GPU情報

2022年のCESで発売が噂されるDG2 GPU搭載のインテルXe-HPGグラフィックスカード

更新日:

中国の人気ハードウェアアカウント「Weibo」が、インテルが2022年のCESで、Xe-HPG DG2 GPUアーキテクチャを採用した初のディスクリート・グラフィックス・カードを発表すると述べました。

インテルのXe-HPGに関するニュースは、NVIDIAやAMDの次世代製品のリーク情報が飛び交う中、ここ数ヶ月で初めてとなります。

インテル初のディスクリートXe-HPG DG2 GPU搭載ゲーミンググラフィックスカードが2022年のCESで発表との噂

公開された情報によると、Weiboのアカウントは、Xe-HPGアーキテクチャを採用したIntel初のディスクリート・グラフィックス・カードに関する信頼できる情報を情報源から得たと投稿しています。

来年1月に開催されるCES 2022で、DG2 GPUは小売市場に正式にデビューします。

しかし、10月末に開催されるインテル・イノベーション・イベントで、このカードのティーザー映像が公開される可能性は非常に高いと思われます。

https://twitter.com/9550pro/status/1421114163128987649?ref_src=twsrc%5Etfw

インテルは、Xe-HPGゲーミングGPUのプロトタイプが現在サンプリングされていることをすでに発表しており、オンラインのベンチマークデータベースには、フラッグシップモデルであるDG2-512やDG-384のバリエーションと思われる256 EUパーツなど、いくつかのチップが掲載されています。また、448 EUと128 EUのチップもリークされており、こちらについてはこちらをご覧ください。

現在のところ、最適化されていないドライバー、プロトタイプの低いクロックスピード、そして著しく制限されたGPU性能のために、パフォーマンスは非常に不十分ですが、ES/QS状態になれば、これらは改善されるでしょう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテルXe-HPG DG2ゲーミングGPUラインアップのすべてが明らかに

Xe-HPGベースのDG2 GPUは、完全なチップからいくつかのカットされたバリエーションまで、さまざまな構成で提供されます。

これは、NVIDIAの「Ampere GA102-400」「GA102-200」や、AMDの「Navi 21 XTX」「Navi 21 XT」「Navi 21 XL」のような命名方法に似ています。

インテル Xe-HPG DG2 512 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

最上位のDG2 512 EUバージョンには、4096コア、256ビットのバスインターフェース、最大16GBのGDDR6メモリ(8GBのGDDR6も記載されている)を備えたフルダイを利用した構成が、これまでのところ1つだけ記載されている。需要と歩留まりに応じて、インテルはこのフラッグシップチップのバリエーションをさらに増やす可能性がありますが、今のところ断言はできません。

DG512 EUチップのサイズは約396mm2で、AMD RDNA 2やNVIDIA Ampereの製品よりも大きいと予想されています。

DG2-512 GPUは、37.5mm x 43mmのサイズのBGA-2660パッケージで提供されます。NVIDIAのAmpere GA104のサイズは392mm2であり、Navi 22 GPUのサイズが336mm2であるのに対し、DG2チップは同等のサイズであり、約60mm2少ないことになります。

これは、チップの最終的なダイサイズではありませんが、非常に近いものになるはずです。

NVIDIAは、テンソルコアとより大きなRT/FP32コアをチップに搭載していますが、AMD RDNA 2チップは、CUあたり1つのレイアクセラレータユニットとInfinity Cacheを搭載しています。

Intelは、Xe-HPG GPUにハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシング機能を搭載することが期待されており、Raja氏の最近のツイートでは、スーパーサンプリング技術を支援するハードウェアDL/ML機能も指摘されているようです。

Xe-HPG DG2 512 EUチップは、最大2.2GHzのクロックを持つことが示唆されていますが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかはわかりません。

また、Intelの当初のTDP目標値は225-250Wでしたが、現在は275W程度に引き上げられていると述べられています。

もしインテルがさらにクロックを上げたいのであれば、デュアル8ピンコネクタを備えた300Wのバリエーションも期待できます。また、ES Xe-HPG DG2ベースのグラフィックスカードのPCBや写真がリークされていますので、こちらもご覧ください。

インテル Xe-HPG DG2 384 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

次に、Intel Xe-HPG DG2 384 GPU SKUですが、少なくとも3つのバリエーションで構成されると予想されています。

フルファットチップは、3072コア、最大12GB GDDR6メモリ(6GB GDDR6も記載)、192ビットバスインターフェースを搭載します。

そして、2048コアと1536コアで構成される256EUと192EUの2種類のバリエーションがあります。

どちらも128ビットのバスインターフェースを備えていますが、256 EUモデルには最大8 GB GDDR6メモリ(4 GB GDDR6も搭載)が、192 EUモデルには4 GB GDDR6メモリが搭載されます。

