GPU情報

AMD最小のRDNA 2 GPU、6nm Navi 24の写真を掲載しました。Radeon RX 6500 XTおよびRX 6400グラフィックスカードと一緒に発売される

更新日:

AMDの次期・最小RDNA 2 GPU「Navi 24チップ」の最初の写真がVideocardzからリークされました。

このチップは、2022年に発売される2つの新しいグラフィックカード、Radeon RX 6500 XT & Radeon RX 6400に搭載される。

AMD RDNA 2ベースのNavi 24 GPUの写真:6nm TSMCノード、141mm2のダイサイズ&2022年1月のRadeon RX 6500 XTに搭載される

AMD Navi 24「RDNA 2」GPUは、Radeon RX 6000ファミリーの中で最小のチップになるとされており、推定ダイサイズは141mm2になるという。

これは、実質的にNavi 23 GPUの半分であり、Radeon RX 6500 XTやRadeon RX 6400などのエントリーレベルのディスクリートグラフィックスソリューションに対応するように設計されています。

また、このGPUは、先に報告したように、TSMCの全く新しい6nmプロセスノードを採用した最初のチップとなる予定です。

AMD Navi 24「6nm RDNA 2」GPUのダイショット(ソース:Videocardz):

AMD Radeon RX 6500 XT グラフィックスカード Navi 24 XT GPU搭載:

AMD Radeon RX 6500 XTは、Navi 24 XT GPUのダイをフルに活用することになります。

内部的には「Beige Goby」と呼ばれるAMD Navi 24 GPUは、RDNA 2ラインナップの中で最も小型で、シングルSDMAエンジンを搭載している。

このチップは、2つのシェーダアレイで合計8WGP、最大16Compute Unitを搭載する。AMDはコンピュートユニットあたり64個のストリームプロセッサを搭載しているので、Navi 24 GPUの総コア数は1024となり、32コンピュートユニットで2048個のストリームプロセッサを提供するNavi 23 GPUの半分となる。

コア数に加えて、各シェーダーアレイには128KBのL1キャッシュ、1MBのL2キャッシュ、16MBのInfinity Cache(LLC)が搭載される予定である。

AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、64-bitバスインターフェイスを採用し、ローエンドのRadeon RX 6500またはRX 6400シリーズに搭載される予定である。

このカードの帯域幅は128GB/sだが、AMDは総帯域幅(Infinity Cacheを含む)を232GB/sとする新しいマーケティング名を打ち出している。

AMD Navi 24は、2.8GHzの壁を超えるような、非常に高いクロック速度が期待されている。

AMD Radeon RX 6400グラフィックスカード(Navi 24 XL GPU搭載):

Navi 24 RDNA 2の2番目のカードは、AMD Radeon RX 6400で、768コアの少しカットされた「XL」チップをベースにしたものになります。

このカードは、4GB GDDR6メモリを保持し、クロックはやや低いが、依然として2.5GHz+の周波数帯を特徴としている。

RX 6400は、53W TDPのおかげで、起動時に電源コネクタを必要としないことが報告されています。

また、標準112GB/s、IFC232GB/sの帯域幅を特徴とする。

Radeon RX 6400は、6500 XTよりも少し遅れて発売される見込みだが、おそらくOEM専用モデルとして維持され、カスタムバリエーションは登場しない。

公式レンダリングでは、このカードがエントリーレベルのロープロファイルGPU市場向けに設計されていることが確認でき、シングルファンとHDMI + DP出力を備えたシングルスロット、ハーフハイトのフォームファクタを採用しています。

両GPUは、希望小売価格が200ドルから250ドル以下のエントリー・レベル・セグメントをターゲットとする予定です。

Radeon RX 6600シリーズは、すでにプレミアム1080pゲーミングセグメントに位置づけられているため、Navi 24 GPUは、エントリーレベルの1080pゲーミング市場をターゲットにしたものになると予想されます。

しかし、AMDがRDNA 2 GPUの価格を引き上げ、AIBパートナーにも同じことをするように警告していることを考えると、エントリーレベル市場は、何年も待った後に何かを手に入れようとする格安ビルダーにとって、別の混乱で終わるかもしれない。

AMD RDNA 2「Navi 2x」GPUの構成:

GPU名Navi 21Navi 22Navi 23Navi 24
製造プロセス7nm7nm7nm6nm
GPU
コードネーム
Sienna CichlidNavy FlounderDimgrey CavefishBeige Goby
トランジスタ数268億172億未確認未確認
ダイサイズ536mm2336mm2236mm2~141mm2
GPU
パッケージ
MonolithicMonolithicMonolithicMonolithic
シェーダー
エンジン数
4222
SP数64646464
ダイ毎の演算
ユニット数
80403216
コア数(合計)5120256020481024
メモリバス幅256-bit192-bit128-bit64-bit
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
インフィニティ
キャッシュ
128 MB96 MB46 MB16 MB
フラッグシップRadeon RX 6900 XTXRadeon RX 6700 XTRadeon RX 6600 XTRadeon RX 6500 XT
TBP330W230W160W107W
発売時期2020Q42021Q12021Q32022Q1

ソース:wccftech - AMD’s Tiniest RDNA 2 GPU, The 6nm Navi 24, Pictured: Launching With Radeon RX 6500 XT & RX 6400 Graphics Cards

 

 

 

 

解説:

RX6500XTとRX6400に搭載されるNavi24XLのダイサイズは概算で141mm2であるとのこと

コスト重視のTSMC6nmを採用するのは前回までのリークでも明らかになっていました。

またRX6400はOEM専売になるようでリテールとして市場には出回らないようです。

内蔵GPUの性能が上がってきた今、もはや低価格帯のGPUの存在価値はないということなのでしょう。

RDNA1にもRX5300と言うOEM専売モデルが存在しましたが、あれと同じような感じです。

どうも75W枠最後のGPUはGTX1650になりそうな感じです。

ぜひともAIBには100Wクラスモデルのクロックを落として補助電源無しで75Wで動かすモードを付けてほしいですね。

結構売り上げには貢献すると思うのですが、どうなのでしょう。

75W枠はそんなに需要ないんですかねえ。

安売りせざるを得ないのでメーカーとしては避けたいのかもしれませんが・・・・。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.