GPU情報

Radeon RX 5600 XTのローンチは混乱を招いた

投稿日:

AMDのCES 2020記者会見で、同社はRadeon RX 5600 XTを世界に公開しました。

RX 5600 XTはかなり競争力のある仕様を誇っていましたが、既存のRX 5700シリーズとは明確に違う廉価版とされていたため、市場で意味がありました。

AMDがGeForce GTX 1660 Tiを上回る勝利を収めているため、279ドルは悪くない価格です。

彼らは、ストリームプロセッサ数、コアクロック、メモリクロック、およびTDPから、カードの完全な仕様を発表しました。

すべてがうまく設定されていました。

同じ市場でGTX 1660 SUPERがGTX 1660 Tiよりも優れていると主張し、彼らは戻って、SUPER製品と比較してそれを示す新しいスライドで更新しました。

その週の後半に、EVGAの新しいGeForce RTX 2060 KOモデルが発表されました。

このモデルは、イベントの直後に店頭に並ぶと、299ドル以下の価格に設定されていました。

1年前のGeForce RTX 2060が公式に299ドルに値下がりしているという発表を受けたのは、それほど遅くはない時期でした。

これにより、RX 5600 XTがRTX 2060に近い性能だったため、AMDどうするのか注目されましたが、性能に関しては最終的に競合する他社製品以下でしかありませんでした。

5700シリーズとは異なり、価格を変更する余地はあまりないか、単にマージンを調整することを拒否したか、その価格ポイントで問題ありませんが、AMDが行ったのは、クロック速度と性能目標を調整することでした。

AMDはこのカードのリファレンスモデルをリリースしていなかったため、クロックを上げる決定は少し奇妙な決定でした。

なぜか?

これらのカードはAIBからのみ提供され、すでにオーバークロックされている可能性が高いとわかっていたためです。

しかし、AMDは変更に関してETEKNIXが共有した引用によると、すでにボードパートナーと協力して性能を向上させているように見えました。

「ボードパートナーとの継続的なテストをもとに、オーバークロックされたRadeon RX 5600 XT SKUのGPUコアとメモリ周波数を上げ、パートナーのカスタムデザインに組み込まれた熱的および電気的なマージンを活用しています。

更新されたVBIOSは、発売時に一部のOC SKUに含めるために、ボードパートナーが利用できるようになりました。

AMDは、業界をリードするコンピューティング製品で市場に波乱を起こし、新しいVBIOSにより、Radeon RX 5600 XTは高性能1080pゲームのさらに強力な候補となります。
以前に発表された製品仕様は、AMDが推奨するリファレンスデザイン仕様のままであるため、変更されていません。」

ただし、AMDの製品ページによると、RX 5600 XTの基本仕様は変わりませんでした。

しかし、RX 5700シリーズのページと比較すると、RX 5600シリーズのページの情報は、過去の方法とはかなり異なるフォーマットであることがわかります。

これにより、少なくとも元の仕様が変更されていないことを確認できます。

しかし、AIBカードは発売時に非常に混乱しました。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

私が知る限り、受け取ったレビュアーのカードには更新されたBIOSがなかったため、結果を得るために新しいBIOSでベンチマークを再実行する必要がありました。

それに関する問題は、現在利用可能なカードのほとんどが流通過程にあり、新しいBIOSなしで店頭に並んだ可能性が高いことです。

だから、土壇場で、彼らはこの「余分な」パフォーマンスを見つけましたか?

新しいRadeon RX 5600 XTを最初に手に入れた人たちは、元の「遅い」BIOSだったため、レビュー担当者が使用した最新版に自分で更新するか、サブレビューのパフォーマンスをあきらめる必要があります。

ゲーマーネクサスは、これを行う方法について可能な限り安全な方法で優れたガイドを作成しました。彼らの記事をチェックすることをお勧めします。

私たちの理解では、来月発売のカードには最新のBIOSが搭載されている必要があります。

現在、ベンダーは旧正月を目の当たりにして、壁に直面しています。

 

何が間違っている

フラッシュとダッシュは正しいですか? ちょっと待ってください。それほど単純ではありません。

私たち自身を含むレビュアーが送ったすべてのカードは、BIOSの更新、時には2つ、または3番目の改訂版を受け取りましたが、誰もが自分のカードが良いと仮定するのはそれほど単純ではありません。

問題は、ボードパートナーが作成した仕様に由来し、その仕様はCESの間にレイアウトされたものと同じでした。

これらのカードは、TDPとメモリの仕様を念頭に置いて構築されています。

高度な許容範囲を処理しても大丈夫な高層のカードがありますが、279ドルの価格帯のエントリーレベルのボードはどうでしょうか。

一般的な認識にもかかわらず、MSIは、BIOSアップデートの多くが行っているように、すべてのカードが14Gbpsメモリ速度を出せるわけではないことを非常に明確にしています。

これらのカードは、優れたものであっても12Gbpsに対応しているため、カードの寿命と安定性に関しては、ほぼシリコンの宝くじとなっています。

MSIのビデオによると、メモリは14Gbpsである可能性があるが、速度については検証されておらず、12Gbpsのみであると主張しています。

しかし、最初の仕様がメモリ速度を変更しなかったことに再び注意する価値があります。

MSIは、多数のカードで高速メモリを使用してテストした後、かなりの量の問題があることさえ発見しました。

メモリ速度をこのような問題にしているのは、vBIOSアップデート可能なカードが混在しており、後で出荷されるため、高速のメモリと低速のメモリのカードが混在していることです。