これらの仕様から、これらのGPUはメインストリーム・パーツとして位置づけられます。

以前、VideocardzはIntel Xe-HPG DG2 384 GPUのダイ構成をリークしました。

PCBの設計図には6つのメモリモジュールの位置が示されており、192ビットのバスインターフェースと6または12GBのGDDR6メモリ容量が確認されています。

384および256のEU製品には、それぞれ16MBおよび8MBのスマートキャッシュが搭載される予定です。クロックスピードは、384 EUパーツがベース600MHz、ターボ1800MHz、256 EUパーツがベース450MHz、ターボ1400MHzと報告されています。

インテル Xe-HPG DG2 128 EU ディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

そして最後に、Intel Xe-HPG DG2 128 EUのパーツを紹介する。トップモデルは、1024コア、64ビットバスインターフェース、4GB GDDR6メモリを搭載したフルスペックモデルです。

縮小版では、96個のEUまたは768個のコアと、64ビットバスインターフェースの4GB GDDR6メモリを搭載します。

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードと非常によく似ていますが、DG2ではアーキテクチャ設計がより改善され、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

スペックから見ても、エントリーレベルのデスクトップ・ディスクリート市場をターゲットにした製品であることは間違いありません。

Intel Xe-HPG DG2 GPUの仕様 (ソース: Igor's Lab)

SKU 1SKU 2SKU 3SKU 4SKU 5
パッケージ
タイプ
BGA2660BGA2660BGA2660不明不明
サポートメモリGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ速度16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリバス幅256-bit192-bit128-bit64-bit64-bit
メモリ容量
(最大)
16 GB12 GB8 GB4 GB4 GB
スマート
キャッシュ容量
16 MB16 MB8 MB不明不明
Graphics Execution
Unit数 (EU数)
512384256196128
モバイル版
クロック
(High)
 1.1 GHz600 MHz450 MHz不明不明
モバイル版
クロック
(Turbo)
1.8 GHz1.8 GHz1.4 GHz不明不明
モバイルTDP
(チップのみ)
100100100不明不明
デスクトップTDP不明不明不明不明不明

インテルXe-HPG DG2 GPUの予想スペック

GPUモデルGPU SKU実行
ユニット数
シェーディング
ユニット数
(コア数)
メモリ容量
・種類
メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit~275W
Xe-HPG
384EU
DG2-384EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bit不明
Xe-HPG
256EU
DG2-384EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bit不明
Xe-HPG
192EU
DG2-384EU192 EUs15364 GB
GDDR6
128-bit不明
Xe-HPG
128EU
DG2-128EU128 EUs10244 GB
GDDR6
64-bit不明
Xe-HPG
96EU
DG2-128EU86 EUs7684 GB
GDDR6
64-bit~120W

先月、Intel Xe-HPG DG2 GPUベースのディスクリート・グラフィックス・カードのエンジニアリング・サンプルがリークされ、性能や価格が噂されていました。

このスケジュールによると、Xe-HPG DG2のラインナップは、NVIDIAのAmpereおよびAMDのRDNA 2 GPUと競合することになりますが、両社とも2022年末までに次世代製品を発表する予定はないためです。

また、Xe-HPG GPUはモバイルプラットフォームにも搭載され、Alder Lake-PノートPCに搭載される予定です。

ソース:wccftech - Intel Xe-HPG Graphics Cards With DG2 GPU Rumored To Launch at CES 2022

 

 

 

解説:

Xe-DG2以下のSKUの発売は2022CES以降

漸くDG2の噂が出てきました。

それによると2022のCESで発表してから発売となるようです。

恐らくAlderlakeのK無しモデルと同じ程度に発売されるのではないかと思います。

私は本来DG2の発売は2020年だったのではないかと思っていました。

RTX3080前後の性能だったとしても、かなり話題になったと思うからです。

また、リーク情報が出始めた時期から考えてもそうなのだろうと思っていました。

しかし、そこから話が全く出てこない時期があったりなどズルズルと遅れてようやく2022年初頭に発売と言うのが一応の発売時期だと思います。

元記事のとおり、AlderLakeをぶち上げる2021年の年末イベントでティーザーすると思います。

 

初期製品は・・・・

1台しか自作PCを組んでいないという人が虎の子のお金を使ってXe-DG2を買うのはお勧めしません。

なぜならば、初期製品と言うのはまだ評価が終わっていないものだからです。

最新のゲームは正常に動く可能性が高いと思いますが、ちょっと前のAAAタイトルなどはかなり怪しくなってくるのではないでしょうか。

こういった評価の定まっていない製品は複数のPCを自作しているような方向けのもので、虎の子をお金を使って一台こっきりの大事な大事なゲーミングPCを組む方のためのものではないということは覚えておいてください。

 

個人的には初期製品はかなり安くするのではないかと思っていますが、今はマイニングがありますのでどうなるのかはちょっとわかりません。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.