その他

Intel Z690チップセット搭載マザーボード(Alder Lake CPU用)の24ピンコネクタの保持について

更新日:

IntelのAlder LakeデスクトップCPU用Z690マザーボードは、従来の24ピンコネクタデザインを維持するとYuuki_ansが報じています。

このリーク情報によると、ほとんどのマザーボードメーカーがインテルのATX12VO戦略を取りやめることを選択したとのことです。

Alder LakeデスクトップCPU用のIntel Z690マザーボードは、ボードメーカーがATX12VO規格の採用に消極的なため、24ピンの電源コネクタを維持することになる。

ATX12VO電源コネクタは、Z690チップセット搭載のフラッグシップ製品を含む600シリーズのマザーボードで大活躍する予定だった。

Intel社は、次世代のマザーボードから、より電力効率の高い新しい電源コネクタの構成を標準化しようと積極的に取り組んでいましたが、今はそうではないようです。

翻訳:

情報によると:
大多数のメーカーは、伝統的な24PIN電源を維持することを選択しており、12vo電源戦略を打ち出しているモデルはごくわずかです。
(一部のメーカーでは、12V-24PINアダプターボードも発売されています。)
--
Intel社は、マザーボードメーカーに対して、12voに対応したマザーボードを少なくとも1つ発売することを要求していると言われています。

https://twitter.com/yuuki_ans/status/1419990008719572993?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

1. Intel AlderLakeはTigerLakeのXeと同じで、第14世代まで使用されます。
---
2. 一部のメーカーでは、intelから12vo搭載のマザーボードを1枚以上「作れ」と言われているが、「発売しろ」とは言われていない。 (笑)大爆笑

Alder LakeデスクトップCPUのサポートを特徴とするZ690マザーボードは、この新しい規格を採用する予定でした。

この規格は、アイドル時の電力を半分に減らすことができるとされていますが、全負荷時に電力が増加するため、電力効率の向上はそれほど顕著ではありません。

ATX12VOを動作させるには、適切なPSUと必要な電源コネクタを備えたマザーボードが必要になります。

これは既存のユーザーにとってはあまりにも大きなアップグレードであり、マザーボードメーカーがこの規格の採用を断念している多くの理由の1つであると考えられます。

また、インテル社は、各マザーボードメーカーに対して、ATX12VO規格に対応したマザーボードを最低1枚製造することを義務づけていたと言われています。

このため、いくつかのボードメーカーは、ボード自体に適切な実装をするのではなく、12VO-24ピンのアダプターボードをバンドルすることを余儀なくされています。マザーボードメーカーの関係者は、インテルは少なくとも1枚のATX12VOマザーボードを作ることを強制しているが、それをリリースすべきだとは言っていないと述べている。

ATX12VOボード自体は、現在のところ、MSI Z590 PROやASRock Z590 Phantom Gaming 4SRなど限られた選択肢しかありません。

MSIは、先月のInsiderビデオでZ590 PRO 12VOのデモを行いましたので、以下をご覧ください。

第12世代Alder Lake CPU向けインテル600シリーズ・プラットフォーム

インテル600シリーズ・プラットフォームは、Z690、B660、H610の各SKUで構成されます。

ワークステーション用のチップセットについては言及されていませんが、それは後ほど登場するかもしれません。

発売時期については、フラッグシップモデルであるZ690を最初に市場に投入し、2021年第4四半期を目指しています。

また、DDR5メモリが店頭に並ぶのもその頃になるでしょう。また、インテル600シリーズのプラットフォームは、こちらでお伝えしたように、PCIe 5.0に準拠します。

インテルは今後、600シリーズのプラットフォームを拡大し、B660やH610などのメインストリームおよびエントリーレベルのSKUを提供する予定です。

これらのチップセットは、2022年第1四半期頃の発売を目指しており、CES 2022の頃に発表されると予想されます。

すべてのマザーボードにはLGA 1700ソケットが搭載され、第12世代のAlder Lake CPUをサポートしますが、Z690マザーボードだけはDDR5をサポートする可能性があり、エントリーレベルのオプションは少なくとも第1世代ではDDR4に留まるかもしれません。

ソース:wccftech - Intel Z690 Chipset Motherboards For Alder Lake CPUs To Retain 24-Pin Connectors

 

 

 

 

解説:

ATX12VOについてもっとよく知りたい方は

インテルがATX12VO仕様で電源の未来を変える理由

を参考にしてください。

 

電源が絡む問題は扱いが難しくなる

Intelが推進するATX12VOはAlderLakeで全面的に普及させる予定だったようですが、どうも暗雲が立ち込めているようです。

Intelはマザーボードメーカーに1枚は作るように言っているようですが、メーカーの方はあまり乗り気ではないようです。

理由はやはり、ATX12VOにすると、マザーボードと電源両方を買い替える必要があるからでしょう。

従来型の電源を使うには変換コネクタではなく追加のボードが必要なようで、すると、5Vを出す必要があってただでさえ高くなるマザーボードがさらに高くなるということになります。

電源メーカーにとってはATX12VO対応電源は安く出来るので歓迎ですが、対応製品が少なければ結局は売れませんので乗り気にはなれないでしょう。

もちろんですが、ATX12VOを従来型のマザーに使うのは無理です。(難しいです。)

折角外した3.3Vや5Vをわざわざつけるというのはコスト的なメリットが消滅します。

それと言うのも電源と言うのはあまり注目を浴びないパーツですので、好んで一番安いものを使う人もいるからです。

そのようなパーツには出来るだけお金をかけたくないという人は結構多いのではないでしょうか。

一方でATX12VOで電源の負担が軽くなるわけですが、その負担はマザーボードが負うことになります。

コストはどうしても高くなりますので、移行はなかなか難しくなるということになります。

電源のためにマザーボードが高くなることを許せる人は少ないのではないかと思います。

これは思い切ってOEMから順次切り替えていき、ATX12VOの市場を膨らませ、ある程度の規模になるのを待つしかないのではないかと思います。

皮肉なことにMacは既にATX12VO化されていると言われています。

電源はPCの性能に直接影響を及ぼさないパーツであるだけに、ここを大きく変えるのは難しいと言わざるを得ません。

いっそ、ストレージがM.2 SSDのみになったり、SATAの規格が大きく変わって12Vのみになればまた話は違ってくるのかもしれませんが。

昔はIntelが要求すれば、ほぼ命令として多くのメーカーが従ったものですが、ここまで影響力が落ちるというのは隔世の感があります。

Appleが出したM1Macが大ヒットしているのも影響しているのかもしれません。

 

 

 

 

 

-その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.