CPU情報

AMD Next-Gen Zen 3ベースのRyzen 4000デスクトップおよびEPYC MilanサーバーCPUが2020年後半に登場

投稿日:

Financial Analyst Dayにて、AMDは最新のCPUロードマップを発表し、次世代Zen 3ベースのRyzenおよびEPYC Milan CPUが今年後半に登場することを確認しました。

7nmプロセスノードをベースとする新しいZen 3ベースのCPUファミリは、ワットあたりのパフォーマンスとIPCを大幅に向上させます。

 

AMD、Zen 3ベースのEPYC MilanサーバーとRyzen 4000デスクトップCPUが2020年に発売されることを再確認-Zen 4ベースのEPYC Genoaは来年に予定

繰り返しになりますが、詳細の大部分は既に知っているものであり、AMDはそれらを再確認しました。

最新のロードマップによると、AMDは今年2つの主要製品ファミリ、第4世代Ryzen 4000シリーズデスクトッププロセッサと第3世代EPYC MilanサーバープロセッサでZen 3 CPUアーキテクチャを開始します。

AMDは、Zen 3を7nm(以前は7nm +と呼ばれていました)としてリストしました。これは、多くの人がAMDがTSMCの7nm EUVノードを指していると考えて混乱を引き起こしたためですが、同社はまだプロセスノードを公式に発表していないと述べており、後日発表する予定です。

新しいロードマップでは、Zen 3(7nm)が2020年の製品としてリストされ、2021年にZen 4(5nm)が置き換えられます。

Zen 3製品は2020年後半に出荷されるため、Zen 4チップがそれに続き、2021年末または2022年初頭までに市場に出る可能性が非常に高くなります。

 

AMDはこれまで、Zen 3が大幅なIPCゲイン、より高速なクロック、さらにはより多くのコアカウントを提供するのに役立つまったく新しいCPUアーキテクチャをもたらすことを確認しています。

いくつかのうわさでは、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加したことに加えて、主要なキャッシュの再設計が行われたとさえ述べています。

MilanのCPUコアマイクロアーキテクチャ(Zen 3として知られる)は、CPUクロックサイクル(IPC)ごとに処理される命令に関してRomaが依存しているZen 2マイクロアーキテクチャと比較してどのようなパフォーマンスゲインを提供するかと尋ねられたとき、Norrod氏は観察しました-第一世代のEpyc CPUを強化するZenマイクロアーキテクチャの進化版であるZen 2とは異なります-Zen 3は、まったく新しいアーキテクチャに基づいています。

Norrod氏は、Zen2が進化的なアップグレードで通常のIPC向上よりも大きな向上をもたらしたと言葉を飾りました。-AMDは、平均で約15%であると述べています-AMDが元々Zenに対して持っていたものの、まな板に残さなければならなかったいくつかのアイデアを実装したためです。

しかし、彼はまた、Zen 3が「まったく新しいアーキテクチャに期待するものと一致する」パフォーマンスの向上をもたらすと断言しました。

- The Street

 

Zen2アーキテクチャに基づいたAMD Ryzen 3000 CPUは、これまでに合計2億6,000万以上のZenコアが出荷されており、水準が上昇し続けているというPC業界からの驚くべき反応があります。

Zen3の発売により、AMDのCPUセグメントと全体的な市場シェアがさらに勢いを増すようです。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/128不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
20172018201920202021?

