GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiのカスタムモデルは非常識なほど電力を消費する、EVGAのKINGPINグラフィックスカードはデュアル12ピンコネクタを搭載すると噂される

投稿日:

先に、NVIDIAのGeForce RTX 3090 Tiが最もパワフルで最も高価なフラッグシップグラフィックスカードの1つになるとお伝えしましたが、今回、最も消費電力の高いカードの1つとしても発売されると予想されています。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiのカスタムモデルの詳細がリーク、EVGAのKINGPINバージョンは最大1275W電源入力のデュアル12ピンコネクタを搭載

リーク元はQuasarZoneフォーラム(via Harukze5719)で、次世代EVGA GeForce RTX 3090 Ti KINGPINフラッグシップグラフィックスカードの初期詳細が投稿されています。

私たちは、AIBがNVIDIA RTX 3090 Tiのフラッグシップデザインで全力を尽くすことを期待していますが、Tiは本当に物事を極端に押し進めようとしているように見えます。

EVGA GeForce RTX 3090 Ti KINGPINは、既存のバリエーションと比較して、全く新しいデザインのPCBとシュラウドを採用すると記載されています。

それはまた、電源回路とコネクタも変更されていることを意味する。

フォーラムのメンバーは、EVGAがトリプル8ピンからデュアル12ピンコネクタ(Gen 5標準)になったことを明らかにしている。以前のリーク情報では、各12ピンコネクタは最大600Wの電力を消費することが分かっているので、電源プラグだけで(理論上の最大値)1200W、さらにPCIeインターフェースから75Wの電力を供給することになります。

これは間違いなく多くの冷却を必要とし、そのためにシュラウドが変更され、すでに巨大なKINGPINデザインよりもはるかに頑丈になることが予想されます。

他の詳細は、このカードが既存のNVIDIA RTX 3090カスタムモデルと比較して非常に高い価格を特徴とし、EVGA(そしておそらく他のAIBも)が既存のRTX 3090グラフィックスカードの生産を終了する可能性があることを示唆している。

PCBは変更されたものの、EVGAはまだカードのチューニングを行っていると言われているため、KINGPINモデルのリリースは少なくとも2022年3月までないと予想される。

また、PCBの変更は、既存のHydro Copperウォーターブロックが新しいカードと互換性がないことを意味し、「Ti」モデルへのアップグレードを予定しているユーザーは、新品のウォーターブロックを購入する必要があることを意味しています。

NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti「疑惑」のスペック

NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiは、今回もTitanクラスのカードになると予想されます。

スペックとしては、10752コアのGA102フルGPUコアと24GBのGDDR6Xメモリを揺さぶることが予想される。

メモリは、Micronの改良型ダイにより、より高速にクロックされ、20Gbpsを超える速度を達成する予定です。

価格は1499ドル(希望小売価格)で据え置かれるかもしれませんが、全体としては5%のマイナーチェンジになると見ています。

また、以前の噂では、GeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカードは、400Wを超えるTGPを搭載すると言われていました。

これは既存の3090よりも50W多く、GPUとVRAMのクロックが速くなる可能性があることを意味します。

また、MicroFitフォームファクターで提供される全く新しい電源コネクタの噂もありますが、それは既存のコネクタとは全く異なる外観になる予定です。

新しい16ピンコネクタは、PCIe Gen 5.0に対応し、フラッグシップカードに導入されると予想される次世代プロトコルに対する現在の安定性を提供することになるでしょう。

NVIDIA RTX 3090 Tiの大きな変更点は、2GBのGDDR6Xメモリモジュールが追加されたことでしょう。

21Gbpsで動作させると、より多くの電力を必要とし、より多くの電力はより高い温度に変換されます。私たちはすでに、GeForce RTX 3090グラフィックスカードのVRAM温度がどのようになるか、特に背面側に搭載されたモジュールの温度を見てきました。

より高密度の容量モジュールを持つことは、NVIDIAがPCBの前面側にすべてのモジュール(合計12モジュール)を搭載できることを意味し、PCBとメモリの温度をわずかに下げることができます。

噂では、GeForce RTX 3070 Tiも同様の2GBモジュール処理を受けると言及されているため、これらの高密度モジュールを手にするのはGeForce RTX 3090 Tiだけではありません。

21Gbpsのメモリチップを持つことは、実質的にカードに最大1TB/sの帯域幅を与えることになります。

このグラフィックスカードは、CES 2022で発表されると噂されており、(計画通りに進めば)小売セグメント向けに1月27日に発売される予定です。

NVIDIA GeForce RTX 30「SUPER」シリーズ グラフィックスカードの仕様(噂):

