その他

Appleはディスプレイ下のTouch IDを搭載したiPad Air、ARMベースの12インチMacbookに取り組んでいます

投稿日:

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

非の打ちどころのない実績を持つ匿名のリーカーによると、Appleはディスプレイ下のTouch IDを備えたiPad Air、ゲームコントローラー、AirPods Lite、ARMベースの12インチMacBook、AirPods X、HomePod miniなどに取り組んでいます。

これらのリークは、MacRumorsによって発見された誰よりも前に、Apple製品とソフトウェアのリークに関してかなり正確な匿名のTwitterアカウントの好意によるものです。

この情報提供者は、iPhone SEのリリース日を、誰よりも早く、その色とストレージのバリエーションとともに正しく確認していました。

2020 iPad Proの発売時期もこのアカウントから正しくリークされました。

リーク情報提供者は、たった1回のツイートでAppleの今後一年半のラインナップを明らかにした。

これらの製品には、第3世代AirPods、AirPods X、AirTags、Apple TVリフレッシュ、iMacリフレッシュ、HomePod mini、および4つの新しいiPhone 12モデルが含まれます。

これらの製品のほとんどは、他のソースからも確認されています。

翻訳

一般的なレイアウトは次のようになります。
airpods 3lite
Apple TV
airtag
iPhone9 A13
imac
macbook 12ARM
Mac mini
ipad pro 11 12.9 tof
airpods Xヘッドフォン
ワイヤレス充電パッド
homepod lite
ipad air4フルスクリーン11インチ指紋認証付き
ipad 2020 A12
ゲームパッド
iPhone12 lite
iPhone12 6.1
iPhone12Pro6.1
iPhone12Pro6.7

Appleが2021年までにARMベースのMacBookを発売する予定であると以前に報告されています。

MacBookは、そのパフォーマンスで有名なApple独自のカスタムAシリーズプロセッサを搭載しています。どのMacBookが最初にAシリーズプロセッサを入手するかは不明でした。

リーク情報提供者によると、それは昨年打ち切られた12インチMacBookになります。

考えてみると、Appleは独自のARMプロセッサを搭載したファンのない12インチMacBookを復活させるかもしれません。Intelのx86プロセッサと比較して、パフォーマンスと温度が優れているからです。

ミニLED画面やディスプレイ下のTouch IDセンサーの可能性など、これまで他のソースと共有されていなかったリーカーからのiPad Airの詳細。

iPad AirがiPad Proの代わりにmini-LEDスクリーンを手にした最初のApple製品であるとしたら、それは驚くべきことです。

さらに興味深いのは、Appleの戦略にはFace IDとTouch IDの両方が将来のハイエンドデバイスに含まれる可能性があるのに対し、低から中距離のデ

バイスにはディスプレイ下のTouch IDのみが含まれるということです。

これは、Appleがディスプレイの下のTouch IDを決してあきらめなかったという以前のレポートに基づく仮定にすぎませんが、製品のパフォーマンスに満足していないため、リリースされませんでした。

翻訳

新しいiPad AirはミニLEDスクリーンを使用します。FaceIDではなく、ノッチのないフルスクリーンが付属していますが、画面の下にTouch IDがあります

このアカウントには、Appleが独自のゲームコントローラに取り組んでいるとも書かれている。

これは、Appleが新しいApple TVで発表したい種類の製品です。

iOS 13とiPadOS 13では、AppleはXboxとPlayStationコントローラーのサポートをiPhone、iPad、Apple TVに追加したため、コントローラーに複数の目玉機能がない限り、会社にとっては売りではありません。

翻訳

Appleは独自のゲームコントローラーを開発しています

iPhone 12の4つのモデル、5Gネットワーキングサポート、14チップ、小さいノッチ、ディスプレイサイズ、iPad Proのようなデザイン、ネイビーブルーのカラーバリエーション、カメラも同じアカウントから報告されています。

これらは多かれ少なかれ、他の情報源によっても確認されています。

 

翻訳

D53GはiPhone11のアップグレードバージョンです。 iPhone11と同じ素材で作られています。 LCD 6.1インチスクリーンとダブルカメラ、A14 cpu、フェイスID、小さいノッチ

 

翻訳

D54Pは最高のもので、iPhone11pro MAXのアップグレードバージョンで、画面も古いものより大きく、6.7インチAMOLED画面、3台のカメラ+ TOF、A14 CPU、顔のID、小さいノッチ

このアカウントはまた、一部のApple製品およびコンポーネントが遅延していることも報告しています。これは、コロナウイルス関連のサプライチェーンの減速が原因である可能性があります。

これらの製品およびコンポーネントには、TSMCのiMacおよびA14チップが含まれます。

さまざまなソースがApple製品に関する情報を漏えいしていますが、会社はいつでもその計画にぎりぎりの変更を加えることができます。

確かなことが1つあります-パンデミックにもかかわらず、Appleはすべての製品カテゴリーにわたって新しい発売を控え、忙しい1年を迎えています。

ソース:wccftech - Apple Is Working on iPad Air With Under-Display Touch ID, ARM Based 12-Inch Macbook & More

 

解説:

AppleはmacbookにARMを搭載する。

ついにmacbookのARM版について具体的な製品の情報が出てきました。

当然ですが、デスクトップ版のmacにもARM SoCが搭載されるようになると思われます。

現在Intelの製造プロセスの立ち上げに手間取っていることも考え合わせると、弱り目に祟り目となります。

 

ノートPCとデスクトップPCにARMが搭載され、それなりのボリュームで出荷される意味

macはタブレットと違い、ノートPCもあり、当然デスクトップ版もあります。

ノートはともかく、デスクトップ版のmacはATX、MicroATX、Mini-ITXのいずれかフォームファクターを採用する可能性が非常に高いです。

まあ、独自に設計するかもしれませんが、Intel版macも中身はATXでしょう。

ARMになっても主にコストの面でレイアウトを変更するメリットはほとんどないと思います。

また、HuaweiもATXやMicroATXのARM搭載マザーボードを販売する予定です。

現在WindowsにもARM版があります。

ゲーミングPCの世界では依然としてx86-64 一強であり、主にオーバーヘッドの関係で自作向けARMが出ても猛威を振るう可能性は低いと思われます。

しかし、ライセンスの関係でARMならばどこのメーカーも比較的自由に製造・販売することができます。

問題はゲームなどのソフト(アプリ)側だけですが、これからWindows(ゲーミングPC)もARM化に舵を切っていく可能性はあるのではないかと思います。

おりしも、Intelが製造プロセスの立ち上げに苦心して製品の進化が遅れています。

こうしたことを考えるとこれから一波乱起きる可能性はあるのではないかと思います。

まあ、私としてはARMになったほうがいろいろなメーカーが参入してきて面白くなりそうだというのもあります。

nVidiaがプラットフォームホルダーに復帰すれば往年のnForce復活もあるやもしれません。(笑

ここにきて、2000年代までに猛威を振るったWintelと呼ばれる仕組みが急速に崩れつつあるのは注目すべき事柄だと思います。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.