CPU情報

Intel Sapphire Rapids-X HEDT & Raptor LakeメインストリームデスクトップCPUプラットフォームが2022年第3四半期に発売されるとの噂

投稿日:

インテルは、次世代のSapphire Rapids-X HEDT & Raptor Lakeメインストリーム・デスクトップCPUプラットフォームを2022年第3四半期に発売すると噂されています。

インテル、次世代Sapphire Rapids-X HEDT & Raptor LakeメインストリームデスクトップCPUプラットフォームを2022年に発売

Intelの次世代HEDTおよびメインストリーム・デスクトップCPUファミリーに関する最新の情報が、Momomo_USからもたらされました。

このリーク者は、Fishhawk FallsのHEDTを表す魚と、Raptor LakeのメインストリームCPUプラットフォームを表す恐竜の写真をツイートしており、どちらもQ3と記載されています。

これは、インテルの次のデスクトップのアップグレードが、Alder Lakeのラインナップから10~12ヶ月以内に予想されることを意味しています。

インテルのSapphire Rapids-X HEDT CPUファミリーについてわかっていることはこれだけだ

本題に入りますが、IntelのSapphire Rapids HEDTのラインナップは、W790プラットフォームで発売されると言われています。

最近、X699チップセットのドライバーリストがありましたが、リーク者が偽物だと主張しているので、それはプレースホルダーのようです。

W790チップセットを見ると、Sapphire Rapids HEDT CPUファミリーは、AMDのThreadripper Proの位置づけと同様に、プロシューマー市場をターゲットにしているように思えます。

重要なのは、このラインナップが13th Gen Raptor Lake CPUと同時期の2022年第3四半期にデビューすると予想されていることです。

インテルのXeonベースのSapphire Rapids-SPチップは、最大56コアを搭載し、LGA 4677ソケットに対応する予定です。

Sapphire Rapidsのワークステーション「W」およびHEDT「X」チップは、IntelがHEDT/ワークステーションプラットフォームに同じソケットとSKUレンジを採用することを望まない限り、異なるソケットを採用し、コア数も減るかもしれません。

ここ数年、HEDTやワークステーションの分野でAMD Threadripperに大きな差をつけられてきたIntelは、間違いなく後者の道を歩むと思われます。

Sapphire Rapids CPUの10nm Enhanced SuperFinアーキテクチャ、PCIe 5.0の64レーン対応、8チャネルDDR5メモリなどの新技術や、プロシューマーやエンスージアストに向けた多くの新機能が期待できます。

インテルHEDTプロセッサー・ファミリー:

Intel HEDT
ファミリ
Sapphire
Rapids-X?
Cascade
Lake-X
Skylake-XSkylake-XSkylake-XBroadwell-EHaswell-EIvy
Bridge-E
Sandy
Bridge-E
Gulftown
製造プロセス10nm ESF14nm++14nm+14nm+14nm+14nm22nm22nm32nm32nm
フラッグシップ
モデル
未確認Core i9-10980XEXeon W-3175XCore i9-9980XECore i9-7980XECore i7-6950XCore i7-5960XCore i7-4960XCore i7-3960XCore i7-980X
最大コア数/
スレッド数
56/112?18/3628/5618/3618/3610/208/166/126/126/12
クロック未確認3.00 / 4.80 GHz3.10/4.30 GHz3.00/4.50 GHz2.60/4.20 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz3.60/4.00 GHz3.30/3.90 GHz3.33/3,60 GHz
最大キャッシュ未確認24.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L324.75 MB L325 MB L320 MB L315 MB L315 MB L312 MB L3
最大PCI-Express
レーン数
(CPU)
64 Gen5?44 Gen344 Gen344 Gen344 Gen340 Gen340 Gen340 Gen340 Gen232 Gen2
チップセット
互換性
C790?X299C612EX299X299X99 ChipsetX99 ChipsetX79 ChipsetX79 ChipsetX58 Chipset
ソケット
互換性
LGA 4677?LGA 2066LGA 3647LGA 2066LGA 2066LGA 2011-3LGA 2011-3LGA 2011LGA 2011LGA 1366
Memory CompatiblityDDR5-4800?DDR4-2933DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2400DDR4-2133DDR3-1866DDR3-1600DDR3-1066
最大TDP未確認165W255W165W165W140W140W130W130W130W
発売時期2022Q32019Q42018Q42018Q42017Q32016Q22014Q32013Q32011Q4 2010Q1
ロンチ価格未確認$979 US~$4000 US$1979 US$1999 US$1700 US$1059 US$999 US$999 US$999 US

