ヒットマン3』や『Horizon Zero Dawn』では、ほんの少し映像の飛びが見られた程度です。

ユーザーは、両社の細かな違いを丹念に探さなければならないだろう。温度は確かにパフォーマンスに影響しますが、それでもIntelはAMDよりわずかに高い温度で動作しており、両社が出す危険なレベルには到底及ばないものでした。

最終的な結果としては、2つのCPUの間で100ドルも節約することができ、特にゲーム中のパフォーマンスは、古いAMDチップセットと比較して、Intelの方がわずかに優れているようです。

AMDの6コアは便利かもしれませんが、エントリーレベルのH610ボードとDDR4メモリと組み合わせた場合、ゲームセットアップには、Core i3-12100Fが完璧な選択肢のように思えます。

ソース:wccftech - YouTuber Shows Why The Intel Core i3-12100 $97 US CPU is better than The $200 AMD Ryzen 5 3600 In Gaming

 

 

 

解説:

大手メディアを脅かす「個人」と言う存在。

とあるYoutuberがCore i3-12100FとRyzen 5 3600のゲーム性能における比較を出しています。

まあ、動画チャンネルの内容からしても個人ではなくチームで運営している可能性もありますが、ここでは一応大手メディアで無い存在を個人と言う風に定義します。

これらの大手メディアと比較すると比較的小さな規模の個人は、メーカーとのしがらみがない可能性が高く、メーカーのバイアスがかかってない情報を上げることは十分に可能です。

大手のメディアがメーカーの手前言えないことがあったとしても、即、ユーザーに近い立場から本当のことを言ってしまうので、大本営発表に近い嘘なとを吐くことが昔と比べると難しくなりました。

一般ユーザーにとっては良い時代だと思います。

露骨に孫策すると即大炎上でしょう。

もちろんですが、Intelの時もそうですが、AMDにとってもそれは同じです。

エンドユーザーは正しい情報を受けとることが出来る可能性が非常に高くなっています。

非常に素晴らしい状態だと思います。

ベンチマークの結果に関しては4コアのZen3と言うものが存在しない以上、型落ちの3600で比較せざるを得ないのでしょうが、結果は言わずもがな。

高くなりすぎたRyzenに対する強烈な価格下落圧力になることは確実です。

PCパーツは本当に先を読むのが難しい世界だと思います。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.