GPU情報

AMD Radeon RX 6500 XT、フランスで299ユーロと報道され、希望小売価格での発売は見送られる可能性も

更新日:

AMDのRadeon RX 6500 XTグラフィックカードは、CowCotlandのレポートが主張するように、希望小売価格での発売が不可能になるようだ。

AMD Radeon RX 6500 XTは希望小売価格では発売されない可能性、フランスでは299ユーロの代償が示唆されるカード

AMDのRadeon RX 6500 XTはつい数日前に199USドルで発表されましたが、AMDはこの2年間で最もアクセスしやすいグラフィックスカードになると強く確信しており、それを確実にするためにいくつかのステップを踏んできています。

私たちは、PCWorldとHotHardwareに掲載されたAMDのCEO、リサ・スー博士、テクニカルマーケティングの責任者、ロバート・ハロック、ゲーミングチーフ、フランク・アザーによるインタビューを含むこちらの記事で、これらの措置のいくつかを詳述しています。

AMD Radeon RX 6500 XTは、エントリーレベルおよびスイートスポットの1080pゲームセグメントをターゲットにしているので、4GB GDDR6メモリを搭載し、PCIe Gen 4.0 x4インターフェースを備え、他のRDNA 2 GPUと比較してエンコーディング/デコーディング機能が削減されています。

最初の2つは、このカードが暗号通貨採掘者にとって最も魅力的でない選択肢であることを確認するために特に配置されましたが、最後の1つは疑問の残る動きです。

ちょうど1日前、AMDのCEOであるLisa Suも、199ドルの米国価格は紙上だけでなく、実際にこのカードに期待される価格になることを確認したところである。

リサ・スー博士 ゲーマーに対する包括的なメッセージは、我々はこれを、トップオブスタックからメインストリームまで、ゲーマーの全範囲をサポートしたいポートフォリオとして見ている、ということです。2021年に十分なGPUが登場していないことは理解しています。21年後半には、前半よりも多くのデスクトップ用GPUを出荷しています。ですから、すべての人が手に入れたわけではありませんが、'21年後半にはより多くの人が手に入れたことは間違いありません。そして、2022年にはさらに多くの人が手にすることになるでしょう。皆さんはいつも「そんなこと言って」とおっしゃいますが、私たちは199ドルという価格帯で発売することにしています。メインストリームの人たちが手に入れやすい価格です。私たちは、たくさんの製品を世に送り出すつもりです。

AMD CEOリサ・スー博士 PCWorldより

しかし、世界中の小売業者や販売業者は、このエントリーレベルのカードに対して別の計画を立てているようだ。

CowCotland(Via Videocardz)が報じたように、AMD Radeon RX 6500 XTはフランスで299ユーロの価格(税込み)になる予定である。

これは希望小売価格の50%増で、リテールGPUセグメントにおけるRX 6600やRX 6600 XTといった他のカードのインフレ率にかなり近い。

これは、1つの小売業者からのものですが、すべてではないにしても、ほとんどのユーザーは、199米ドル/199ユーロの希望小売価格でこのカードを入手することはできないようです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

 

その他、AMDのRedditにいるユーザーは、Radeon RX 6500 XTが2016年のRadeon RX 480よりも少ないエンコード/デコード能力で同じTFLOPを提供し、4GBバリエーションも199USドルで発売し、現世代のカードと違って実際にその値段で入手できたことを見破っています。

また、PCIeインターフェイスがx4レーンのみで、Gen 4マザーボードではGen 3.0 x8帯域ということになるが、Gen 3マザーボードではx4レーンのみなのでGen 4インターフェイスの帯域の半分(4GB/s vs 8GB/s)となり、非Gen 4プラットフォームを実行しているユーザーによっては帯域がボトルネックになってしまう場合もある。

3DCenterは、Navi 24 GPUに含まれる機能と含まれない機能のリストを、以下のような図表にまとめています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

AMD Radeon RX 6500 XTは、全く新しい6nm GPUアーキテクチャに基づき、RSRやFSRなどの高度なドライバと機能サポートを備えていますが、このカードが、米国の希望小売価格が+50ドルであるRTX 3050などの競合製品と実際にどう戦うかが興味深いです(再びその価格で見るつもりはないです)。これまでのところ、AMDが示した数値では、RX 6500 XTはGTX 1650を上回っており、NVIDIAのRTX 3050も同様です。

両社とも詳細な結果を披露していないため、消費者は最終的なレビューと小売価格を待って、どちらが自分にとってより良いエントリーレベルの選択肢であるかを決定すべきなのは間違いないだろう。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ不明不明237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数不明不明110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
SP数768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数不明不明112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック不明不明2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック不明不明2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能不明不明9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps18Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s144GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W107W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格$143 US?$199 US$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6500 XT May Not Launch at MSRP As Card Reportedly Costs 299 Euros in France

 

 

 

解説:

残念なお知らせ。

RX6500XTはフランスでは299ユーロ(税込)で販売される計画であることがリークしました。

このGPUの希望小売価格は199ドル/ユーロですが、残念ながらそうはならないようです。

1ユーロ131.31円と言う本日のレートに換算して税抜きで計算します。

フランスの物品税は20%ですので、それを計算に入れて、

299/1.2=249.17ユーロ(税抜)

249.17x131.31=32718.51円(税抜)

と言うのが円に換算した税抜き価格になります。

ただし、amazonではGTX1650が3万円超の価格で販売されていることから、RX6500XTがこの価格で売られるのかどうかは疑問です。

4GBなら価格は高くならないのではないかと思っていましたが、実に残念な結果ですねえ。

低価格モデルの最大のウリは価格ですから、出来るだけ多くの量を市場に流してもらいたいところです。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.