CPU情報

インテル Alder Lake & Raptor Lake CPUの噂 - 第12世代はデスクトップ「K」およびモバイル「HX」シリーズで最大16コア、第13世代は最大24コア

更新日:

intelの次世代CPUファミリー「第12世代Alder Lake」と「第13世代Raptor Lake」のデザイン、スペック、発売に関する最新情報をMoore's Law is Deadが発表しました。

今回の情報は、過去数回のハードウェアの発表で高い精度を示してきたMLIDの信頼できる情報源からのものであり、これは一見の価値があります。

Intelむ第12世代Alder Lakeおよび第13世代Raptor Lake CPUの噂 - Alderは最大16コア、Raptorは最大24コア、両方ともLGA 1700デスクトップ互換、「HX」エンスージアストノートブックチップ

さて、詳細を説明する前に、これらの情報の多くは、これまでの噂やリーク情報ですでに確認されているものですが、さらに多くの情報が追加されていることを指摘しておきましょう。

Intelの第12世代CPU「Alder Lake」のすべて

Intelは、公式スライドの中で、Alder Lakeを「Breakthrough CPU Architecture」と呼んでいます。第12世代CPUは、シングルスレッドで20%、マルチスレッドで2倍の性能向上を実現するとしています。

IntelのAlder Lakeは、現在のTiger Lake CPUの製造に使用されている10nm SuperFinプロセスノードをさらに改良・最適化した、新しい10nm Enhanced SuperFinプロセスノードで製造される最初のCPUとなります。

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

Alder LakeのCPUは、従来のCPUに比べて2倍の性能を、同じかさらに低い消費電力で実現することが期待されています。

IPCに関しては、Golden Coveコアでは20%の向上(シングルスレッド)、Gracemontコアでは命令セットの更新によりSkylakeコアよりも十分な向上が期待されます。

以下は、インテルの2021年のアーキテクチャー・ラインナップから期待されるアップデート内容です。

Intel Golden Cove(コア)アーキテクチャ:

  • シングルスレッド性能(IPC)の向上
  • 人工知能(AI)の性能向上
  • ネットワーク/5Gパフォーマンスの向上
  • セキュリティ機能の強化

Intel Gracemont(Atom)アーキテクチャー:

  • シングルスレッド性能(IPC)の向上
  • 周波数(クロックスピード)の向上
  • ベクトル性能の向上

intelのデスクトップCPU「Alder Lake」のキャッシュサブシステムの正確な内訳は以下の通りです。

GoldenCove Core:

  • 32KB(L1I)/コア
  • 48KB (L1D) 各コア
  • 1280 KB (L2) 各コア
  • 3072 KB (L3) 各コア

Gracemont:

  • 64KB(L1I)/コア
  • 32KB(L1D)×1コア
  • 2048 KB (L2) x 4 コア
  • 3072 KB (L3) x 4 コア

Intel 12th Gen Alder Lake CPU Rumored Information (Credits: MLID)です。

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

インテルは、スライドの中でAlder Lake CPUの主な特徴を強調しています。

例えば、Willow Coveの後継であるGolden Coveコアと、次世代AtomアーキテクチャーであるGracemontコアの両方を含むハイブリッドコアデザインを採用しています。

Golden Coveコアは、CPUの大きなコアとして機能し、同時マルチスレッドに対応しますが、Atomコアは非SMT設計を採用します。

コア自体の新機能としては、ハードウェアガイドによるスケジューリング、設計の最適化、エネルギーを考慮したコアパーキングなどがあります。

I/Oに関しては、第12世代Alder Lake CPUのラインナップは、PCIe Gen 5とPCIe Gen 4の両方をサポートし、Intel WiFi 6E (Gig+)、Thunderbolt 4をサポートしています。

メモリについては、Alder Lake CPUは、デスクトップ・プラットフォームではDDR5/DDR4、モビリティ・プラットフォームではLPDDR5/LPDDR4と、幅広い選択肢が用意されています。

また、Alder Lakeデスクトップ・プラットフォームでは、電源コネクタにATX12VO規格を採用する予定です。

ラインナップとしては、インテル Alder Lake CPUは、「K」シリーズのデスクトップと「HX」シリーズのモビリティのラインナップで最大16コアを提供すると予想されます。

また、最大6コアの「S2」セグメント、最大14コアのモバイル向け「P1」、10コアのモバイル向け「P2」、最後に合計10コアのモバイル向け「M」セグメントが用意される。具体的な構成は以下の通りです。

Intel Alder Lake-Kシリーズ SKU

Alder Lake-S CPU 8+8 CPU SKUを見ると、8つのGolden Coveコアには32KB(L1I)と48KB(L1D)のキャッシュが搭載されるようです(1コアあたり)。

