CPU情報

wccftech独占:Intel Rocket Lakeは基板不足で需要が供給を上回る見込み

更新日:

ゲーマーにとっては、休む暇もないようです。AMDの部品などTSMCに依存している製品は、ここしばらく供給が逼迫しています(一部の例外を除く)。

インテルのCPUは、自社のファウンドリで製造されていることを考えると、しばらくの間は自由に使える状態にあり、CPUの価格も安定していました。

しかし、情報筋によると、インテルを含む半導体業界全体に影響を及ぼす基板の不足により、今年後半にはこの状況が変化する可能性があるとのことです。

インテル、パートナー企業への基板不足により第2四半期のRocket Lake CPUの割り当てが厳しいと報告、第1四半期の割り当てはまずまず

前置きが長くなりましたが、トップレベルのまとめをご紹介します。

  • Intelは先週中、主要なパートナーに対して基板の不足を報告している。
  • インテルのRocket Lakeに対する第1四半期の割り当ては非常に良いので、少なくとも数週間は希望小売価格に近い価格で販売されるでしょう。
  • 残念ながら、基板の不足により、Rocket Lakeの第2四半期の割り当ては厳しいものとなるでしょう。
  • 最初に割り当てられるのは最上位のCore i9で、Core i7とCore i5が最も影響を受けることになります。
  • IntelはTSMC-AMD(Intelのファウンドリとは異なり、基板だけでなく容量にも制約がある)よりもはるかに供給を管理しやすい立場にあることを考えると、プレミアムはAMD Ryzenよりも低くなると予想されます。

これが意味するところは、販売店や小売店を含むIntelのパートナーは、Intel Rocket Lake CPUの初期在庫を1カ月以上にわたってきちんと確保することになるということだ。

これがQ1の割り当てであり、初期注文の一部である。

しかし、Q2の割り当ては話が違ってきます。

Intelはスタック全体の初期生産量には及ばないでしょうし、今でも生産できるすべてのチップを販売していることを考えると、まず利益率の高いスタックに集中したいと考えるでしょうし、市場価格を高くしたいと考えるでしょう。

インテル11900kの価格は、アマゾンではすでに1100ドルにまで達しています。

Intel Core i7 11700kは、希望小売価格に近い407ドルで販売されているようですが(今のところ)、これは数か月後に変更されるかもしれません。

インテル社に問い合わせたところ、基板の不足に関して次のような回答が得られた。

3月23日に発表した財務見通しのプレスリリースで述べたように、半導体およびインテル製品に対する需要は非常に堅調です。

当社はこの需要に対応するために生産能力を拡大しており、その結果、顧客向けCPUの年間供給量は2020年に対して前年比2桁の伸びを見込んでいます。

しかし、半導体部品や基板に対するかつてないほどの世界的な需要は、当社を含む多くの業界にとって課題となっています。

当社はサプライチェーンのパートナーと積極的に協力し、サードパーティ製の材料や部品の入手可能性を高めることで、当社のプロセッサーの生産量をさらに向上させるとともに、より広範なPCエコシステムをサポートしていきたいと考えています。

当社は引き続きお客様のサポートに注力しており、お客様のニーズを満たすために供給を増やす努力を続けていきます」と述べています。

-インテル社の広報担当者、Wccftechより

信越化学工業やグローバル・ウェハースなどの上流の300mmウェハメーカーは、すでに100%の生産能力を有しており、インテルなどの下流のファウンドリーに供給される基板には限りがあるという。

同社がパートナー企業に供給不足を確認したことで、ゲーマーにとっては、暗号通貨や基板の不足によって価格が高騰するなど、非常に厳しい年になりそうだ。

この不足は川上に起因するため、インテルやTSMCのようなファウンドリーがこの状況を緩和するためにできることはほとんどありません。

もちろん、「誰かの損は誰かの得」です。

需要が供給を上回ることによる価格の上昇は、ゲーマーにとっては悪いことだが、インテルのようなファウンドリーやデザインハウスにとっては収益の面で好ましいことである。

我々は情報源に、他のインテル製品にも影響があるかどうかを尋ねたが、インテルは今のところRocket Lakeの割り当てについてのみ話しており、次期Ice Lakeプロセッサーのような企業向けパーツの基板を優先しているのではないかとのことだった。

ソース:wccftech - Exclusive: Demand To Exceed Supply For Intel Rocket Lake Due To Substrate Shortage

 

 

解説:

Substrateは基盤と訳しましたが、半導体を作る部材当たりなのかもしれません。

その不足でRocketLakeも不足になりそうという話です。

「ブルータスお前もか」と言う感じです。

Intelは独自のFabを持っていて、地道にFabへの投資を積み重ねてきましたので、供給不足にはならないかなと思っていたのですが、ダメだったようです。

結局2021年Q1は全てのPCパーツが品不足になったということです。

当面のところ、CPU、GPUは品不足に悩まされそうです。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.