GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1650、Turing GPUベースの来月発売 - 4 GB VRAM、128ビットバス、1485 MHzのベースクロック

更新日:

NVIDIAは、ハイエンドおよびプレミアムグラフィックスカードのラインナップを完成させた今、メインストリームおよび低予算セグメントに焦点を合わせているようです。

主流セグメントへの最新の追加はTurngアーキテクチャを利用するがRTX機能の排除のためにGeForce GTXとして分類されるGeForce 16シリーズラインナップでしょう。

 

NVIDIA GeForce GTX 1650は3月に発売され、最大4 GBのVRAMを搭載したTuring GPUも搭載

これまでのところ、私たちは以前のリークに基づいて2枚のGeForce 16シリーズカードについて知っています。

私たちは、279ドルで明日発売されるGeForce GTX 1660 Tiと、およそ229ドルで来月発売されるGeForce GTX 1660があることを知っています。 今、GeForce 16シリーズファミリーの3番目の製品から浮かぶ噂があります。

 

NVIDIAが取り組んでいる新しいグラフィックスカードは、GeForce 1650としてラベル付けされるでしょう。

このカードは、Pascal GPUアーキテクチャを利用したGeForce GTX 1050の後継者でしょう。

今Videocardzは、グラフィックカードがTuring GPUアーキテクチャに基づいているが、ちょうど他のGeForce 16シリーズカードのように、RTとTensorコアを欠くであろうことを確認します。

Turingシェーダが利用可能になるので、カードは前のものよりも速くそしてより効率的になるでしょう。

 

仕様に関する詳細はほとんどありませんが、カードはTU117 GPUを搭載しているように見えます。

これは、GTX 1660 TiおよびGeForce GTX 1660で使用されているTU116 GPUとは異なるダイです。

GDDR5またはGDDR6のいずれかである4GBのVRAMを特徴とするでしょう。 すべてのTuringカードはこれまでGDDR6をベースにしてきたので、それが優先される可能性が高いですが、我々は待って見なければなりません。

 

カードはまたそれがその旧モデルのブーストクロック(1455MHz GTX1050 2GBおよび1392MHz GTX1050Ti)より高いことを考えると興味深い、

1485MHzのベースクロックを特徴とすると噂されている。

コア数は896-1024前後になる可能性がありますが、それが確認されるにはさらなるリークを待つ必要があります。

多くの低予算PCの構築に選択肢を広げるために、その旧モデルの場合と同じように電力は75Wで定格されるでしょう。

来月発売されると言われているので、GeForce GTX 1660(Non-Ti)とほぼ同じ時期です。

このカードがどのように掲げられるかを見ることは本当に興味深いでしょう。

価格はおよそ150ドルから200ドルで、低予算市場ではこれが興味深い選択になるでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1650 Launching Next Month, Based on Turing GPU – Features 4 GB VRAM, 128-Bit Bus and Base Clocks of 1485 MHz

 

解説:

一向に姿を現さないGTX1660Tiをよそに今度はGTX1650の話が出てきました。

以前、リーク情報でCUDAコアが896になるといわれていましたが、今回の情報ではそこまでは出て来ませんでした。

CUDAコア数が896だと仮定すると、性能はGTX1060より若干下になり、ぎりぎりVR-Readyに達しない性能という今のRadeon RX470/570と同程度の性能になります。

VRに使いたいという人は何が何でもGTX1660以上のGPUを買うべきですが、FullHDの60FPSモニターに組み合わせ、価格を最も重要視するならば、最有力のGPUということになります。

VRAMも4GBとFullHDのフルオプションでも速度が落ちない程度の最低容量となり、費用対効果は最も高いGPUになるでしょう。

この辺りは旧モデルのGTX1050/Tiに準じます。

エントリー価格のGPUがついにFullHDのフルオプションで60FPSが出せる程度の性能に達してきました。

これは2世代前の900番台、GTX980とほぼ同じ性能となり、時代の流れは早いなあと思います。

しかも、補助電源無しの75Wなので、サブPCにぴったりの性能だと思います。(当サイトではそういう扱いです。)

メインマシンとしては力不足だと思います。

やはりゲーマーを自称するならば最低でも、GTX1660以上のGPUを使いたいところです。

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.