CPU情報

インテル、第12世代Alder Lakeアンロックド・デスクトップCPUとZ690プラットフォームを11月4日に正式発表、来週27日にお披露目

投稿日:

インテル社の第12世代Alder LakeデスクトップCPUとZ690プラットフォームの最終的な発売日を情報筋から確認しました。

第12世代Coreファミリーは、新しいアーキテクチャとIPCの向上だけでなく、チップ全体のデザインも刷新されており、コンシューマー向けデスクトップでは初のハイブリッドx86プロセッサの発売となります。

第12世代Alder Lakeアンロックド・デスクトップCPUとZ690プラットフォームは11月4日発売

インテル Alder Lake-S デスクトップ CPU ラインナップには、第 12 世代 Core プロセッサーが含まれます。

このラインナップは、入門用の「K」および「KF」チップで開始され、その後数週間(2022年初頭のCES前後)に、よりメインストリームのバリエーションが追加される予定です。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

インテル社の第12世代Alder LakeデスクトップCPUとZ690プラットフォームの最終的な発売日を情報筋から確認しました。

第12世代Coreファミリーは、新しいアーキテクチャとIPCの向上だけでなく、チップ全体のデザインも刷新されており、コンシューマー向けデスクトップでは初のハイブリッドx86プロセッサの発売となります。

第12世代Alder Lakeアンロックド・デスクトップCPUとZ690プラットフォームは11月4日発売

インテル Alder Lake-S デスクトップ CPU ラインナップには、第 12 世代 Core プロセッサーが含まれます。

このラインナップは、入門用の「K」および「KF」チップで開始され、その後数週間(2022年初頭のCES前後)に、よりメインストリームのバリエーションが追加される予定です。

Alder Lakeの場合は、Performance CoresにGolden Coveアーキテクチャ、Efficiency CoresにGracemontアーキテクチャを採用しています。

また、インテルは、600シリーズのチップセットという形で、デスクトッププラットフォームを一新します。

この新しい600シリーズは、Kチップと非Kチップの両方をサポートするZ690マザーボードでデビューします。

また、Z690プラットフォームは、DDR5、PCIe Gen5.0、およびいくつかの重要な機能をサポートするとともに、オーバークロック機能も強化されます。Z690チップセット搭載のマザーボードは、Alder Lake-SデスクトップCPUと同日に発売されますが、DDR5メモリーキットはそれよりも若干早く発売されます。

以下は、DDR5メモリキットを発表したメモリモジュールメーカーの一覧です。

  • G.Skill Trident Z5 メモリーキット
  • Corsair Dominator メモリーキット
  • GeIL Polaris RGB メモリーキット
  • TeamGroup T-Force Delta RGB メモリーキット
  • TeamGroup T-Force Vulcan メモリーキット
  • TeamGroup Elite Series メモリーキット
  • GALAX GAMER RGB Series DDR5 メモリーキット
  • PNY Performance メモリーキット
  • ADATA XPG CASTER メモリーキット
  • V-Color RGB メモリーキット
  • ZADAK SPARK メモリーキット
  • Kingston Fury Series メモリーキット
  • ASGARD メモリーキット

Intel Alder LakeデスクトップCPUプラットフォーム - Z690フラッグシップを含む600シリーズチップセット

Intel Alder LakeデスクトップCPUは、Z690マザーボードを含む新しい600シリーズプラットフォームに対応します。

このマザーボードは、Alder Lakeおよび将来の世代のCPUに合わせて設計されたLGA 1700ソケットを搭載します。

また、フラッグシップモデルのZ690マザーボードのみがネイティブスピード4800MHzのDDR5メモリをサポートしますが、メインストリームおよび低価格帯のチップセット(H670、B650、H610)をベースにした安価なマザーボードは、DDR4-3200をサポートします。

AORUS Z690 Master マザーボードの写真 - E-ATXフォームファクターにフィン付きヒートシンクを搭載したハイエンドなデザイン

それに加えて、Intel Alder LakeのCPUは、16本のPCIe Gen 5.0(ディスクリートグラフィックス)と4本のPCIe Gen 4.0レーンを搭載します。

