GPU情報

パキスタンの販売代理店が狂喜乱舞。4年前の再生品GPUを大幅に値下げし、ASUSは南アジア市場で非常識な希望小売価格を設定

投稿日:

今年の初め、私たちは、南アジアや中東の市場では、大多数の販売業者が顧客とうまくやっていけないこと、そしてほとんどの場合、NVIDIA、AMD、およびIntelのトップクラスのブランドやパートナーともうまくやっていけないことを記事にしました。

GPUの状況は世界市場に影響を与えていますが、パキスタンのような南アジア諸国の場合、公式代理店や小売店が事態を悪化させています。

パキスタン市場におけるASUSの一次代理店はGPUに非常識な希望小売価格を設定し、他の公式代理店は4年前の再生品GPUをスケールアップした価格で販売している

どの地域でも価格が悪いことは承知していますが、南アジアや中東が突出している点があります。

スケーリングを行っているのは小売店だけではなく、公式代理店や、場合によってはAIBでさえも、このような手法を許し、顧客から莫大な利益を得続けても、これらの小売店への供給を妨げないことがあります。

また、同じ販売業者がNDAを破り、未発表のGPUを発売の数週間前に裏ルートで販売していたことも確認されています。

彼らは、まず非常識な価格を設定し、次にこれらのGPUの定価を、シングルまたはバルクユニットを求めていた一流の顧客に公開しました。

2021年も残りわずかとなりましたが、同じ流通業者が消費者を騙すためにさらに革新的な手法を編み出したようです。

以下のリストは、パキスタン市場の特定のディストリビュータから得た情報源からの情報です。

まず、AU Technologies社はかなり大きなディストリビューターで、主にPalitとSapphireのグラフィックカードを扱っています。

この価格表を最初に紹介したいと思ったのは、彼らが保証のない4~5年前のグラフィックスカードを販売し、高額な価格を提示しているという事実があったからです。

RX 480、RTX 570、RTX 590、RX 5600 XT、RX Vega 64などのカードです。

販売業者は、これらのカードのマイニング性能をリスト内で公開しており、これらがマイナー向けであることを意味しており、カードは在庫の準備ができていると言われています。

販売者は100%現金での支払いを求めており、箱もSapphireやPalitが使用している公式のものではないようです。

価格については、RX 480は100,000PKRで、585米ドルに換算されます。

そう、585ドルは保証なしの整備済みカードです。

特別な小売店のパートナーには、5000PKRまたは30USドルの小額割引があります。しかし、これは公式代理店が設定した価格であり、小売店も利益を得たいと考えているので、最終的には150,000 PKR(800米ドル)程度になると思われますので、ご了承ください。

その他の価格は以下の通りです。

ASUSは、パキスタンの正規代理店であるPacific Computers for Pakistanに、最新のグラフィックカードの価格表を提供しました。

このリストには、主にNVIDIA GeForce GPUが含まれています。

私たちが注目したのは「GeForce GTX 1660 Ti」で、価格は145,000PKRまたは850USドルです。これらのカードにはASUSの公式保証が付いており、新品であることが良い点ですが、良い点はそれだけではありません。

850ドルはRTX 3080の希望小売価格よりも高く、また、これは販売代理店価格です。

これが小売店に出回ると、またしても第二次値上げが行われ、店員が顧客を騙して利益を得るために、関税などの見え透いた嘘や言い訳に隠れて、価格を隠してしまうことになります。

パシフィックコンピュータ社の価格表は以下の通りですが、これは最終的な小売価格ではありません。

これは最終的な小売価格ではなく、もっと高い価格になります。

もう一つは、GPU市場が回復の兆しを見せ始めたとしても、これらの価格は下がらないということです。

インフレの進行やPKRの対USD価値が下がり続けていることを考えると、パキスタンの価格はそのままで、上昇する一方でしょう。

さらに、流通業者や小売業者は、「GPUを高い値段で買ったから、何とかして損失を取り戻さなければならない」と同じ口実を使うことができますが、大量の在庫を何ヶ月も保持して、莫大な利益で販売していることを考えると、まったくのデタラメです。

私たちは、このような手口を使う他の様々な小売業者や販売業者の情報と、それぞれの価格表を持っていますが、今後、より詳細な記事でご紹介していきます。

ソース:wccftech - Distributers In Pakistan Go Bonkers: Asking Scalped Prices For 4-Year Old Refurbished GPUs, ASUS Sets Insane MSRPs For South Asian Market

 

 

 

解説:

モラルが崩壊した販売業者が跋扈するとどうなるのか?

同調圧力が強く、時には「うざい」と思うほどの日本ですが、比較的無茶なことをする人は多くないです。

しかし、あまりモラルの高くない海外ではこの記事のようなことが公然と行われているようです。

マイニングを肯定して、「みんなやればいい」と言ってる方がいますが、「ちょっとくらいいいだろう」とか「少しくらいだろう」が進んでいくと上のような目を覆わんばかりの状況になるということです。

人間は弱く、矮小で卑しい存在です。

目の前に大きな利益を得られる方法があれば簡単に黒く染まります。

個人的には早く、イーサリアムがPoWに移行して、このような業者に天誅を下して欲しいと思っています。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.