GPU情報

NVIDIA、GPU不足は2022年後半に緩和されると発表、次世代GeForce RTX 40シリーズが市場に出回る直前

投稿日:

NVIDIAは、現在進行中のGPU不足が、次世代GeForce RTX 40シリーズがリテールに登場する直前の2022年後半に緩和されることを再確認しています。

NVIDIAは、彼らの次世代GeForce RTX 40シリーズが到着する直前に、進行中のGPU不足が2022年下半期に緩和されることを再確認しました。

第24回Needham Growth Conferenceにおいて、NVIDIAのCFOであるColette Kress氏は、現在進行中のGPU危機が2022年後半に好転することを再確認した。

コレット氏はまた、GeForceグラフィックスカードとGPUの巨大な需要を指摘し、それが既存のチップの供給を上回ると予想している。

 

ですから、2021年暦年のすべてを通じてでも、GeForceに対する強い需要が見られました。

そしてそれは、私たちが持つ全体的な供給量よりも強い、強い状態を維持し続けています。

例えば、年末年始の需要は、特にノートパソコンでかなり強かったです。

そして、まだ四半期を終えていません。しかし、チャネルレベルについては、四半期末に見ていきたいと思います。

チャネルレベルはかなり低下しており、サプライチェーン・パートナーと協力して供給の可用性を高めているところです。

22年暦年後半に向け、供給状況は良くなっていると感じています。

その他の記録的な出来事としては、ゲームに対する需要が非常に旺盛であることが挙げられます。

例えば、Steamの同時接続ユーザー数は過去最高を記録しています。

同時接続ユーザー数は2,800万人で、これまでの記録をいとも簡単に更新しています。

また、クリエイティブなアプリケーションやメタバース的なアプリケーションの勢いが増しており、これらは当社のStudio製品で対応しています。

暗号通貨については、ゲーム収益に対する暗号通貨の貢献は今後も続くでしょうし、定量化するのは難しいでしょう。

我々は、GeForceのための軽いハッシュレートカードに関する我々のプロセスは、また、我々のCMP製品で、他のゲーマーの供給にGeForceを操縦するための効果的な戦略であったと信じています。

しかし、新しい暗号のハッシュレートは茎があり、我々はそのいくつかの異なるソースを見ている。

それは、当社のGeForce GPUであったり、AMD GPUであったり、カスタムASICであったり、当社のCMP製品であったり、これらすべてが寄与しています。

しかし、繰り返しになりますが、定量化するのは非常に難しいのです。

NVIDIAのCFO、コレット・クロス氏 Seeking Alphaより

NVIDIAのCEOだけでなく、IntelやAMDのCEOも以前、2022年後半にはチップ不足の状況全体が緩和されることをほのめかしていた。

しかし、何が原因で状況が良くなるのかについては明言されていない。

2022年後半に入ると、同社はGeForce RTX 40シリーズGPUを搭載するコードネームAda Lovelaceと呼ばれる次世代GPUアーキテクチャに注力し始める可能性があるようです。

そのため、新世代のGPUに移行することで、既存のGPUラインナップの負荷が軽減される可能性がある。

最近の噂では、NVIDIAが数十億ドルを投じてTSMCから次世代GPUのラインナップに搭載される5nmウェハーを大量に獲得したと報じられています。

これが本当なら、NVIDIAは本当にGeForce RTX 30シリーズで見たときよりも強力な供給で最新製品を発売することを目指していることになる。

現在、エントリーレベルのGeForce RTX 3050グラフィックスカードは、GeForce RTX 3060とRTX 3060 Tiの両方を合わせたよりも良い供給を受けるに違いないとの報告もある。

新しいカードは1月27日に発売されるので、それが真実かどうかを確認するのもそう遠くはないでしょう。

消費者は、2022年後半に状況が良くなることを本当に楽しみにしていますし、私たちもチップの供給不足が改善され、ゲーマーやPCユーザーが最新のGPUやCPUを予定通りに希望小売価格で入手できるようになることを望んでいます。

ソース:wccftech - NVIDIA Says GPU Shortages Are Going To Ease Down in 2H 2022, Right Before Next-Gen GeForce RTX 40 Series Hits Market Shelves

 

 

 

解説:

2022年後半にGPU不足は解消する・・・らしい。

nVidiaの幹部がRTX4000シリーズ登場直前にGPUの品不足は解消すると言っています。

根拠は何も書いていなく、単に「手ごたえを感じている」とだけありますので、本当なのかどうかはハッキリしません。

あくまでも今の時点では手ごたえを感じているだけのようです。

半導体不足の主な原因であるサブストレートの不足に関して言えば、今年今まで投資された分の工場が一部稼働し、2025年まではさらに稼働するようですので、一応、GPUの不足が解消するというのはまるっきり根拠がない話ではないです。

一応ETHもPoSが導入されたようですので、新規のGPU需要はかなり減退したのではないかと信じたいです。

実際はどうなのかわかりませんが。

これはnVidiaの幹部も記事中で予測するのは難しいとしています。

記事中ではRTX3050の数がそれなりに出るとありますが、私は価格が下がることに関しては悲観的です。

GTX1650に関しては約20,000円で発売されました。

RTX3050は元々の価格がGTX1650より高いですから、Turingと同じ状況だと3-4万円程度の価格帯が適正だと思われます。

しかし、先日の記事でも書きましたが、今のGPU価格から逆算するとRTX3050の価格は60,000円であり、これでは本来のターゲット層は買いません。

なぜならば彼らが最も重視するのは価格だからです。

RTX3050は一体誰に向けて売るつもりなのか?どんな層が買うのか?興味は尽きません。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥136,989 (2022/01/25 02:41:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥123,200 (2022/01/25 02:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥97,800 (2022/01/25 03:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.