インテルの第13世代CPUファミリー「Raptor Lake」についての情報をまとめました。

Intel Raptor Lake-Sは、第12世代CoreファミリーのIntel Alder Lake-Sに代わり、第13世代Coreファミリーの一部として、2つの新しいコア・アーキテクチャーを搭載しています。

これらのアーキテクチャは、パフォーマンス・コアであるRaptor Coveと、効率性の高いコアとして強化されたGracemontコアを搭載しています。

インテルRaptor Lake-SデスクトップCPUのラインナップと構成

以前にリークされたデータによると、ラインナップは最近のパワーレコメンデーションでリークされた3つのセグメントで構成されるという。

125Wの「K」シリーズのエンスージアスト向けSKU、65Wのメインストリーム向けSKU、35Wのローパワー向けSKUだ。

トップエンドの製品では、最大24コアの製品に加え、16コア、10コア、4コア、2コアの製品が用意されています。

SKUの詳細は以下の通りです。

  • Intel Core i9 K-Series (8 Golden + 16 Grace) = 24 Cores / 32 Threads / 36 MB
  • Intel Core i7 K-Series (8 Golden + 8 Grace) = 16 Cores / 24 Threads / 30 MB
  • Intel Core i5 K-Series (6 Golden + 8 Grace) = 14 Cores / 20 Threads / 24 MB
  • Intel Core i5 S-Series (6 Golden + 4 Grace) = 14 Cores / 16 Threads / 21 MB
  • Intel Core i3 S-Series (4 Golden + 0 Grace) = 4 Cores / 8 Threads / 12 MB
  • Intel Pentium S-Series (2 Golden + 0 Grace) = 4 Cores / 4 Threads / 6 MB

マニア向けの125W Intel Raptor Lake-S Desktop SKUには、最大8個のRaptor Coveコアと最大16個のGracemontコアを搭載したCore i9モデルがあり、合計24コア32スレッドを実現します。

Core i7」は16コア(8+8)、「Core i5」は14コア(6+8)と10コア(6+4)、「Core i3」は4コアだがエフィシェンシーコアを搭載しないモデルとなる。

また、Raptor Coveコアを2つだけ搭載したPentiumもラインナップされます。

すべてのCoreモデルには、32 EU(256コア)のEnhanced Xe統合GPUが搭載されます。

一部のCore i5およびPentium製品には、24 EUおよび16 EUのIGPUが搭載されます。

インテル第12世代Alder Lake-Sと第13世代Raptor Lake-SのデスクトップCPU比較(速報値):

CPU名Pコア数Eコア数全コア数
/スレッド数
Pコアベース
/ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース
/ ブースト
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP小売価格
Intel Core i9-
13900K
81624 / 32未確認 / 5.5 GHz?未確認未確認未確認36 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7-
13700K
8816 / 24未確認 / 5.2 GHz?未確認未確認未確認30 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5-
13600K
6814 / 20未確認 / 5.1 GHz?未確認未確認未確認21 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUプラットフォームの詳細

その他の詳細情報としては、Core CPU向けにIntel独自の「Game Cache」としてブランド化される予定の大規模なL2キャッシュや、クロック速度については、Alder Lake-SデスクトップCPUの最高クロックが5.3GHzであることを考慮すると、ブーストクロックが200MHz向上し、最大5.5GHzになることが予想されます。

Intel Raptor Lake-Sチップは、報道されているように、DDR4メモリのサポートを維持しつつ、最大5600Mbps(6500Mbps LPDDR5(X))の高速DDR5メモリをサポートします。

まず、8個のCoveコアと16個のAtomコアで構成される最上位の「Large(ラージ)」ダイ、8個のCoreコアと8個のAtomコアで構成される「Mid(ミッド)」ダイ、そして最後に6個のCoveコアとAtomコアを持たない「Small(スモール)」ダイの3つのダイが、これらのSKUに構成されるようです。

ソース:wccftech - Intel Sapphire Rapids-X HEDT & Raptor Lake Mainstream Desktop CPU Platforms Rumored To Launch In Q3 2022

 

 

 

解説:

RaptorLake-SとSapphireRapids-Xを2022年Q3に発売

RaptorLakeはともかく、SapphireRapids-XはIntelの虎の子Xeonと同じものになるはずで、現行200万以上で売っているものをHEDT価格まで大幅にディスカウントするのかどうか疑問に感じるところです。

しかし、また中途半端な仕様の製品を出すと、Threadripperに大敗する可能性がありますので本気を出さざるを得ません。

Intelがどのような製品を出すのかかなり注目しています。

消滅する前のCore-Xは口の悪い人からは「Xeonの搾りかす」と言われるほど露骨に仕様が劣っていました。

これがXeonと全く同じものが出るのであれば物凄いインパクトです。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.