チップセットは、12個のGen 4レーンと16個のGen 3レーンを提供します。

600シリーズチップセット搭載マザーボードの残りの機能については、以下で確認できます。

  • eDP / 4DDI (DP, HDMI) ディスプレイ機能
  • 2チャネル(最大DDR5-4800 / 最大DDR4-3200)メモリーサポート
  • x16 PCIe 5.0 / x4 PCIe 4.0レーン (CPU)
  • PCIe Express 4.0およびPCIe Express 3.0サポート(600シリーズチップセット
  • SATA 3.0
  • 統合WiFi 6E
  • ディスクリートThunderbolt 4 (USB 4準拠)
  • USB3(20G)/USB3(10G)/USB3(5G)/USB2.0
  • インテルLAN PHY
  • インテルOptaneメモリーH20(H10後継)

既存のLGA 1200パッケージが37.5×37.5mmであるのに対し、チップのパッケージサイズは45.0×37.5mmです。また、Intel Alder LakeのCPUは、最大で16コア、24スレッド(Golden Coveベースで8コア/16スレッド、Gracemontベースで8コア/8スレッド)のコア構成で登場することがわかっています。

インテル Core i9-12900K 16コア/24スレッド デスクトップCPU

インテル Core i9-12900K」は、第12世代Alder LakeデスクトップCPUのフラッグシップチップとなります。

8個のGolden Coveコアと8個のGracemontコアを搭載し、合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)の性能を発揮します。

Pコア(Golden Cove)は、1~2個のアクティブコアで最大5.3GHz、全コアアクティブで5.0GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1~4個のコアで3.90GHz、全コア搭載時には最大3.7GHzで動作します。

このCPUは30MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持します。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル Core i7-12700K 12コア/20スレッド デスクトップCPU

Core i7では、「Golden Cove」コアを8個搭載する一方で、「Gracemont」コアを4個に削減し、合計で12コア(8+4)、20スレッド(16+4)を実現しました。

Pコア(Golden Cove)は、1-2個のアクティブコアで最大5.0GHz、全コアアクティブで4.7GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4個のコアで3.8GHz、全コア搭載時には最大3.6GHzで動作します。

また、25MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル Core i5-12600K 10コア/16スレッド デスクトップCPU

最後にご紹介するのは、エントリーレベルのアンロックド・チップとなる「インテル Core i5-12600K」です。

「Golden Cove」コアを6個、「Gracemont」コアを4個搭載し、合計10コア(6+4)、16スレッド(12+4)を実現します。Pコア(Golden Cove)は、1-2コア使用時に最大4.9GHz、全コア使用時に最大4.5GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4コア使用時に3.6GHz、全コア使用時に最大3.4GHzで動作します。

このCPUは20MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック「噂」:

CPU名Pコア数Eコア数全コア数
/ スレッド数
Pコア ベース
/ ブースト (最大)
Pコア ブースト
(全コア)
Eコア ベース
/ ブースト
Eコア ブースト
(全コア)
キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)価格
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
未確認 /
3.9 GHz
3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W228W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
未確認 /
3.8 GHz
3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W228W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 203.6 / 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
未確認 /
3.6 GHz
3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W228W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.7 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認

ソース:wccftech - Intel Officially Launches 12th Gen Alder Lake Unlocked Desktop CPUs & Z690 Platform on 4th November, Unveiling Next Week on 27th

 

 

 

解説:

いよいよ、AlderLakeの発表が間近に迫ってきました。

発表前の最後のリークと言う感じで、2021年10月27日発表、2021年11月4日発売と言う情報が出ました。

ソースは「情報筋」とされていますが、ほぼ確定の情報と考えて差し支えないでしょう。

今まで同様の情報はリークされていましたので、最終的な確認と言う形になると思います。

これ以降は公式発表的な情報しかないのではないかと思います。

11月4日に発売されるのは12900K、12700K、12600Kの3種類でいずれもロック解除モデルになります。

年内はこの3モデルのみになります。発売日に逃すと来年まで手に入らない可能性が高いと思いますので、注意した方が良いでしょう。

半導体不足の中、年末間近と言う時期的に言っても二次出荷以降の出荷がどのくらい見込めるのか微妙な時期だと思います。

11月の初旬ですから、二次出荷はあると思いますが、それ以降、まとまった数の出荷があるのかどうかは微妙ですね。

初物には不具合がつきものですから、年内は見送るというのは一つの考え方だと思いますし、Ryzenの値下がりを見込んでそちらを買うというのも一つの手だと思います。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.