GPU情報 その他

パーティは終わった: ETHが3900ドルを超え、中国市場ではNVIDIA GPUの価格がすでに18%上昇

投稿日:

MyDrivers(Videocardzより)の記事によると、GPUパーティーはひとまず終了し、価格はほぼ確実に再び上昇に転じるという。

GPU価格は7月に史上最安値を記録し、すべてが回復しているように見えましたが、Ethereumのセカンドラリーが始まったようで、減速する気配はありません:これは歴史的に見てもGPU価格に災いをもたらすものです。

私は8月に、GPUパーティーは見た限りでは終わったので、購入前に待つようにとはもう言わない、とツイートしました。

予想されていたトレンドが再び上昇することはほぼ1ヶ月前に明らかになり、それが2021年9月にほぼ正確に実現しました。

ETHは3900ドルを超え、それに伴い、より広範な暗号通貨市場が再び上昇し、収益性は8月初旬からほぼ倍増しています。

翻訳

パーティーは終わった。$ETHは3200ドルに戻る。先が見えない間は GPUを買うのを待つようにアドバイスすることはなくなった

また、VideocardzはMyDriversのデータをまとめており、RTX 3070 Tiの価格がすでに18%上昇していることがわかります。

これは、3DCenterの最後のレポートにも反映されており、記事上部のグラフィックに見える上昇傾向を見ることができます。

https://twitter.com/3DCenter_org/status/1432251491583021057?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

オーストリアとドイツのGPU価格

入手性はまだ良いが、一歩失う。

AMDは若干価格が上がっている(再び)。

nVidiaはトレンドを崩し、価格も上昇している。

ASUS:

  • RTX 3070 Ti: 600 人民元 (92 USD)
  • RTX 3080 and RTX 3070: +300-400 人民元 (46-62 USD)
  • RTX 3060 Ti, RTX 3060, and RTX 2060: +200-350 人民元 (31-54 USD)
  • GTX 1660 and GTX 1050: +100-150 人民元. (15-23 USD)
  • RX 6600 XT: +400 人民元 (62 USD)

Gigabyte

  • RTX 3090 and RTX 3080 Ti: +200-400 yuan (31-62 USD)
  • RTX 3070 Ti, RTX 3070: +100-300 人民元 (15-46 USD)
  • RTX 3060 Ti, RTX 3060: +300 人民元 (46 USD)
  • RTX 2060, GTX 1660, GTX 1650: +100 人民元 (15 USD)
  • GTX 1050 Ti: +80 人民元 (12 USD)

MSI

  • 変化はないが、ほぼ全てのミドル~ハイエンドカードが在庫切れとなっている

信越やグローバル・ウェハースといった上流の生ウェハース・ファウンダリは、100%の生産能力で稼働しています(そして、これは簡単に改善できるものではありません)。

NVIDIAがTSMCに戻ることも決まっており、2022年末までキャパシティの改善が見込めない、本質的には巨大なゼロサムゲームの中に存在しています。

ETHは今年後半にETH 2.0に移行し、このコインのGPUマイニングは廃止されますが、GPUでマイニングできるアルトコインはまだありますし、NVIDIAのLHRシリーズでさえ、非LHRのハッシュレートの70%以上でアンロックされています。

ソース:wccftech - The Party Is Over: NVIDIA GPU Prices Already Up 18% In Chinese Markets As ETH Crosses $3900

 

 

解説:

ETHの価格が上がり、再びGPU価格が上昇に転じているということです。

GPUは一種の金融商品のようになっているというコメントを書いてくれた方がいましたが、金融商品ならばやはりそれなりに規制してほしいところです。

とにかく加熱気味の仮想通貨において、規制が全くない、若しくは緩い状況ですから、やりたい放題となっています。

実際、仮想通貨にはFXや株にあるような税の優遇が一切なく、規制もあまり強くありません。

株やFXには長い歴史があるからと言ってしまえばそれまでなのですが、仮想通貨が社会的に市民権を得るにはまだまだ時間がかかりそうです。

コメントでも書きましたが、私は仮想通貨はブロックチェーンと言う技術の実験場のようなものだと思っています。

政府発行のデジタル通貨と真っ向から対立するものですので、政府が税の優遇をすることは無いと思いますし、政府発行のデジタル通貨が発行された暁には禁止(若しくは使用や保有に制度的なリスクを負わされる)されるものと思います。

今はまだ生かされていますが、TITANのように明らかに仕手のような大規模な投資家や発行元がハメ込みを行っているような不正な相場操縦が疑われるような状況ですから、何れ各国ともに規制に動くのではないかと思います。

※ TITANとはイケハヤさんも引っかかった1/40億に暴落した仮想通貨です。40分の1ではなく、40億分の1です。

マイニングにしても、何一つ生み出していないのに電気だけを消費するのは明らかに資源の無駄です。

プラスチックごみよりもこちらの方が明らかな問題だと思います。

 

 

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.