GPU情報

GPUメーカー、3dfx Interactiveが20年ぶりのカムバックを予告、来週には重大発表の予定

更新日:

象徴的なGPUメーカーのひとつである3dfx Interactiveが、20年ぶりにカムバックするようです。同社が運営していると思われる新しいTwitterアカウントが、同社が復帰し、来週重大な発表を行うとツイートしています。

3dfx Interactiveが20年ぶりにGPU市場に戻ってくる?来週重大な発表があると予告

Voodooシリーズは、3dfx Interactiveが設計・製造したグラフィックカードで、誰もが所有したり聞いたりしたことがあるだろう。

3dfx Interactiveは、かつてはNVIDIAをはじめとする他のGPUメーカーの主要なライバルでしたが、精彩を欠いた製品を発表した後、最終的には破産申請を行い、2002年にNVIDIAが同社の資産の大半を7,000万ドルで買収しました。

この新しいアカウントは、3dfx Interactiveが20年ぶりに復活し、最初の大きな発表を来週の木曜日(8月5日)に行うことを示唆しているようです。

3dfx Interactiveが何を発表するかはわかりませんが、もしこれが本当のニュースであれば、NVIDIA、AMD、Intelとは別に、GPU市場に新たなメジャープレイヤーが誕生することになります。

発表されたティーザー画像は以下の通りです(なお、以下の画像は2014年にDeviantArtで公開されたファンの作品です)。

先日、3dfx Voodoo 5 6000グラフィックスカードを現代的なタッチで再現したMODをご紹介しました。

このグラフィックスカードは、MODderのAnthonyによって設計されたもので、カスタムPCBデザインを採用し、5つのVSA-100 GPUと、それぞれに8MB(166MHz)のSDRAM、合計32メガバイトのメモリを搭載し、各GPUは4ピンの電源インターフェイスで駆動するアクティブヒートシンクソリューションに接続されています。

このカードはPCIインターフェース(PCIeではない)で、ディスプレイ出力用のデュアルVGAポートを備えています。

もちろん、それはファンによる再現であって、現在のGPU市場ではこのようなカードはノスタルジックな理由を除けばあまり意味をなさないので、我々は現代的なものを手に入れようとしているのだ。

繰り返しになりますが、これが一体何なのかは来週まで待ちましょう。

私たちが知っている限りでは、よくできた荒らしのアカウントかもしれません。

ソース:wccftech - GPU Maker, 3dfx Interactive Teases A Comeback After 20 Years, Major Announcement Expected Next Week

 

 

 

解説:

復活の3dfx

その昔3dfxと言うメーカーがあって単体GPUの世界で一世を風靡したのですが、競争に敗れ倒産してしまいました。

PCIバス(PCI Expressではない)にGPUを接続していた時代の話です。

その資産を買収したのはnvidiaなので、3dfxのノウハウを受け継いだのはnvidiaと言えなくもないです。

その、3dfxがなんと20年ぶりにカムバックしてくるという話が出ています。

正直、今20年前のメーカーが復活しても一線級の製品が出せるのかと言う疑問はあります。

また、nVidiaが3dfxの資産を買収していますので、3dfxを受け継いだ製品と言うのは出せないわけですが、どのような製品を販売することになるのか、非常に気になる話です。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.