また、各コアには1280KBのL2キャッシュが搭載され、合計で10MBのL2キャッシュとなり、L3キャッシュは1コアあたり3072KB、合計で24MBとなります。

Gracemontコアに目を移すと、各コアには64KB(L1I)と32KB(L1D)のキャッシュが搭載されています。

L2キャッシュとL3キャッシュは、それぞれ4つのGracemontコアで構成される2つのスライスに分割されます。

L2キャッシュは2048KB(L2合計4MB)、L3キャッシュは3072KB(L3合計6MB)となります。これにより、L3キャッシュは合計30MB、L2キャッシュは14MBとなります。

具体的なSKUについては、Alder LakeのCore i9 SKUは16コア、24スレッド、Core i7 SKUは12コア、20スレッド、Core i5 SKUは10コア、16スレッドとなります。

これらのチップは、2021年10月25日頃にNDAが上程されると噂されており、ハロウィーンの頃に発表される予定です。

さらに、インテルは2022年第1四半期にAlder Lake-SのAシリーズCPUを、非KのCore i9、Core i7、Core i5の各SKUで提供する予定です。

Core i9とCore i7のコア構成はKシリーズと変わりませんが、Core i5は6コア12スレッド(Gracemontコアを除く)にまで削減されます。

Core i5は6コア12スレッド(Gracemontコアを除く)、Core i3はクアッドコア8スレッド(Gracemontコアを除く)となります。

  • Intel Core i9 K-Series (8 Golden + 8 Grace) = 16コア/24スレッド
  • Intel Core i7 Kシリーズ (8 Golden + 4 Grace) = 12コア / 20スレッド
  • Intel Core i5 Kシリーズ(6ゴールデン+4グレース)=10コア/16スレッド
  • Intel Core i9 Aシリーズ(8ゴールデン+8グレース)=16コア/24スレッド
  • Intel Core i7 Aシリーズ(8ゴールデン+4グレース)=12コア/20スレッド
  • Intel Core i5 Aシリーズ(6ゴールデン+0グレース)=6コア/12スレッド
  • Intel Core i3 Aシリーズ(4ゴールデン+0グレース)=4コア/8スレッド

Intel Alder Lake-Pシリーズ SKU

インテル Alder Lake Pシリーズは、U15、U28、H45を搭載しています。

U15、U28、H45、H65の定格電力はそれぞれ15W(12/20W)、28W(20W)、45W(35W)、65W(45W)となっています。U15シリーズは、最大2つのビッグコアと最大8つのスモールコアを搭載します。

U28シリーズは、最大6個のビッグコアと最大8個のスモールコアを搭載します。

H45シリーズは、最大6つのビッグコアと最大8つのスモールコアを搭載します。Uシリーズは、Tiger Lakeプロセッサーを搭載したメインストリームおよびパフォーマンスノートパソコンに搭載される予定です。

Uシリーズは、Tiger Lakeプロセッサーを搭載したメインストリームおよびパフォーマンスノートPCに搭載される予定です。

Hシリーズは、ポータブルゲーミングノートPCに搭載されているTiger Lake-H35の直接の代替品となるようです。

最後に、フラッグシップパーツである「HX」は、フラッグシップモビリティのパフォーマンスをエンスージアスト向けノートPCに提供する予定です。

これらのチップは、PCHとCPUが同じBGAパッケージに搭載されており、今年初めから市場に投入されているAMDの「HX」ラインナップに対抗します。

Intel Alder Lake-Mシリーズ SKU

intel Alder Lake Mシリーズは、M5シリーズとU9シリーズを搭載し、それぞれの定格電力は5W(最大7W)と9W(最大12W)となっています。

M5シリーズは、1つのビッグコアと最大4つのスモールコア、最大64個のグラフィックス実行ユニットを搭載しています。

U9シリーズは、最大で2つのビッグコアと8つのスモールコア、最大で96個のグラフィックス実行ユニットを提供します。

スライドでは、これらがタブレットや超薄型ノートPCに採用されることが示されています。

Intelの第13世代Raptor Lake CPUについて現在判明していること

インテルは、Alder Lakeの刷新ラインナップとして、第13世代となるRaptor Lakeを準備しています。

このラインナップは、あらゆる面でAlder Lakeを強化したものになると予想されます。

まず重要なのは、「Raptor Cove」と呼ばれる新しいコアで、Golden Coveコアにいくつかの改良を加えたアップデート版となっています。

これまでに判明していることを説明すると、Intel Raptor LakeのCPUはAlder Lakeに取って代わることになりますが、Rocket LakeからAlder Lakeに移行したような大きな変化はありません。

