CPU情報

インテルはAlder Lake K(KF)シリーズとZ690チップセットのみを今年中に発売し、残りは2022年のCESで発表する

更新日:

インテル第12世代Core Alder Lakeは、今年はロック解除版しか発売されない

Igor Wallossek氏の新しいレポートによると、インテルは第12世代のコアK(KF)シリーズを第4四半期にのみ発売する予定で、残りの製品は早くても来年には登場しないとのことです。

インテルは、第12世代コアSシリーズとして知られるAlder Lake製品の発売を10月25日から11月19日の間に急いでいると言われています。

これは、インテル社のCEOであるパット・ゲルシンガー氏がすでに発表しているインテル社のイノベーションイベントの直後にあたります。

さらに、インテルはKシリーズおよびKFシリーズのプロセッサーと、マニア向けのZ690チップセットのみを発表すると言われています。

インテルは2022年のCESで、残りの第12世代CoreスタックとH670、B660、B610チップセットを搭載したマザーボードを発表する予定だと言われています。

これは、Kシリーズ以外の製品の発売が遅れるという話を聞くのは2度目です。この噂は、約2ヶ月前にMoore's Law is Deadで共有された情報と一致するようです。

Alder LakeのIntel ATX 12VO規格について

マザーボードベンダーは、インテルの新しいATX 12V規格の実装に乗り気ではないという報道がありました。

原理的には、既存の24Vコネクターのサイズを縮小し、特定のシナリオで消費電力を上げることができます。これらの報道では触れられていないが、インテルは実際に600シリーズのチップを低価格で販売しているが、それはマザーボードメーカーが12VOバージョンに採用してくれる場合に限られる。

Z690 24Vマザーボードのほとんどはすでに確定しているが、ATX12VOに対応したいくつかのサブモデルを発売する計画がある。

Intel 7ノードでのIntel Alder Lake

Intel Acceleratedイベントにおいて、同社は10nm Enhanced SuperFinノードをIntel 7に改称することを確認した。

このノードは、Alder Lakeのコンシューマー向けCPUのほか、データセンター向けのSapphire Rapids(後にはハイエンドデスクトップ市場向けの可能性もある)に採用される予定だ。

インテルは、トランジスタのワット効率に対する性能が10~15%向上したことに加え、新しいインテル7のトランジスタでは、電力配分の改善、ソース/ドレイン・ドーピングの最適化、抵抗の低減を行うことを明らかにしました。

これは、10nm SuperFinノードとの比較です

Intel 7 Node, ソース: Intel

 

第12世代のCoreシリーズは、新しいLGA1700ソケットを必要とし、そのために新しいマザーボードが必要となります。

また、来年発売予定のAlder Lakeの後継機種であるRaptor Lake-Sにも対応する可能性があります。

なお、コードネーム「Meteor Lake」と呼ばれる第14世代Coreシリーズがこのソケットに対応するかどうかについては、残念ながらIntel社はコメントしていません。

インテル第12世代Coreシリーズ(Alder Lake-S)

コア数/
スレッド数
コアタイプ1-2コア
ブースト
全コア
ブースト
TDP
i9-12900K 8C+8c/24TP-Core (Big) 5.3 GHz 5.0 GHz 125W
E-Core (Small) 3.9 GHz 3.7 GHz
i7-12700K 8C+4c/20TP-Core (Big) 5.0 GHz 4.7 GHz 125W
E-Core (Small) 3.8 GHz 3.6 GHz
i5-12600K 6C+4c/16TP-Core (Big) 4.9 GHz 4.5 GHz 125W
E-Core (Small) 3.6 GHz 3.4 GHz

ソース:Videocardz.com - Intel only to launch Alder Lake K(F) series and Z690 chipset this year, the rest coming at CES 2022

 

 

 

解説:

今年11月に発売されるのはCore i9-12900K/KF、Core i7-12700K/KF、Core i5-12600K/KFのみか?

マザーボードはZ690のみとなり、高性能モデルを求める一部の自作ユーザー向けを対象とした「祭典」となるようです。

残りの通常モデルはCES2022で発表した後、発売となるようで、細かい発売時期はハッキリしていません。

選別品であるK/KFが販売できるだけのまとまった量を確保してあるということはもっと数が多いと思われる選別落ち品もそれなりに数が溜まっていると思いますので、早々に発売されると思いますが、時期は明言されていません。

1-3月期は世界的にみると、かなりPCの販売が落ち込む時期ですので、あまり急がない可能性も大だと思います。

何もなければ1月中に発売されると思います。

特に、今回のAlderLakeに関してはIntelも自信を持っていると思いますので、恐らく発売時期によって売り上げに影響が出るとは思ってないのではないかと思います。

マザーボードはZ690のみです。こちらは恐らくDDR5対応のみのマザーボードだと思われます。

Alderlake+DDR4でコスパを追及したい方は来年になると覚えておいた方が良いでしょう。

もう一つの注意点はPL2は228Wあり、回すとかなり発熱しますので、簡易水冷かNucutua、Cryorig、Thermalrightといったメーカーのハイエンドクーラーを組み合わせたほうが安心できるでしょう。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.