GPU情報

AMD、「Radeon RX 6000 RDNA 2」グラフィックスカードの供給と生産の拡大を約束

投稿日:

AMD社のCEOであるリサ・スー博士は、最新の決算説明会において、AMD Radeon RX 6000 RDNA 2搭載ゲーミンググラフィックスカードの生産を強化することを約束しました。

AMDのRDNA 2搭載ゲーミンググラフィックスカードは、発売以来、品薄状態が続いています。

AMD、「Radeon RX 6000 RDNA 2」ゲーミンググラフィックスカードを増産し、供給を拡大

AMDとNVIDIAの両社は、昨年来、深刻な供給問題に直面しています。

その背景には、パンデミックによるいくつかの制約があり、それが生産工程に支障をきたしていることがあります。

TSMCは100%に近い生産能力を持っていますが、それでもGPUメーカーはコンシューマーセグメントの膨大な需要を満たすことができませんでした。

AMD社のCEOであるリサ・スー博士によると、同社はRDNA 2アーキテクチャを採用したRadeon RX 6000シリーズのゲーミンググラフィックスカードの生産を今後数四半期のうちに増加させる見込みです。

また、レッドチームは、Radeon RX 6000 GPUの販売が大幅に伸びると予想しており、小売店への供給が増えることが期待されます。

Radeon 6000シリーズGPUの売上は、生産の増加に伴い、今後数四半期にわたって大幅に増加すると予想しています。

顧客の注文パターンは良好で、バックログも充実しています。また、半導体業界では全体的にサプライチェーンが逼迫していることがわかっています。当社は、サプライチェーンのパートナーと緊密に協力しています。そのため、年間を通じて追加供給の見通しが立っています。

ゲーム機、PCゲーム、あるいはゲームのエコシステム全体の中で、大きな需要があります。そのため、強い需要があると信じており、それに応えるために供給を増やし続けています。

Dr. Lisa Su, AMD CEO

同時に、AMD社のCEOは、現在のRadeon RX 6000ゲーミンググラフィックスカードの需要が供給を上回っていると述べており、NVIDIA社のCEOであるJensen Huang氏からも同様の発言がありました。

業界アナリストは、GPUの供給問題は2021年末まで続くと指摘しており、2022年初頭には正常化すると予想しています。

そうです。コンシューマーグラフィックスやゲーミンググラフィックスの事業は、お話にあったように、実際にうまくいっています。前四半期は2桁の成長を遂げました。RDNA 2の発売にあたっては、非常に慎重な戦略をとりました。

最初は「Big Navi」という製品でスタックの最上位に位置していました。そして今、いくつかの追加製品を導入しています。そして、チャネルからは、より多くのOEMシステムやノートブックビジネスにボードカードを追加したり、バリエーションを増やしたりしています。このように、この分野は当社にとって重要な市場です。

このような進展に満足しています。ゲーマーはこの製品をとても評価していると思います。グラフィックスの需要は、市場全体で非常に高いと言っていいでしょう。そのため、実際にかなりの量の製品を市場に投入していますが、需要はまだ供給を上回っています。

Dr. Lisa Su, AMD CEO

AMDは、2021年第1四半期のグラフィックス売上高が前年同期比(および前四半期比)で2桁の増加となったことを認めました。

Radeon RX 6000 RDNA 2 Gamingグラフィックスカードは、宣伝された希望小売価格で販売されたことはないということを念頭に置かなければなりません。

このカードの価格は、需要の高さから希望小売価格の2倍となっています。

AMD Radeon RX 6900 XTの希望小売価格は999USドルですが、最も安いカスタムモデルは1399USドルで、それがもう何ヶ月も前から在庫切れになっています。

最近では、発売されたGPU「Navi 21 XTXH」が2000USドル以上で取引されるなど、非常に高い水準にあります。

AMDは近々、ノートPC向けにモバイルRX 6000MシリーズのGPUを発表する予定で、これによりデスクトップ向けにゲーミングGPUを提供する能力がさらに低下することになります。

ソース:wccftech - AMD Promises To Increase Radeon RX 6000 RDNA 2 Graphics Card Supply & Ramp Production

 

 

解説:

AMDのCEOリサ氏がNavi2Xシリーズの増産を約束

と言うお話です。

私がこの話を聞いて希望を持てるかと言うと全くもてないかなと言うのが本音です。

AMDは特にマイニング対策などを行う予定はなく、nVidiaの新型ハッシュレートリミッターが成功した場合、Radeonに需要が集中して全く手に入らなくなる可能性もあって、いくら工場をフル稼働して生産しても手に入らない可能性は高いのかなと思います。

いずれにしても中国のマイニング業者が店頭に並ぶ前に高値で現物を買っているのが明らかになっていますので、今のところ有効な対抗策は無いのかなと思っています。

nVidiaの新型ハッシュレートリミッターが成功した暁にはAMDにも採用してほしいところですが、Radeonは数が出てないので難しいのかなと思います。

いずれにしてもマイニングに何らかの規制がかからない限りは根本的な解決は難しいでしょう。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥358,800 (2021/05/16 05:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.