GPU情報

NVIDIAは、GeForce RTX 3060、GeForce RTX 3070&GeForce RTX 3080グラフィックスカードをamp'd upして、ビッグナビ「AMD RDNA 2」GPUに挑戦する

投稿日:

NVIDIAのGeForce RTX 30シリーズは先週発表されたばかりですが、近日中にさらに高速なバリエーションが登場するかもしれないとの報告があります。

最新のレポートは、Kopite7kimi氏が、メモリブーストされたGeForce RTX 3070とGeForce RTX 3080モデルのために受け取ったいくつかの豆知識とともに、AMP'd upのGeForce RTX 3060グラフィックスカードの仕様になる可能性があることをこぼしてくれたことから来ています。

NVIDIAがAMP UP! AmpereベースのGeForce RTX 3060、GeForce RTX 3070、GeForce RTX 3080がAMDのRDNA 2グラフィックスカードのラインナップに挑む

AMP'd Upシリーズの憶測は、NVIDIAがまだグラフィックカードの最終仕様を決めるのが早かった頃のGeForce RTX 30シリーズカードの発売前にまで及んでいます。

発表日前に11/12/20/22GBを含むいくつかのメモリバリエーションのエントリーを見たのには理由がある。予想通り、これらのカードのいくつかは最終的に決定されたが、残りのカードは、少なくともまだ方程式から取り出されていなかった。

それは単純に、他のモデルは、AMDがRDNA 2で計画しているものは全てぶつけるために工夫できるからだ。

「Big Navi」としても知られている即時の競争相手は、現時点ではまったくの未知数だが、NVIDIAはすでに、GeForceのバナーの下でTitanクラスのRTX 3090を提供することで、その上に自分自身をうまく配置している。

だからと言って、後でより良い仕様のTitan製品が出てこないわけではない(NVIDIAがMicronが16Gb GDDR6Xモジュールで準備が整うまで待ちたい場合は、最大48GBメモリまで)。

NVIDIA GeForce RTX 3060(SUPER/Ti)のスペック

では、次は何が出るのだろうか。

確かに、10月にGeForce RTX 3070がリリースされた後でも、NVIDIAのAmpereのラインナップには多くのグラフィックカードを搭載する余地がある。

NVIDIAがRTX 3070の後に発売されるRTX 3060の存在は知られているが、Kopite7kimiによると、このカードは以前に予想されていたよりもはるかに優れたスペックを備えているかもしれない。

ネーミングは「Ti」か「SUPER」のどちらかだと主張されていますが、グラフィックカードはオリジナルのRTX 3060のデザインのAMP'd upモデルと呼ぶことにしましょう。

これら2つのカードは、標準的なモデルと同じ名前を持っていますが、同じような価格設定は全く期待しないでください。

メモリが2倍(16GB)のGeForce RTX 3070は、GeForce RTX 3080の価格に近い価格で終わる可能性があります。

20GBのGeForce RTX 3080は、799ドルから899ドルの間になる可能性があります。

これらの2枚のカードは、最初に発表されたものを置き換えるものではなく、メモリの面でのステップアップと、おそらくより高い価格となり、より良いコアスペックを提供することを意味していません。

NVIDIAが新しいカードのための道を作るために既存のカードの価格を調整しようとしているという噂は真実ではありません。

私たちが得た他の興味深い詳細は、16GB RTX 3070はPG142-10 PCBを搭載しているということです。

これはRTX 3070や上記の噂のRTX 3060と同じPCB SKUです。

私の知る限りでは、カードが2倍のVRAMをサポートするためにPCBを修正する必要があります。

PCBの背面にはデュアルVRAM容量用のはんだ接合部があるはずだが、RTX 3070のリファレンスデザインではそうなっていないようだ。

このように、NVIDIAは、16GBのモデルには、より高密度のGDDR6モジュールを使用することができますが、それはまた、使用するために少しコストがかかります。

GeForce RTX 3080は、RDNA 2の性能に基づいて、2つのルートに進むことができる。

20 GB がすぐに必要な場合、NVIDIA は、既存の PG133/PG132 PCB の背面に別の 10 個の GDDR6X メモリモジュールを配置して、その日のうちに終了とすることができます。

2つ目のより高価なオプションは、より高密度なGDDR6X(16Gb)が来年初めに登場するのを待って、それらを組み込むことですが、それではNVIDIAにとって良いマージンが得られないことを考えると、RTX 3090のような両面DRAMルートに行く可能性が高いでしょう。

NVIDIAは、AMDがRDNA 2ラインアップの大きなマーケティングポイントとして、より高いVRAM容量を活用しようとする可能性があることを認識しており、そのためNVIDIAは独自のより高いVRAMを提供したいと考えている。

20GBのRTX 3080は、16GBのカードに対して理想的な位置にあるかもしれないし、16GBのRTX 3070は、12GBのバリアントに対して良いマーケティングポイントになるかもしれない。

それは、それまでにすでに出ている低VRAMカードが素晴らしいパフォーマンスを提供しないと言うことではありませんが、私が言ったように、VRAMの量は、この世代のマーケティングのために巨大なものになるでしょう。

NVIDIA GeForce RTX 30 "Ampere "グラフィックスカードの噂のラインナップ:

