CPU情報

Intel10nm Alder Lake-S 16コア&24スレッドのデスクトップCPUは、1.4GHzのクロックの初期エンジニアリングサンプルが発見される

更新日:

Intelの次世代デスクトップCPU「Alder Lake-S」のトップ構成が、Geekbenchのデータベースで発見された可能性がある。

このエントリはtum_apisak氏が発見したもので、クロックは比較的低いが、コア数とスレッド数が多いという非常に初期のエンジニアリングサンプルとなっている。

Intel Alder Lake-SデスクトップCPU、16コアと24スレッド、10nmGolden CoveとGradcemontコアがベース

Intel第12世代のAlder Lake-SデスクトップCPUのラインアップは、Golden CoveとGracemontの両コアを同一チップ上でミックスマッチさせたものになる。

この特定の構成は、合計16コアと24スレッドを搭載している。

実際のコアの構成は、Golden Coveコアが8コア16スレッド、Gracemontコアが8コア8スレッドとなっている。

Geekbenchが読み取れるその他の詳細は、チップが「GenuineIntel Family 6 Model 151 Stepping 0」の一部であることです。

Intel Alder Lake-S CPUは1.40GHzのクロックを特徴としているようですが、ここでは最大クロック速度が17.6GHzと報告されており、クロックが誤って検出されているようです。

また、このCPUは30MBのL3キャッシュと12.5MBのL2キャッシュを搭載している。

チップは、内部Intel Alder Lake-S ADP-S DDR4 CRB プラットフォーム上でテストされた LGA 1700 ソケット マザーボードで構成される必要がありますし、我々 は今、DDR4 または DDR5 かどうかを確認することはできませんが、メモリの 16 GB が搭載されている。

性能の話に移りますが、これは非常に低いクロック速度を持つ初期のESチップであることを考えると、Intel Rocket LakeデスクトップCPUはシングルコアで996点、マルチコアベンチで6931点を獲得しました。

これは何も興奮することはありませんが、クロック速度を考えると予想通りでした。

最終的なチップが発売近くに表示されると, 我々 はパフォーマンスの大幅な改善を参照してくださいにバインドされていますが、今、私たちが見ることができるすべてのインテルは確かに 2021 年後半の発売のための第 12 世代のコア ファミリを準備を開始していることです。

ここでは、私たちが知っている次世代アルダーレイクCPUファミリーについてのすべてのことを紹介します。

Alder Lake CPUは、10nmプロセスノードを採用した最初のデスクトッププロセッサファミリになるだけでなく、新しい設計手法を採用することになるだろう。

これまでのところわかっているところでは、Intelは、異なるIPをベースにしたCPUコアのミックスを含むことを計画している。

Alder Lake CPUは、標準的な高性能の「Cove」コアと、小さくても効率的な「Atom」コアを搭載する予定だ。

このbig.smallの設計手法は、以前からスマートフォンにも取り入れられてきたが、Alder Lakeは、高性能セグメントでは初めての試みとなるだろう。

IntelがAlder Lake CPUに利用する予定の「Cove」や「Atom」アーキテクチャのどの世代のものか、具体的な情報はないが、同社のロードマップでは2021年までにGolden CoveとGracemontアーキテクチャが利用可能になることを示唆している。

これらのコアは、最初にデスクトップCPUプラットフォームで動作しているのを見ることができますが、Lakefieldの後継機でも利用される可能性があります。

Alder Lakeの様々なSKU構成については、こことここで詳しく知ることができます。

以下は、Intelの2021年のアーキテクチャ・ラインナップから期待したいアップデートの一部だ。

Intel Golden Cove(Core)アーキテクチャ:

  • シングルスレッド性能の向上(IPC)
  • 人工知能(AI)のパフォーマンスを向上させる
  • ネットワーク/5Gのパフォーマンス向上
  • 強化されたセキュリティ機能

Intel Gracemont(Atom)アーキテクチャ:

  • シングルスレッド性能の向上(IPC)
  • 周波数(クロック速度)の改善
  • ベクトル性能の向上

チップに加えて、LGA 1700プラットフォームは、DDR5メモリ、PCIe 5.0、新しいThunderbolt / WiFi機能のサポートなど、最新の新しいI/O技術を搭載していると言われています。

いくつかのSOCで同様のコア階層を特徴とするのを見てきたので、チップ設計の方法論は目新しいものではありませんが、高性能デスクトップCPUのラインアップで同様のものが出てくるのを見るのは間違いなく面白いでしょう。

IntelデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(2nd Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(3rd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(4th Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(5th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(6th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(7th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/16未確認500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
10nm?16/24未確認600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Meteor Lake
(13th Gen)
7nm?未確認未確認700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?
Lunar Lake
(14th Gen)
未確認未確認未確認800-Series未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2023?

ソース:wccftech - Intel 10nm Alder Lake-S 16 Core & 24 Thread Desktop CPU Spotted, Early Engineering Sample Clocked at 1.4 GHz

 

 

解説:

今度は1.4GHzのAlder Lake-Sエンジニアリングサンプルのベンチマーク結果がリーク

さすがに来年以降発売予定の製品ですから、ごくごく初期のエンジニアリングサンプルだと思いますが、1.4GHzでシングルスレッド・ベンチマークが996となっています。

マルチスレッドはGracemont部分がありますので、あまり参考になりませんが、どの程度のシングルスレッド性能なのか比較してみました。

Alder Lake VS Ryzen 9 5950X

AlderLake-S ESAlderLake-S
ES(5.0GHz)
Ryzen 9
5950X
Single Core99635561618
Crypt Score206773793788
Intenger Score87831341377
Floating Point Score107438341779

Alder Lake-S ESの1.4GHzのクロックのスコアとそれを5.0GHzになったと想定した場合のスコアが上です。

※ 5.0GHz時のスコアの計算方法は5.0/1.4≒3.57ですので、3.57を単純にスコアに掛けています。

5.0GHz時のスコアはちょっと信じられないスコアになっており、クロックそのものの読み取りが間違っているか、Gracemont部分のクロックを読み込んでいるのかどちらかだと思います。

もし仮にこの性能だった場合、かなりの化け物CPUと言うことになります。

IntelのCPUはCryptが拡張命令によって高く出る傾向にあるというコメントをいただきましたので、整数演算と浮動小数点演算の値も出していますが、こちらも信じられない位高いスコアが出ており、やはりどこかに単純計算では出せない要素があるのだろうなと思います。

今のところはまだRocket Lake-Sも発売されていない状態であり、初期のESと言うこともあって、参考の域を出ないです。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.