GPU情報

最大8基のXe-HPG GPUコア、6GB GDDR6メモリを搭載したエントリーレベルのARC Alchemistゲーミンググラフィックスカードが登場、米国で179ドルの価格設定に

更新日:

Moore's Law is Dead(ムーアの法則は死んだ)」によると、IntelのエントリーレベルのARC Alchemistグラフィックスカード(Xe-HPG GPUアーキテクチャ搭載)に関する新たな詳細が明らかになりました。

Xe-HPG GPUを搭載したエントリーレベルのARC Alchemistグラフィックスカードは、6GBのメモリを搭載し、AMD Navi 24やNVIDIA GA107 GPUと競合します。

Intel ARC Alchemistは、トップレベルとエントリーレベルのセグメントで構成されます。

MLIDでは、512 EUパートについてはすでに情報を提供しているが、今回はエントリーレベルのラインナップに焦点を当てている。

インテルXe-HPG 128 EU ARC Alchemistグラフィックスカード

Intel Xe-HPG Alchemistのエントリークラスのグラフィックカードは、128 EU SKUをベースにしています。128 EU SKUは、8個のXeコアに1024個のコアを搭載し、96ビットのバスインターフェースと最大6GBのGDDR6メモリを備えたフルファットなSKUです。

このGPUのコアクロックは、TSMCの6nmプロセスノードで2.2-2.5GHzとなる見込みです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

興味深いことに、同じSKUで64ビットのバスインターフェースと4GBのメモリしか記載されていなかった従来の仕様よりもアップグレードされています。

また、デスクトップタイプにはハイエンドの96ビット(6GB)、16GbpsのGDDR6構成が採用され、ラップトップタイプには64ビット(4GB/8GB)、14GbpsのGDDR6構成が採用されるようです。

縮小版には96個のEUまたは768個のコアと64ビットのバスインターフェースが搭載されます。

このカードは4GBのGDDR6メモリを搭載すると噂されていますが、情報源によると、3GBのバリエーションの可能性も否定できないとのことです。

どちらのカードも消費電力は75Wで、エントリークラスのグラフィックカードはコネクターレスになると思われます。

性能は、GeForce GTX 1650とGTX 1650 SUPERの間に着地すると予想されますが、レイトレーシング機能を備えています。AMDやnVidiaに比べてIntelが持つ可能性のある大きなアドバンテージは、これらのカードで、現世代のカードでは完全に見捨てられていた200ドル以下の米国市場に参入するかもしれないということです。

GeForce RTX 3050シリーズは、これまでラップトップ用のリリースしかなく、RTX 3060は329米ドルでAmpereのエントリーレベルのセグメントに製品を提供しており、RX 6600は300米ドル前後でAMDのエントリーレベルのソリューションとなると予想されています。

最近、AMDがAMD Radeon RX 6500 XTおよびRX 6400デスクトップグラフィックスカードの発売を計画しているという噂がありますが、これはインテルのエントリーレベル製品に対する最初の真の競争相手となるかもしれません。

このGPUは、Intel Xe-LP GPUベースのディスクリートSDVボードと非常によく似ていますが、Alchemistは、より改良されたアーキテクチャ設計を採用しており、第一世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

仕様を見る限り、この製品はエントリーレベルのデスクトップ・ディスクリート市場をターゲットにしていることは間違いありません。

Intel Xe-HPGベースのディスクリートAlchemist GPUコンフィギュレーション:

GPUモデルグラフィック
カードモデル
GPU SKUExecution
Unit数
Shading
Unit数 (コア数)
メモリ容量メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
ARC A***DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit225~275W?
Xe-HPG
384EU
ARC A***DG2-512EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bit225-275W?
Xe-HPG
256EU
ARC A***DG2-512EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
192EU
ARC A***DG2-512EU192 EUs15364 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
128EU
ARC A***DG2-128EU128 EUs10248/6/4 GB?
GDDR6
96/64-bit?50-75W?
Xe-HPG
96EU
ARC A***DG2-128EU86 EUs7688/6/4 GB?
GDDR6
64-bit50-75W?

このスケジュールによると、Xe-HPG Alchemistのラインアップは、NVIDIAのAmpereおよびAMDのRDNA 2 GPUと競合することになりますが、両社とも2022年末までに次世代パーツを発表する予定はないためです。

NVIDIAとAMDは2022年初頭にリフレッシュモデルを発表すると予想されているため、インテルの新ラインアップと競合することになるかもしれませんが、現在の性能期待値からすると、リフレッシュモデルがラインアップに劇的な性能差をもたらすことはないかもしれません」と述べています。

また、Xe-HPG ARC GPUは、モバイルプラットフォームにも搭載され、Alder Lake-Pノートブックに搭載される予定です。

ソース:wccftech - Intel’s Entry-Level ARC Alchemist Gaming Graphics Cards To Feature Up To 8 Xe-HPG GPU Cores, 6 GB GDDR6 Memory & $179 US Pricing

 

 

 

解説:

Xeの単体GPU最安モデルについての情報がリーク

それによると、最安モデルで6GBのGDDR6が搭載されるということで、それが事実だとするとなかなか面白いGPUになりそうです。

ついに75W枠も6GBになることになります。

Intelの場合、最初の製品ですから、ある程度仕様にインパクトがないと市場で存在感を発揮できませんから、これはちょっと説得力のある話だと思います。

ただ、メモリの搭載量が6GBになると今度はマイニングのターゲットになるので、価格は200ドル以下とされていますが、こちらもかなり実売が高くなる可能性があります。

最近nVidiaは下位のGPUを暫く出していません。

RTX3050/TiについてはノートPCにはありますが、今後デスクトップ向けとして予定があるというような話も聞きませんから、元の記事にある通り、75WはこのXe-128EUとAMDのRX6500XT/RX6400で争うことになるかもしれません。

nVidiaにはGPUのトップメーカーとして75W枠や下位のGPUにも何とか最新アーキテクチャーの優秀な製品を発売してほしいところです。

こうした下位のモデルがAMDと新参のIntelだけと言うのは何か寂しい感じがします。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.