CPU情報

Intel Core i9-9900KFCプロセッサ、AIDA64にリスト - 8コア、16スレッドチップの内蔵GPU非搭載版&フライドチキン

更新日:

Intelは過去に彼らのプロセッサを本当に変わった名前で呼んでいました、それはBroadwellデスクトップラインナップかもっと最近のCore M(7th Gen Parts)かもしれません。 今やIntelは、9th Generationブランドの下で別のプロセッサをリリースしています。

これは、Kentucky Fried Chickenから生まれたもののようです。

はい、これは最近AIDA64の最新バージョンで検出されたCore i9-9900KFCです。

 

Intel Core i9-9900KFC、AIDA64で発見 - 8コア、16スレッド、IGPなしだが、フィンガーリッキンはいいのか

IntelのCore i9-9900KFCプロセッサ番号はAIDA64によって検出され、新バージョンにリストされている、とAnandtechは報告しています。

コードネーム以外に詳細な説明はありませんが、名前自体がこのチップについて明らかにしていることがたくさんあります。

まず第一に、Core i9-9900KFCはCore i9-9900Kの新しい変種のようです。 このプロセッサは、昨年導入されたCore i9-9900Kの4番目のバリエーションです。

 

Core i9-9900Kは8コア、3.6 GHzのベースクロック速度と最大5.0 GHzのブーストクロックを持つ16スレッドを備えていました。

このチップは16 MBのL3キャッシュとIntelのUHD Graphics 630 IGPを搭載していました。

Core i9-9900Kはまた、95WのTDPと488米ドルの価格を揺り動かしました。

※ rockedは揺り動かすと訳していますが、おそらく、品薄によって定価より高い価格で売られていることを揶揄しているものと思います。

 

Core i9-9900KFは、昨年発売された既存のものに加えて彼らが新しい第9世代コアプロセッサの発売を発表したときにCES 2019で公に確認された最初の改訂版でした。

Core i9-9900KFはCore i9-9900Kと同じチップでしたが、統合グラフィックが欠けていました。

Intelは他のKFモデルも発表したが、それらはロック解除された部品をベースにしていたがIGPを特徴としていなかった。

最新のバリエーションは、Core i9-9900Kと同じコア構成をベースとした低消費電力部品ですが、1.7 GHzベースと3.8 GHzブーストというはるかに低いクロック速度を特長としています。

しかし、このチップはグラフィックサポートのためのIGPが搭載されています。

今新しいモデルが登場し、それはオーバークロックをサポートするためにロックが解除されることを意味する「K」シリーズの部分です。

それは統合グラフィックスサポートを欠くことを意味する「F」シリーズの一部です。

このプロセッサについて紛らわしいのは、末尾の「C」サフィックスです。

これは、Broadwell時代に戻ると、ハイエンドのIris Pro統合グラフィックを補完するためのeDRAMキャッシュを揺さぶることを意味します。

プロセッサがIris Proグラフィックスまたは同様のオンボードを搭載している場合、「F」という接尾辞は当てはまりません。

ただし、IntelがeDRAMを使用している場合は、「C」サフィックスを追加できます。

 

eDRAMは、L4キャッシュとして機能するのではなく、L3キャッシュとCPU間のバッファとして機能する可能性があります。

これによりパフォーマンスが向上する可能性がありますが、全体的な範囲は現在不明です。

これは単なる推論ですが、Intel Core i9-9900KFCはまったく異なるチップになる可能性があります。

それは私達が知っているすべてのためのフライドチキンのバケツと特別に促進されたCore i9-9900Kでさえあるかもしれないので、この製品についてのIntelからの確認/言葉を待つほうがよいです。

ソース:wccftech - Intel Core i9-9900KFC Processor Listed In AIDA64 – An 8 Core, 16 Thread Chip Minus The Integrated Graphics & Fried Chicken

 

解説:

何かひどい表現が使われていますが、原文がそうなっているのでそのままにしてあります。

KFCというのは俗語であまり良い意味を示しませんので、あえてこのKFCという型番を使ったことにより、揶揄する意味合いがかなり含まれています。

場所によっては「外国人の娼婦」みたいな意味があります。

このような表現がなされたのは文脈からすると、9900Kの価格が品薄によって定価よりも高い価格で売られたことも原因の一つのようですね。

Core i9-9900Kとその亜種は9900KF、9900T、9980HKF、9900KFCで、四番目の亜種ということのようです。

9000番台のCore iシリーズに関しては末尾にFが付加された型番が有名ですが、これは10nmでも苦しんでいるといわれている内蔵GPUが動作しない選別落ち品のことのようです。

FはFail(失敗)のことではないかといわれています。

こういったストレートに予測がつくサフィックスを用いるのはintelの焦燥の表れのような気がします。

末尾にCがついているこの9900KFCは128MBのeDRAMが搭載されているかもしれないということのようです。

この場合、多少性能に影響を及ぼす可能性がありますが、もともとは内蔵GPUのためのキャッシュなのでほとんど影響を及ぼさない可能性が高いです。

これらの型番が日本に入ってくるかどうか迄は不明です。

単にどこからの選別落ち品かわかりやすくするためのコードでeDRAMはオフにされている可能性もありますね。

詳細はintelからの発表を待つしかないということのようです。

久しぶりのintelの話題ですが、このF型番のCPUに関しては単にiGPUが省略されているだけのものなので当サイトではあまり大きく取り上げませんでした。

F型番の中でもこのKFCに関しては多少性能に影響を及ぼす可能性もありますので、取り上げています。

AMDと比較してあまりぱっとしないニュースが続くintelですが、10nmの量産品の投入が期待されます。

 

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.