マザーボード関係

ギガバイト、A320マザーボードにRyzen 5000「Zen 3」およびRyzen 4000「Zen 2」CPUサポートを静かに追加

投稿日:

ギガバイトは、AMDのRyzen 5000 (Zen 3)およびRyzen 4000 (Zen 2)CPUのサポートを、古いA320マザーボードに静かに追加したようです。A320のラインナップは、300シリーズのラインナップにさかのぼり、エントリーレベルのPCを対象としていました。

ギガバイト、A320マザーボードにRyzen 5000とRyzen 4000のCPUサポートを静かに追加

A320マザーボードは、主に予算やエントリーレベルのPCビルダーを対象としており、主にmATXフレーバーで提供されていました。

これらのボードは、基本的な機能セットと標準的な電源供給システムを提供しており、ほとんどの場合、X以外のモデルにのみ推奨されていたため、ヒートシンクソリューションも搭載されていませんでした。

しかし、100ドルを切る価格は、Ryzen CPUを搭載した安価なゲーミングシステムを構築しようとしているPCビルダーにとって最適な選択肢となった。

ギガバイトは、2種類のA320マザーボード「GA-A320M-H」と「GA-A320M-S2H」用の新しいAGESA 1.2.0.3 B BIOSファームウェアをリリースしました。

それぞれのマザーボードの3つのリビジョンすべてで、フラッグシップモデルのRyzen 9 5950Xを含むAMDのRyzen 5000(Zen 3)およびRyzen 4000(Zen 2)のCPUがサポートされることになります。

以下は、アップグレードを予定しているマザーボードと最新のBIOSへのリンクです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

BIOSの新機能として、ギガバイト社は以下の変更点を挙げていますが、これは前述した通りです。

  • アップデート AGESA ComboV2 1.2.0.3 B
  • プロセッササポートのための互換性の追加

これは、プラットフォーム全体を変更せずにAMD Ryzen CPUを新しいものにアップグレードしようと計画しているエントリーレベルのビルダーにとっては良いニュースですが、電源供給システムが不十分なため、AMD Ryzen 9 5950Xやその他のフラッグシップSKUをエントリーレベルのマザーボードに搭載することはお勧めできません。

Ryzen 5600Xや5800Xのようなチップは意味があるかもしれませんが、16コアや12コアの製品は、これらの高コア数のチップを念頭に置いて設計されたプラットフォームではないため、不安定になる可能性があります。

ソース:wccftech - Gigabyte Silently Adds Ryzen 5000 ‘Zen 3’ & Ryzen 4000 ‘Zen 2’ CPU Support On A320 Motherboards

 

 

 

解説:

GigabyteのA320でZen2及びZen3をサポート

エントリーレベルの安価なマザーボードとして今も売られ続けているA320マザーボードですが、Gigabyteの製品がこっそりとZen2とZen3に対応しています。

残念ながらRyzen5000Gシリーズには対応していないようですが、それ以外のZen2、Zen3には対応しているようです。

今amazonで見てみたのですが、asrock、asus、msiのA320マザーはありましたが、Gigabyte製のものはありませんでした。

AMDは意図していなかったのでしょうが、該当するマザーボードを持っている方にとってはかなりうれしい話ではないでしょうか。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-マザーボード関係
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.