Alder Lakeの第12世代CPUは、10nmのEnhanced SuperFinプロセスを採用しながら、ハイブリッドコアの設計手法を採用した初めてのインテル製CPUとなります。

また、DDR5とPCIe 5.0をサポートする新しいプラットフォームが採用されます。

Raptor Lakeは、基本的にこれらの機能のほとんどを継承しつつ、プラットフォームとコアの変更で若干のアップグレードを行います。

デスクトップ向けのIntel Raptor Lake製品については、コア性能を向上させるために、新しいハイブリッドCPUコアの変更が行われるとされています。

パフォーマンスの大きなアップグレードは、Alder LakeのGolden CoveコアよりもIPC、クロック周波数、ワットあたりのパフォーマンスが向上するとされる新しいコアによるものです。

コアアーキテクチャ以外の大きなアップグレードの1つは、コア数です。

ここでインテルは、Alder Lake世代の大型コア(Raptor Cove)の数を維持しつつ、小型コア(Gracemont)の数を増やすことを計画しています。

Raptor Lakeのチップには、8個のRaptor Coveコアと16個のGracemontコアが搭載され、マルチスレッド性能の向上に大きく貢献するとされています。

また、ゲーム用のCPUキャッシュについても言及されており、これはAMDが独自に開発したゲームキャッシュに対するインテルの回答になるかもしれません。

Raptor Lakeに搭載されている組み込み型のDRAMキャッシュになるのか、それともL2/L3の設計を強化したものになるのかはまだわかりませんが、ゲームのパフォーマンスが大幅に向上することは間違いなく、AMDのRyzen CPUが提供する3D Vキャッシュテクノロジーによる絶対的な大規模キャッシュに対抗できるようになるでしょう。

Intel 13th Gen Raptor Lake CPU Rumored Information (Credits: MLID):

また、Intel vProテクノロジーは、機能面でも拡張されます。

デスクトップ向けのRaptor Lake CPUは、DDR5-5600 MHz+のメモリを利用し、最大48本のPCIe Gen 5レーンを備えていますが、モビリティモデルでは、新しいLPDDR5Xメモリをサポートし、新しいDLVR電力供給システムも搭載されます。

Raptor Lakeシリーズは、来年発売予定で、AMD社のZen 4搭載Ryzen「Raphael」デスクトップCPUと直接対決することになります。

IntelのデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(2nd Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(3rd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(4th Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(5th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(6th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(7th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/16未確認500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
10nm?16/24未確認600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021Q4
Raptor Lake
(13th Gen)
10nm?未確認未確認700-Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?
Meteor Lake
(14th Gen)
7nm?未確認未確認800-Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2023?
Lunar Lake
(15th Gen)
未確認未確認未確認900-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2024?

ソース:wccftech - Intel Alder Lake & Raptor Lake CPU Rumors – 12th Gen With Up To 16 Cores on Desktop ‘K’ & Mobility ‘HX’ Series, 13th Gen With Up To 24 Cores

 

 

 

解説:

「AlderLakeはコア数ではRyzen 9と同じでもマルチスレッド性能とスレッド数では負けている」

わかりました、こうですか? RaptorLake高性能コア(Core)8、高効率コア16(Atom)

違う、そうじゃない。

 

と言うことが実際に起きそうです。

純粋に性能を考えずにマーケティング上のことだけを考えるならば、上で正解だと思います。

しかし、AlderLakeにハイブリッドを採用したのは「8コア以上あっても現状はあまり使わないから」と言う理由だったのではないかと勝手に思っていたのですが、ほとんど100%、コア数とスレッド数で負けないための見かけ上の都合っぽいです。

RaptorLakeではあまり意味のないっぽいAtomを8コア増やして16コアにして24コア32スレッドにするようです。

確かにこれなら、コア数とスレッド数「だけ」なら現行のRyzen 9 5950Xにも負けないでしょう。

Atomに全く意味が無いとは思いませんが、ゲーム用のCPUとしてはほぼ無意味と言っても過言ではないと思います。

正直、Atomは4コアで十分ではないかと思います。

4コアでsvchostなどの裏で動いているサービスを可能な限り担当し、高性能コアを完全にフリーにするという動作ならベンチマークのシングルスレッド系でも良い数字が出るでしょうし、実際にユーザーがベンチを取ってもレビュアーの出す数字と同程度になりやすいのではないかと思います。

しかし、そう言う実際に使ってどのように感じるか?のようなものはあまり重視しているようには見えません。

まだ決まったわけではありませんが、先のことを知れば知るほど、Intelのハイブリッドに幻滅していく自分がいます。

こういう仕組みのハイブリッドはAMDも採用してほしくはありませんし、出来れば無くなって欲しいです。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.