GPU情報

AMD RDNA 4「Radeon RX 8000」GPU、3nmおよび5nmプロセスノードを採用との噂

更新日:

AMDのRadeon RX 8000シリーズグラフィックスカードに搭載される次世代GPU「RDNA 4」は、3nmと5nmの両方のプロセスノードを使用する可能性があると、Greymon55が伝えています。

このリーク者は噂を続けており、今度は次期RDNA 3 GPUのラインナップに代わるRDNA 4 GPUについて語っています。

AMD RDNA 4「Radeon RX 8000」GPUシリーズは、MCM製品に3nmと5nmの両方のプロセスノードを使用する。

噂されている情報によると、RDNA 3と同様に、RDNA 4 MCM GPUも2つの異なるプロセスノードで構成されると報告されています。

RDNA 4アーキテクチャは、Navi 4X GPUラインと、1年前にリークされたフラグシップチップであるNavi 41に搭載されます。

この情報によると、Radeon RX 8000シリーズのグラフィックスカードを駆動するRDNA 4のラインナップは、共通のアーキテクチャを採用し、RDNA 3で予想されたような2つの異なるアーキテクチャに分割することはないという。

翻訳

いいえ、RDNA4は共通のアーキテクチャーを持つフルプロダクトラインであり、RDNA4のMCMは3nm+5nmを使用します。

AMDのRDNA 3グラフィックスアーキテクチャは、Navi 31、32、そしておそらくNavi 33 GPUにのみ搭載され、残りのラインナップはRDNA 2をベースにしたものになるという報告があります。

トップのNavi 31とNavi 32のRDNA 3 GPUはMCMアーキテクチャを採用し、GCD(Graphics Compute Die)には5nmノード、MCD(Multi-Cache / IO Die)には6nmノードを使用します。

RDNA 2のリフレッシュGPUは、6nmのプロセスノードを採用し、新しいグラフィックスファミリーの中でのリフレッシュとして登場します。

RDNA 4については、AMDはNavi 4Xのラインアップ全体で同じグラフィックス・アーキテクチャを採用する予定で、RDNA 3やRDNA 2のような古いGPUアーキテクチャのリフレッシュは行わないようです。

AMDは、Navi 41のようなMCMチップに5nmと3nmの2つの異なるノードを利用します。

GCDは3nmプロセスノード、MCDは5nmノードを採用する。

RDNA 3は2022年後半に発売される予定なので、RDNA 4は2024年に発売され、NVIDIA社のAda LovelaceやIntel社のARC Battle MageまたはCelestialの後継機と競合することになります。

これに加えて、Greymon55は、ガンマ・カシオペア座にちなんで命名されるであろうフラッグシップGPU「RDNA 3」の内部の命名規則とコードネームも明らかにしたようです。

次のツイートでは、このリーク者は、Naviフラグシップが多くの人が予想したようにMI300ではなく、星の名前になるだろうと述べています。AMDは、魚のコードネームを使ったGPUの世代を経て、星のコードネームに戻るかもしれません。

https://twitter.com/greymon55/status/1428641946642223111

AMD RDNA世代のGPUラインナップ

Radeon
ラインナップ
Radeon
RX 5000
Radeon
RX 6000
Radeon
RX 7000
Radeon
RX 8000
GPU
アーキテクチャー
RDNA 1RDNA 2RDNA 3 /
RDNA 2
RDNA 4
製造プロセス7nm7nm5nm/6nm?5nm/3nm?
GPUファミリーNavi 1XNavi 2XNavi 3XNavi 4X
フラッグシップ
GPU
N/ANavi 21
(5120 SPs)
Navi 31 (15360 SPs)Navi 41
ハイエンド
GPU
Navi 10
(2560 SPs)
Navi 22
(2560 SPs)
Navi 32 (10240 SPs)Navi 42
ミドルレンジ
GPU
Navi 12
(2560 SPs)
Navi 23
(2048 SPs)
Navi 33 (5120 SPs)Navi 43
エントリー
GPU
Navi 14
(1536 SPs)
Navi 24
(1024 SPs)
Navi 34 (2560 SPs)Navi 44

ソース:wccftech - AMD RDNA 4 ‘Radeon RX 8000’ GPUs Rumored To Utilize 3nm & 5nm Process Nodes

 

 

 

解説:

Navi4Xは3nmと5nmの混在

Navi3Xも出てないうちからもうその次の世代の情報がリークしています。

Navi4XはRadeon8000シリーズとなりMCMでTSMC3nmと5nm両方を使うということになるようです。

GCD(GPUの演算ユニットダイ)が3nm、MCD(GPUのメモリユニットダイ)が5nmとなるようですね。

半導体密度は5nmが185MTr/mm2、3nmが315MTr/mm2ですので、かなりの差があります。

Navi4XがGCDを小さく出来るというのも納得です。

RDNA4=Navi4Xは2024年に発売予定です。

プロセスノードが進むと、一気に微細化が進み、前の常識が全く通用しなくなりますので、7nmの実感で判断していると、「本当にこんなこと、実現できるのかな」と思いますが、近い未来に達成可能なのでしょう。

 

intelがTSMCの3nmを抑えたという件との関連は、これは多分抑える前の情報だと思います。

また、RDNA4リリース時(2024年には)3nmが量産に入ってから、2年経ってますので、容量が増えている可能性も多分にあると思います。

この件に関しては続報が入らない限りどうなるのか判断が付かないので保留にして解説の中では触れませんのでご了承ください。。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.