電源について

インテルは、安価なAlder Lake-SマザーボードでATX12VO規格が普及することを望んでいる

投稿日:

Alder Lake-SのマザーボードにはATX12VO規格のものも?

IntelはAlder Lake-Sで電力効率の高い新しいATX12VO規格をより広くサポートすることを期待していますが、マザーボードメーカーも電源メーカーも熱心に参加していません。

ASRock Z490 Phantom Gaming 4SRマザーボードのATX12VOコネクタと24pinの比較、出典:Linus Tech Tips

Single Rail Power Supply Desktop Platform Form Factor ATX12VO」という電源規格は、通常のデスクトップ用電源の電力効率を高めることを目的としています。

いくつかの独立したテストでは、電力を半分に減らすほどの電力効率が得られるという結果が出ていますが、これはシステムがアイドル状態のときだけです。

ATX12VO規格では、システムに高負荷がかかっている状態では、同じような電力効率の向上は望めません。

新しい規格では、新しい10ピンの電源コネクタを備えたマザーボードと、それに対応した電源が必要です。

後者は12V以外の電源レールを搭載しないため、12Vより低い電圧や高い電圧は、電源ではなくマザーボード自身が直接変換する必要がある。これはマザーボードの複雑さを増すことになる。

私たちは、Alder Lake-SマザーボードのATX12VO規格の状況を簡潔にまとめた匿名の情報を受け取りました。

マザーボードメーカーや電源メーカーがATX12VOを採用するプロセスの概要を説明しています。

Alder Lake-Sの登場に合わせてATX12VO互換機を提供しようとすれば、今月末までにOEMやODMを手掛けなければならないことを確認しています。

これは、9月がそのようなデバイスを市場に送り出すための最後の瞬間であることを意味しています。

600シリーズマザーボードのATX12VO規格、提供:VideoCardz

 

マザーボードベンダーの関係者に確認したところ、インテルはATX12VOの普及に関心を持っているが、現在はマザーボードメーカーや電源メーカーから強い反対があるという。

Alder Lake用のハイエンドゲーミングボードの多くは、ATX12VO規格を採用しないと思われます。

しかし、政府の厳しい電力規制を満たすために最高の電力効率を提供することに関心のあるシステムインテグレーターやプリビルドシステムのサプライヤー向けに、エントリーレベルのマザーボードが多く登場するかもしれません。

ソース:Videocardz.com - Intel wants ATX12VO standard to be more popular with cheap Alder Lake-S motherboards

 

 

 

解説:

Intelが推進する電源の新規格ATX12VO

Alder Lake-SからIntelは電源を新しく変更して従来は24ピンだった規格を10ピンに変更したいと思っているようです。

ATX12VOに関しては私もノーマークだったので、新しく記事を上げる予定ですが、Intelのやる気に反してAIB各社や電源メーカーはあまり積極的ではないようです。

ゲーマー向けの高級マザーボードはあまり積極的ではなく、逆に各国のエネルギー規制をクリアする必要のあるビジネス向けの安価なマザーボードの方が積極手に気取り入れる予定のようですね。

「あー、また電源買いなおしかあ」と思わないではないですが、時代の進歩に伴って新しい規格が出るのは仕方ないのかなと思います。

ATX12VOのメリットとデメリットに関してはこちらに記事を上げています。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-電源について

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.