問題は、レビューの不足、vBIOSアップデート前の結果を含めたユーザーへの配慮が欠けていることであり、あまり良いケースとは思えません。

PC WorldのBrad Chacosが非常にエレガントに言ったように、将来のすべてのカードに高速メモリが搭載されている場合、素晴らしいとは言えませんが、それは間違いなく購入者の注意すべき時でしょう。

Computer baseによってまとめられたリストのおかげで、BIOSの更新プログラムが利用できるRX 5600 XTモデルの市場の一覧を入手できます。

リストによると、MSIはGamingおよびMechモデルの更新を許可しないことにより、これらのモデルで安全な対策を取っているようです。

Asusがまだ開いている間、リストの他のメンバーはカードの更新を許可しています。

この時点で、お住まいの地域で保証が最も良いベンダーに行くことを強くお勧めします。

もう1つのアドバイスは、RX 5600 XTモデルのパフォーマンスが10%以上向上する可能性があるため、購入しようとしている仕様のカードのレビューを見つけることです。

それは、性能クラスが変わるほどの十分に大きな違いです。

RX 5700シリーズの発売時に行われた価格変更は、従うべき簡単なものでした。

RX 5500 XTの発売は予想どおりに行われ、配信されました。

しかし、RX 5600 XTの発売は、レッドチームにとってもう1つの堅実な発売となるように設定されていましたが、土壇場でのBIOSの選択、変更、誰が何をしたのかという混乱によって損なわれました。

競争を混乱させるための努力だったかもしれないものは、顧客にとって混乱を招き、BIOSに関する免責事項を追加するためのレビューさえももたらしました。

RX Vegaの発売後の価格設定の大失敗以来、このような混乱はなかったと思います。

ソース:wccftech - The Radeon RX 5600 XT Launch Has Been A Je-mess

 

解説:

文中にあるCompu-Baseの更新BIOSダウンロード先一覧

メーカーモデルDownload BIOS-Updates (Anleitung)
ASRockRadeon RX 5600 XT
Phantom Gaming D3 6G OC
ダウンロード先
ASRockRadeon RX 5600 XT
Phantom Gaming D2 6G OC
ダウンロード先
ASRockRadeon RX 5600 XT
Challenger D 6G OC
ダウンロード先
AsusTUF Gaming X3
Radeon RX 5600 XT OC Evo
ダウンロード先
AsusROG Strix
Radeon RX 5600 XT
計画中
AsusROG Strix
Radeon RX 5600 XT OC
ダウンロード先
GigabyteRadeon RX 5600 XT
Gaming OC 6G
ダウンロード先
GigabyteRadeon RX 5600 XT
Windforce OC 6G
計画中
MSIRadeon RX 5600 XT
Mech
計画なし
MSIRadeon RX 5600 XT
Mech OC
MSI Dragon Centerよりダウンロード
MSIRadeon RX 5600 XT
Gaming
計画なし
MSIRadeon RX 5600 XT
Gaming X
MSI Dragon Centerよりダウンロード
PowerColorRadeon RX 5600 XT計画なし
PowerColorRadeon RX 5600 XT
Red Dragon
ダウンロード先
PowerColorRadeon RX 5600 XT
Red Devil
ダウンロード先
SapphireRadeon RX 5600 XT
Pulse
ダウンロード先
XFXRadeon RX 5600 XT
THICC II Pro
ダウンロード先
XFXRadeon RX 5600 XT
THICC III Pro
ダウンロード先
XFXRadeon RX 5600 XT
THICC III Ultra
ダウンロード先

RX5600XTが更新BIOSを発表し、混乱を招いたことに関して苦言を呈するというような体裁の記事となっています。

しかし、わたくしは一連の騒ぎを肯定的に受け止めています。

誰だって敗者になって値引き販売する立場に追い込まれるのは嫌ですし、勝ちたいと思うのは当然だと思います。

自作ユーザーはこのような混乱をものともしない猛者の集まりとわたくしは思っていますので、これだけの情報があれば混乱せずに済むのではないでしょうか。

一部モデルでは安全性を担保できないため、更新の計画はないとしています。

こういった混乱を「楽しみ」と取るか、メーカーの安全性への背信行為と取るかで評価が分かれると思います。

自作ユーザーであればぜひできることが増えたと肯定的にとらえてほしいと願ってやみません。

ただ、各メディアのレビュアーさんは一度出したベンチマーク数値を全部取り直すなど大変だったようですね。

お疲れさまでした。(笑

元記事に中にはMSIが自社のRX5600XTのGDDR6が14Gbpsが出せるかどうかはわからないとしていますが、AIBにどのようなもの(部材)を供給するかはメーカーやモデルによっても違うようです。

例えば、nVidia RTX2000シリーズの初期モデルだとチップ・メモリ、VRMまで指定していたようですね。

SUPERシリーズになるとVRMなどはAIBにある程度の自由度を持たせているようです。

そのため、このような書き方になっているのだと思います。

個人的にはデザインが一番気に入っていたので、MSIのMechが対応してないのはショックですかね。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/10/01 01:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/10/01 06:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.