GPU情報 電源について その他

PSUメーカーは、NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズアンペアグラフィックスカード用の12ピンマイクロフィットコネクタを準備しました

投稿日:

先月、NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードが、フラッグシップのゲーミンググラフィックスカードの高電力消費を容易にするために、新しい電源インターフェースを使用しているという噂を耳にしました。

現在、ある大手PSU OEMがNVIDIAの12ピンPCIeモレックス電源コネクタアダプタの写真を投稿しているので、これは確認できます。

Seasonicは、次世代NVIDIA GeForce RTX 30 Founders Editionグラフィックスカード用12ピンMicro-Fit 3.0電源コネクタアダプタの写真を掲載しています。

中国メディアポータルBilibili(via HXL @9550pro)にSeasonicが投稿した写真には、NVIDIAの12ピンPCIe Molex Micro-Fit 3.0コネクタが入った箱が写っています。

モレックスコネクタはダンボール箱の中に入っており、PSUから直接2つの8ピンコネクタを利用する12ピン電源コネクタアダプタが入っています。

2x 8-pin to 1x 12-pin 電源コネクタの長さは 750mm で、ほとんどのハイエンドシステムには十分な長さです。

Seasonicは、この12ピンコネクタケーブルを使用した場合の電源定格を850W以上としています。

そのルックスからすると、ハイエンドのNVIDIA GeForce RTX 30シリーズのグラフィックスカードは、2つの8ピンコネクタから電力を引き出していることを考えると、1つの12ピンコネクタを搭載しているだけで、最大電力引き出し量は約300W(8ピンコネクタあたり150W)になるようだ。

PCIeインターフェース自体は、グラフィックカードに75Wの電力を供給します。

我々が知らないのは、Seasonicや他のPSUメーカーがどのようにしてこれらのアダプタを供給することを目指しているのかということだ。

確かに、すべての新しいPSUにはケーブルが同梱されるが、すでに既存のPSUを使用しているユーザーは、Founders Editionのグラフィックスカードと一緒に出荷されない限り、あるいは出荷されるまで、ケーブルを別途購入しなければならないかもしれない。

Seasonicの公式アカウントによると、12ピンコネクタはNVIDIAが内部テストのために積極的に使用されており、12ピンアダプタの仕様が異なるため、各メーカーのPSUの仕様に合わせなければならないため、グラフィックスカードメーカーが独自にアダプタを出荷しようとしている可能性は低い。

12V 12ピンコネクターの設計図が提供されており、一見すると、従来の2x6ピンコネクターを一緒に接続したように見えます。

コネクタは、幅19mm、ピッチ3mmのモレックスマイクロフィットシリーズの電源コネクタに似ています。

これは、現在のPSUが提供している2つの6ピン電源コネクターと同じ幅だが、mini-Fit 5556コネクターの6Aに対し、8.5Aの電流容量を提供している。

完璧な効率率であれば、ミニフィットは600ワットの電力を供給することになるが、必ずしもそうとは限らず、実際にGPUに供給される電力は6アンペアで約400ワットである。従来のコネクタの第一のボトルネックは、ピンの20AWG仕様です。

また、Founders Editionのデザインは、20以上のパワーチョークを搭載すると予想されており、フラグシップではないRTX 20シリーズのカードよりもプレミアムなデザインとなっています。

ファウンダーズエディションのカードは12ピン電源コネクタを備えているが、カスタムデザインは以前のリークで見られたように、標準の8ピンと6ピンコネクタを使用することになる。

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで9月1日に発表される見込みだ。

このイベントでは、少なくともGeForce RTX 3080 Ti(またはRTX 3090)、GeForce RTX 3080、次世代のTitanを含む3つの新しいグラフィックカードが発表されると予想されています。

Ampere GPUについては、間違いなくもっと多くの情報があると思いますが、もっと多くの情報が来るまで待たなければなりません。

ソース:wccftech - PSU Makers Ready 12-Pin Micro-Fit Connectors For NVIDIA’s GeForce RTX 30 Series Ampere Graphics Cards

 

解説:

SeasonicがnVidia12Pの電源ケーブルを用意している。

この電源ケーブルを使用する場合、850W以上の電源を使うことが推奨されるようです。

電源側は二つ分の端子を使用し、それを一つのnVidia12Pに変換するという仕様のようで、長さは75cmです。

600W迄電源が供給できるようですが、電源ケーブルの仕様によって制約を受け6A・400W迄となるようです。

※ 原文にある20AWGと言うのはアメリカで使われている電源ケーブルの電線部分の導体の太さの単位です。

 

私は特定メーカーの高品質電源を推奨していますが、こういった規格の変化に対してもサポート用のパーツが発売される可能性が大であり、保証や品質だけでなく、そうした面も考慮にいれておくとよいと思います。

安い電源を使い捨てにしていくのも一つの考え方ですし、否定はしませんが、私はそれがあまり良いとは思いません。

私が推奨しているCorsairやSeaaonicならば、こうしたパーツが出るのは確実です。

まあ、日本での入手性については怪しいですが、それでもないよりはマシでしょう。

ただ、私はnVidiaが勝手に作ったこの12Pと言う規格はあまり好きではないです。

一つは今回も言われている通りのケーブル側の問題と、中華の無名メーカーが出すであろう規格を無視した無茶苦茶な変換ケーブルの問題ですね。

また、一度300Wと言う仕様を超える容量を使ってしまえばメーカー側の歯止めが利かなくなりそうという問題もあります。

「どうせnVidia12Pがあるから、コレ使って300W以上のGPU出しちまえ」みたいな安易な使われ方をされそうで、見てると不安しかないです。(笑

電源周りの問題はケーブルが長時間GPUが要求する電流に耐えられるかどうかも含めて、自作ではかなりクリティカルな部分ですので、「GPUがそれだけの消費電力を要求するので新しい規格を作りました。電源もケーブルも排熱もすべて合わせてください。」と言うのは勝手だなあと思います。

まあ、いずれにしてもRTX3090はかなり要求する環境が高いものになりそうです。

少なくともSeasonicは850W以上を推奨しています。

 

 

-GPU情報, 電源について, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.