グラフィック
カード名
GPU
チップ名
CUDA コア数
/ SM数
メモリ容量
種類
メモリ
バス幅
メモリ
帯域幅
TDP発売日
NVIDIA GeForce
RTX RTX 3090
Ampere GA102-30010496 (82)24 GB GDDR6X384-bit936 Gbps (19.5 Gbps)350W2020年9月
NVIDIA GeForce RTX 3080
Ti/SUPER?
Ampere GA102-250?不明20 GB GDDR6X320-bit不明不明不明
NVIDIA GeForce
RTX 3080
Ampere GA102-2008704 (68)10 GB GDDR6X320-bit760 Gbps (19 Gbps)320W2020年9月
NVIDIA GeForce RTX 3070
Ti/SUPER?
Ampere GA104-400?6144 (48)?16 GB GDDR6X256-bit不明不明不明
NVIDIA GeForce
RTX 3070
Ampere GA104-3005888 (46)8 GB GDDR6256-bit512 Gbps (16 Gbps)220W2020年10月
NVIDIA GeForce
RTX 3060
Ti/SUPER?
Ampere GA104-200?4864 (38)?8 GB GDDR6?256-bit?不明不明不明
NVIDIA GeForce
RTX 3060
Ampere GA106-300?不明6 GB GDDR6?192-bit?不明不明2020年11月?

繰り返しになりますが、これらのカードは今のところまだ噂の領域であり、少なくともAMDの発売が終わるまではNVIDIAからの情報が出てくることを期待してはいけません。

残りのAmpere (RTX 30)カードの詳細が判明したら、またお知らせします。

ソース:wccftech - NVIDIA To Tackle Big Navi ‘AMD RDNA 2’ GPUs With AMP’d Up GeForce RTX 3060, GeForce RTX 3070 & GeForce RTX 3080 Graphics Cards

 

解説:

SUPER/Tiモデルの影がちらつくAmpereラインナップ

今回の情報ではOEMではすでに名前が挙がっているRTX3070SUPERやTiについてです。

これはTuringで発売されたSUPERモデルをそっくり同じ形で計画しており、それが「最初から」存在していると言うことになります。

 

nVidiaが恐れるRDNA2 Big Naviの存在

私はAmpereが発表されたとき、Big Naviは蹴散らされるだけの存在になると思っていましたし、多くのユーザーがそう感じたと思います。

そしてAMDもそう思っているのかもしれません。

しかし、nVidiaだけはそう思っていないようです。

コロナ前のNavi10は順調にシェアを伸ばし、Polarisで痛めつけられたRadeonのラインナップを修復するに至りました。

その後、コロナ禍が始まってからは急速にAMDはシェアを落としました。

nVidiaはNavi10の快進撃を覚えているようで、今回のAmpereのスタートラインナップをこのようにしているようですね。

  • RTX3090=フラッグシップで実質TITAN。現実的ではない価格に設定してあるが、これ以上は性能アップは必要ない(できない)トップモデル
  • RTX3080=TuringまでのXX80Ti相当モデル。ただし、Big Naviの性能が予想より高かった場合に合わせて、SUPERやTiを設定できるようにRTX3080のネーミングとする。
  • RTX3070=RTX3080と基本的な考え方は同じ。こちらも実質XX80相当のモデル。

要するにBig Naviの性能に合わせて、後からSUPERやTiのモデルを設定できるようにしているようですね。

これを見ただけでもnVidiaが如何にBig Naviを恐れているかよくわかります。

Big Naviの性能が仮にRTX3080を超える場合、nVidiaは値下げを行うかSUPERやTiモデルを設定せざるを得なくなります。

そのため、最初に出すモデルは様子見として今までのネーミング体系を無視してラインナップを決めたものと思います。

それほどBig Naviを恐れていると言うことですね。

 

nVidiaが過剰なまでにBig Naviを恐れる理由

これはもちろんRyzenの存在とAMDがSocket AM4と言うプラットフォームホルダーであることが大きく影響しています。

極論すればBig NaviがAmpereに性能で勝った場合、AMDはRyzenとマザーボードを抱き合わせにしてセールを行うこともできるわけです。(もちろん負けても出来ますが、メーカーさんのほうであまりやりたがらないでしょう。)

しかし、nVidiaにそのオプションはありません。

事実、ノートPCでは、Ryzen U+RX5600Mのモデルが出始めています。

MSIさんが搭載ノートを出していますが、これはVegaとPolarisの時代には無かったものです。

このプレッシャーは予想よりもかなり大きかったようです。

ラインナップ当初から今まで存在していたTiモデルを外し、最初から後出しでSUPERとTiモデルがあること前提のラインナップになっています。

一番最初に出るモデルであるRTX3080/RTX3070は次のフルモデルチェンジまでにSUPERやTiが出て、旧モデルになることはほぼ確実でしょう。

唯一RTX3090だけはモデルチェンジしないものと思います。

このため、安定したモデルや値ごろ感のあるモデルが欲しい方はファーストロットや初期モデルは避けて待つというのも一つの考え方です。

もちろんファーストロットを避けた場合、今年中には手に入らないことになる可能性は非常に高いです。

それは覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥132,000 (2020/10/25 10:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.