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 3090 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 3080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3080 12 GB
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti 16 GB
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3060
NVIDIA GeForce
RTX 3050
GPU名Ampere
GA102-350?
Ampere
GA102-300
Ampere
GA102-225
Ampere?Ampere
GA102-200
Ampere
GA104-400
Ampere
GA104-400
Ampere
GA104-300
Ampere
GA104-200
Ampere
GA106-300
Ampere
GA106-150
製造プロセスSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nmSamsung 8nm
ダイサイズ628.4mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2395.2mm2395.2mm2395.2mm2395.2mm2276mm2276mm2
トランジスタ
280億280億280億280億280億174億174億174億174億132.5億132.5億
CUDAコア数10752104961024089608704614461445888486435843072?
TMUs / ROPs336 / 112328 / 112320 / 112280/70272 / 96184 / 96184 / 96184 / 96152 / 80112 / 64未確認
Tensor /
RT コア数
336 / 84328 / 82320 / 80未確認272 / 68184 / 46184 / 46184 / 46152 / 38112 / 28未確認
ベース
クロック
未確認1400 MHz1365 MHz未確認1440 MHz未確認1575 MHz1500 MHz1410 MHz1320 MHz未確認
ブースト
クロック
未確認1700 MHz1665 MHz未確認1710 MHz未確認1770 MHz1730 MHz1665 MHz1780 MHz未確認
FP32演算性能未確認36 TFLOPs34 TFLOPs未確認30 TFLOPs未確認22 TFLOPs20 TFLOPs16 TFLOPs13 TFLOPs未確認
RT TFLOPs未確認69 TFLOPs67 TFLOPs未確認58 TFLOPs未確認44 TFLOPs40 TFLOPs32 TFLOPs25 TFLOPs未確認
Tensor-TOPs未確認285 TOPs273 TOPs未確認238 TOPs未確認183 TOPs163 TOPs192 TOPs101 TOPs未確認
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X24 GB GDDR6X12 GB GDDR6X12 GB GDDR6X10 GB GDDR6X16 GB GDDR6X8 GB GDDR6X8 GB GDDR68 GB GDDR612 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅384-bit384-bit384-bit384-bit320-bit256-bit256-bit256-bit256-bit192-bit128-bit
メモリ速度21 Gbps19.5 Gbps19 Gbps未確認19 Gbps21 Gbps19 Gbps14 Gbps14 Gbps16 Gbps未確認
メモリ帯域幅1008 GB/s936 GB/s912 Gbps912 Gbps760 GB/s672 GB/s608 GB/s448 GB/s448 GB/s384 GB/s未確認
TGP450W350W350W350W320W~300W290W220W175W170W150W?
価格
(FE版小売価格)
$1499 US$1499 US$1199$999?$699 US$599 US?$599 US$499 US$399 US$329 US$279 US?
発売時期2022/01/272020/09/202021/07/032022Q1?2020/09/172022Q1?2021/07/102020/10/292020/12/022021/02/252022/01/27

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti Custom Models To Be Insanely Power Hungry, EVGA’s KINGPIN Graphics Card Rumored To Get Dual 12-Pin Connectors

 

 

 

 

解説:

RTX3090Tiの電源コネクタのがリーク。RTX3090はEOFか

GA102フルシリコン=10752CUDAコア、12P+4P電源コネクタ(275W)を2つ搭載、400W超TGP、PCIe Gen5対応と超弩級の仕様になっています。

メモリもGDDR6Xの限界と思われるような21Gbpsとなっており、現在想定しうる最大のスペックを誇っています。

特に1枚のGPUで400W超はちょっと恐ろしくなるような消費電力です。

おそらく、もっと消費電力が大きいと言われるLovelaceに対するAIBとnvidiaの予行演習みたいなものなのでしょう。

TuringのSUPERもCUDAコア数は微減したもののGPUのクロックやメモリの速度、消費電力は引き上げられ、Ampereへの予行演習のような形でした。

発売時期から言って、あと1年足らずでLovelaceが出るということを考えると非常に微妙な製品ですが、金に糸目を付けずに常に最高性能を求める人たちは買うのだと思います。

また現在具体的な話が出ている唯一のPCIe Gen5対応製品であることもポイントが高いです。

GPUに関しては間違いなくnVidiaが業界をリードしていると言ってよいと思います。

IntelはAlchemistの発売を予定し、AMDのRadeonも性能を上げていますが、ゲームをするならばやはりGeforceが安牌と言うのはAMDファンの私でも厳然たる事実と認めざるを得ません。

私はRX6900XTを所有していますが、昔の非常にマイナーなゲームで一部不具合が出ており、ゲームに使うならばやはり業界の標準であるGeforceを買った方が良いと思います。

 

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/08/08 04:11:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/08/08 04:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥97,800 (2022/08/08 04:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.