マザーボード関係

Intel B660 & H610 マザーボードが中国の小売業者に掲載され、Alder Lake のエントリーレベル・ボードは 85 ドルから。

投稿日:

最初のIntel B660とH610マザーボードは、オンライン小売業者によってリストアップされ始め、わずか85ドルのエントリーレベルの価格から始まり、これらが来週のCES 2022で正式に発売されれば、さらに安くなるはずです。

Intel B660とH610マザーボードは、わずか85ドルのエントリーレベルの価格でオンラインに掲載され、いくつかの素晴らしいエントリーおよび低価格層のAlder Lake PCを作れるだろう。

Intel 600シリーズは、H670、B660、&H610シリーズという形で、よりメインストリームと低価格帯の選択肢が拡大される予定です。

すでにいくつかのマザーボードが発売前にリークされていますが、現在、これらのマザーボードの最初のリストと価格が公開され始めています。

H670マザーボードは、OEMが初期在庫にアクセスしたため、予定通りには登場せず、DIYボードメーカーは少し待たなければならないが、その代わりに、DIYセグメント向けにB660とH610シリーズを発売することができるのである。

まず、中国の小売店「淘宝網」に出品されているGigabyteとASRockのマザーボードを紹介します。出品されているものはすべて個人出品で、Intelのセット禁輸が解除された後、公式出品者が出品を開始すれば、この価格はもっと良くなる可能性があることを示唆している。

H610M-HDV / M.2は、549人民元または86ドルで、最も安いモデルである。

このマザーボードは、8ピンコネクタ1つで駆動する7+1フェーズVRMデザイン、2つのDDR4 DIMMスロット、1つのM.2 Ultraスロット、1x PCIe x16、2つのPCIe x1スロット、4つのSATA IIIポートを備えています。マザーボードには、H610 PCH自体にヒートシンクが1つだけ付属しています。

このマザーボードには、最も重要なポートとIOが搭載されています。販売者の写真からすると、ユーザーの需要に応えるために十分な在庫がありそうです。

次は、639 人民元または 100 米ドルで販売されている ASRock B660M-HDV です。

このボードは H610 HDV とほぼ同じですが、Hyper M.2 スロットが追加され、IO にいくつかの USB ポートが追加されました。

また、追加機能とチップセットのアップグレードにより、15USドル高くなっています。B660M PRO RSとB660M-HDCもあり、価格は699人民元または109米ドルですが、販売者はこれらのボードの写真を共有していません。

これらは、IOと電力供給の面でHDVのバリエーションよりもわずかに優れていると言われています。

最後に、Gigabyteの2つのモデル、B660M DS3HとD2Hは、どちらもDDR4バージョンで、755人民元または118米ドルで販売されています。

Gigabyte B660Mはより高価で、VRM、PCHにヒートシンクが追加され、シングルM.2スロットが搭載されています。また、4つのDDR4 DIMMスロットがあり、接続のためのIOポートが豊富に用意されています。

Intel H610シリーズ以外のマザーボードは、メモリのオーバークロック(XMP 3.0)をサポートします。

IOに関しては、Intel H670は最大PCIe Gen 5スロット(x16またはx8/x8 electrical)を装備し、それ以外はGen 4スロット1つを装備する予定である。

H610を除くすべてのマザーボードには、CPUアタッチドNVMe(Gen 4.0 x4)が搭載される予定です。

DMIについては、H670ボードが4.0 x8リンクを、B660とH610が4.0 x4リンクを搭載する予定です。

Gen4のレーン数では、H670が12、B660が6、H610が0となる。Gen 3では、H670が12レーン、B660/H610がともに8レーン。より詳細なチップセット構成については、こちらの記事で紹介しています。

Intel H670、B660、H610マザーボードは、Z690シリーズよりも低価格で、H610チップセットをベースにした100ドル以下のオプションが期待できます。

また、これらのマザーボードのほとんどが DDR4 をサポートしているのも嬉しいことです。DDR5 は現時点では高価すぎるか、深刻な供給問題を抱えているため、格安市場や一般消費者市場にとって良い選択肢とは言えません。

Intelの第12世代Non-K Alder Lake CPUのラインナップも非常に強力なので、発売時にはいくつかの素晴らしいバンドルがあることを期待しています。

ASUS、MSI、Gigabyte、ASRock、Biostarなどのマザーボード・メーカーは、Intel H670、B660、およびH610チップセットをベースにした新しい600シリーズ・デザインをCES 2022で発表する予定なので、ご期待ください。

ソース:wccftech - Intel B660 & H610 Motherboards Listed By Chinese Retailers, Entry-Level Alder Lake Boards Starting at $85 US

 

 

 

解説:

B660とH610の情報がリーク

来年に発売予定の無印AlderLakeと組み合わせて格安超高性能なPCが実現できるB660とH610の情報が中国からリークしました。

Z690はいささか高すぎますから、こちらがAlderlakeの大本命となるのは確実です。

Z690はMindfactoryの調査でもイマイチシェアに大きな影響を与えていませんでしたが、やはりそれはマザーボードの価格が狂ったように高いというのもあったのだと思います。

最安で27000円くらいしますのでさすがにやりすぎと言った感はありました。

しかし、H610ならば$85なので税込みで1万円前後になると思います。

これならば一台組んでみたいと思われる方は結構多いのではないでしょうか?

H610に関してはさすがにひと昔前のI/O構成ですが、その分安いので仕方ないかなと言った感じです。

全ての人が最新の規格を必要とし、最高の構成を必要とているわけではありません。

むしろ数としてはH610を求める人のほうが多いでしょう。

AMDが勝ち続けたことによつて高止まりした自作PCパーツに新たな風を吹き込むという点でもろ手を挙げて喜ぶべきことだと思います。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-マザーボード関係
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.