CPU情報

インテルのフラッグシップCPU「Core i9-12900K Alder Lake」が5.2GHzにオーバークロックした際の消費電力が330Wという驚異的な数値を記録

更新日:

Intel Core i9-12900K Alder Lake CPUの最初のオーバークロックベンチマークがリークされ、非常に多くの電力を消費しながら、AMDのRyzen 9 5950Xを圧倒的に上回りました。

インテルのCore i9-12900Kは、5.2GHzのオーバークロックと330Wの消費電力でAMD Ryzen 9 5950Xを大幅に上回る

Intel Core i9-12900Kは、ブルーチームが11月にZ690プラットフォームで投入する3つのアンロックチップのうちの1つとなる。

AMD Ryzen 9 5950Xと直接対決することになり、ラインナップの中では最速となります。このチップのベンチマークはこれまでにもいくつかリークされていますが、BilibiliのコンテンツメーカーであるEnthusiast Citizenが最初のオーバークロックの結果をリークしており、その結果は印象的かつ衝撃的なものでした。

インテル Core i9-12900K CPUの仕様

インテルのCPU「Core i9-12900K Alder Lake-S」は、16コア、24スレッド。Pコア(16スレッド)が8個、Eコア(8スレッド)が8個配置されています。

また、30MBのL3キャッシュを搭載し、Pコア(Golden Cove)ではコアごとに3MB、Eコア(Gracemont)ではクラスタごとに3MBのキャッシュを配置しています。

つまり、8つのPコアで24MB、4つのEコアで構成される2つのクラスターで6MBのキャッシュを搭載しています。

また、L2キャッシュが1.25MBあり、チップ全体で合計12.5MBとなっています。

8つのコアで5.2GHzまでオーバークロックされています。CPU-zベンチマークの結果を見ると、先にリークした純正品と比較して、シングルコアのスコアが3%、マルチスレッドのスコアが5%向上しています。

AMD Ryzen 9 5950Xに対して、オーバークロックされたIntel Core i9-12900Kは、シングルコアで32%、マルチコアで2%の差をつけています。

Ryzen 9 5950XはAlder Lakeチップよりも33%高いスレッド数を実現していますが、注目すべきはその消費電力です。

 

 

 

Intel Core i9-12900K CPUは、5.2GHz(1.385V)で動作させた場合、フルロードで330Wという非常に高い電力を消費しました。

小コアには手を付けていないので、小コアを動かすと、Pコアほどではないが、さらに高い消費電力になる可能性がある。

PL1の定格TDPである125Wに比べて2倍以上の消費電力となり、オーバークロックを予定している場合は、このチップを制御するために非常に多くの冷却が必要となります。

フルコア5.2G、スモールコアなし、1.385V、消費電力330W

Pコアのみ5.2G、Eコアは動かず3.7G

bilibiliより

Intel社のAlder LakeデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリコントローラを搭載し、600シリーズのマザーボードにはDDR5/DDR4に対応したオプションが用意されています。

ハイエンドのマザーボードはDDR5を維持し、よりメインストリームの製品ではDDR4のサポートも開放されます。

Intel Alder LakeのCPUラインアップは、それぞれのZ690プラットフォームやDDR5メモリーキットとともに11月に発売される予定です。

ソース:wccftech - Intel’s Flagship Core i9-12900K Alder Lake CPU Consumes A Whooping 330 Watts Power When Overclocked To 5.2 GHz

 

 

 

解説:

CPU-Zのマルチスレッド性能では5950Xの後塵を拝する12900K

前の記事でも指摘した通り、5950Xと12900Kはかなり近接した性能と言ってもよいと思います。

Alderlake世代ではEコアの数が少なく過ぎてイマイチ恩恵が小さいのも理由の一つだと思います。

私はEコアを山ほど搭載するのが正しい方向とは思わないですが、合理的であることは確かです。

Pコアを全コア5.2GHzまでOCした時の消費電力は330Wで、これはRyzenに追いつくためにギリギリのプッシュを続けているので仕方のないところ。

Intelの10nmはTSMCの7nm相当なので使われている技術はそうそう変わりません。

その範囲内で5950Xを超えようとしたらかなりの無理をしないと不可能と言うことになります。

同じだけのプッシュをAMDが出来たとしたら、もっと違った結果になっていると思います。

何れにしてもシングルスレッド性能が高く、マルチスレッド性能も5950Xに迫る12900Kはゲーム向けのCPUとしてトップの性能があると判断してよいと思います。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.