CPU情報

Intel Core i5-12400F Alder Lake CPUが最新のベンチマークでAMD Ryzen 5 5600Xを倒し、ゲームではi7-11700Kより高速

投稿日:

IntelのAlder Lake Core i5-12400FデスクトップCPUの新しいベンチマークがオンラインに登場し、ゲームや総合ベンチマークでAMDのRyzen 5 5600Xよりも高速であることが示されました。

Intelの200ドル以下のCore i5-12400F、リークされたベンチマークでAMDのRyzen 5 5600Xを粉砕、i7-11700Kも上回る速さ

Intel Core i5-12400は、Alder LakeのCore i5 CPUセグメントの中で最もエントリーレベルのチップとなる予定です。

6コア、12スレッドで、Golden Cove(P-Core)のみに依存することになる。12400にはGracemontコアは搭載されていません。

また、ベースクロックは2.5GHzで、最大4.4GHz(オールコアでは4.0GHz)までブーストすることができます。

CPUの基本TDPは65Wだが、最大ワット数は100~150Wになるはずだ。

ただし、Core i5のアンロックチップであるCore i5-12600Kの最大消費電力がこれなので、実際には150Wではありませんが、このチップをテストしてみないとわからないことです。

この新しいベンチマークは、チップのQSバージョンを入手したBilibiliのコンテンツクリエーターによってリークされたものです。

使用されたマザーボードは、DDR4メモリとオーバークロックもサポートするOEMのB660M-N D4です。16GBのDDR4-3200メモリとRTX 3070がテストシステムの一部となりました。

性能面では、Intel Core i5-12400FをCore i7-11700K、Core i5-11400F、Ryzen 5 5600Xと比較しています。CPU-z内のシングルコア性能ではすべてのCPUを上回り、マルチスレッドテストでは5600Xや11400Fよりも高速です。

このチップは、より高いクロックスピードとより多くのスレッド(12対16)を持つCore i7-11700Kにのみ負けるのです。

Cinebench R23ベンチマークでも同様で、小さなi5-12400Fチップはマルチスレッドテストで19%、シングルスレッドテストで11%高速になります。

TimeSpyのCPUスコアでは、Intel i5-12400FはAMD Ryzen 5 5600Xより約13%高速です。

Intel Core i5-12400FのCPU合総合ベンチマーク:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

ゲームベンチマークに移り、すべてのCPUを1080pでテストしました。

CSGOではi5-12400Fが4%速く、Shadow of The Tomb Raiderでは平均フレームレートがRyzen 5とほぼ同等、最後にRed Dead Redemption 2ではテストしたすべてのチップより速いという結果が出ています。

Intel Core i5-12400F CPU ゲーミングベンチマーク:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル Core i5-12400F Alder Lake CPU ベンチマーク:

CPU名Intel Core
i5-12500
Intel Core
i5-12400F
AMD Ryzen
5 5600X
Intel Core
i7-11700K
Intel Core
i5-11400F
Vs Ryzen 5
5600X
CPU-z (ST)704.0684.7626.6634.4556.9+10%
CPU-z (MT)5,101.05,000.04,621.96,297.34,333.4+8%
Cinebench
R23 (ST)
1,688.01,686.01,513.01,581.01,341.0+11%
Cinebench
R23 (MT)
12,667.012,311.010,357.014,914.09,295.0+19%
3DMark
Time Spy
(CPU Score)
8,994.09,066.08,058.012,262.08,606.0+13%
CSGO 1080pN/A546.0523.0476.0428.0+4%
RDR2 1080PN/A153.0145.0147.0140.0+6%
SOTR 1080PN/A167.0171.0184.0134.0-5%

Intel Core i5-12400Fは、消費電力が80W未満でありながら、フルロード時の最高温度が60℃で動作することが既に報告されています。

これは、Alder Lakeのi5チップが、AMDのRyzen 5 5600X Zen 3チップよりもほんの少し効率が良いことを意味する。

それはさておき、Core i5-12400は200ドル以下で販売され、50%高いRyzenチップと競争することは、信じられないほどの価値です。

このチップは、来月発売される安価な600シリーズのマザーボード(DDR5とDDR4メモリをサポート)と組み合わせれば、優れた予算編成が可能になるはずです。

更新:別のコンテンツ作成者がIntel Core i5-12500の性能ベンチマークを公開しましたので、以下に掲載します。今回も、i5-12500は60℃前後で動作し、平均70ワット(フルロード時の最大消費電力は80ワット)を消費しているようです。

以前のベンチマークでは、Core i5-12400は同じ消費電力でRyzen 5 5600Xと同等かそれ以上の性能を発揮することも示されているので、全体として、小さなi5は、12600K(F)をメインストリーム・キングとして、格安PCビルダーの夢となることを目指しているのである。

Intelは今回、メインストリームとバジェットセグメントに本当に釘を刺しており、我々はAMDがそれらにどう対応するか、値下げや3D V-Cacheがブルーチームの提供するものに対抗するのに十分であるかどうかを見るのが待ち遠しいです。

Intel 第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック "速報版"

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 203.6 / 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.7 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5
-12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認

ソース:wccftech - Intel Core i5-12400F Alder Lake CPU Slays The AMD Ryzen 5 5600X In Latest Benchmarks, Faster Than i7-11700K In Gaming

 

 

 

解説:

中国のbilibili動画に発売前のCore i5-12400Fのベンチマークが載っているようです。

以前にも少しリークがありましたが、同じ6コア12スレッドのRyzen 5 5600Xよりもほぼすべてにおいて速く、8コア16スレッドのCore i7-11700Kと比較してもマルチスレッド性能以外ですべて勝っているようです。

私にとって意外だったのはAlderlakeのK付きモデルが思ったより売れなかったことですね。

マザーボードが想像よりかなり高かったので、今回見送った方が多かったのかなあと感じました。

現代のPCパーツは性能だけでなく、ある程度の値ごろ感がないと売れないのかなあと思ってみたり・・・。

AMDのRyzenもマザーボードが使いまわせるという点と、Zen2まではかなり価格が安かったからと言うのはあったのだと思います。

対応するGPUがないPCI Express5.0のためにあれだけの大金を出せる方はそんなに多くなかったのでしょう。

この辺はIntelの戦略ミスと言うか、自社の製品としてGPUがまだラインナップされていなかったことによるミスマッチなのでしょう。

今回購入に踏み切らなかった人たちの多くはロックあり版を待っているのかなと思います。

さすがにロックあり版が売れないということは無いと思いますが、売れなかったとしたら本格的にIntel離れしているということになりますね。

AlderLakeはバカ売れすると思っていたのですが予想を外して、ちょっと弱気です。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.