サーバー側の話に移り、AMDは第3世代のEPYC Milanラインナップが2020年後半に出荷されることを確認しました。

新しいラインナップは、サーバーセグメントで引き続きパフォーマンスのリーダーシップを発揮することが期待されています。

AMD EPYC Milan-7nm Zen 3コア、SP3ソケット互換、PCIe 4.0、DDR4メモリ

AMD EPYC Milanプロセッサーは、現在のEPYC Romeラインナップを継承します。

EPYC Milanラインアップの根本的な変更は、高度な7nmプロセスノードに基づく新しいZen 3コアアーキテクチャになります。

私たちが知っていることとAMDが公式に示したものから、AMD Zen 3ベースのEPYC Milanプロセッサーは、ワットあたりのパフォーマンスの向上に主に焦点を合わせますが、それはコアのアップデートを見ないという意味ではありません。

AMDは最近のスライドで、Intelの10nm Ice Lake-SP Xeonチップよりもワットあたりのパフォーマンスが優れているZen 3ベースの7nmプロセッサを示しました。

新機能については、Zen 3コアの設計以外に、ミラノはSP3プラットフォームとのソケット互換性を提供し、DDR4メモリ、PCIe 4.0インターフェイスのサポートを提供し、64コアと2倍のスレッド(128スレッド)を提供するとされています。

これにより、最近のミラノの噂では4ウェイSMTが導入されましたが、AMDはより多くのコアとコアあたりのスレッドを提供するカスタムデザインを提供する可能性があります。

チップの定格TDPは120〜225Wで、これは既存のローマ部品と同様です。

EPYC Milanのすべてをまとめると、次の主な機能に注目しています。

  • 高度な7nm Zen 3コア(〜64コア/ 128スレッド)
  • SP3ソケットとピン互換
  • 120W-225W TDP SKU
  • PCIe 4.0サポート
  • DDR4メモリのサポート
  • 2020年に発売

 

コアデザイン自体の別の興味深い詳細は、プレゼンテーション中に共有されました。

AMDは、CCD内のCCXごとに16 MBのL3キャッシュを持つZen 2とは異なり、Zen 3はダイごとに共有キャッシュ(32 MB +)を備えていることを示しました。

これにより、各CCXがコア間で共有されるより小さな個別のキャッシュを持つのではなく、すべてのコアがダイで利用可能なL3キャッシュ全体を共有できるようになります。

これは、Milanが単一のCCX内で8つのZen 3コアを提供していることを裏付ける可能性もあります。

 

AMD EPYC Genoa-5nm Zen 4コア、SP5ソケットプラットフォーム、DDR5メモリ、PCIe 5.0プロトコル

Zen 4コアアーキテクチャに基づくAMD EPYC Genoaプロセッサーは、AMDがEPYC Romeの発売時に最新のロードマップで公式に発表するまで謎でした。

現在、2021年までに計画された発売を予定しているジェノヴァのラインナップは、サーバーランドスケープにまったく新しい機能セットをもたらします。

 

AMDは、EPYC Genoaは新しいSP5プラットフォームと互換性があり、新しいSP5プラットフォームと互換性があるため、SP3互換性はEPYC Milanまで存在すると発表しました。 EPYC Genoaプロセッサは、新しいメモリと新しい機能のサポートも備えています。

AMDが2021年にDDR5の時流に乗るのは間違いないようです。

DDR5にはZen 4が付属しているため、AMDのRyzenおよびThreadripperラインも新しいメモリインターフェイスをサポートする可能性があります。

また、新しい機能がEPYC Genoaに導入され、PCIe 4.0の帯域幅を2倍にし、x16インターフェイスで128 Gbpsのリンク速度を提供する新しいPCIe 5.0プロトコルのヒントのように聞こえます。

 

EPYC Genoaのすべてをまとめると、次の主な機能を検討しています。

  • 5nm Zen 4コア
  • 新しいソケットを備えたSP5プラットフォーム
  • PCIe 5.0のサポート
  • DDR5メモリのサポート
  • 2021年に発売

Genoa CPUは、2023年に稼働状態になると2エクサフロップス以上のコンピューティング能力を発揮することが期待されるEl Capitanスーパーコンピューターに搭載されます。

また、HPCワークロード専用に設計された次世代のCDNA2 GPUも利用します。

新しいEPYCラインナップには、第3世代Infinity Fabricアーキテクチャが装備されます。詳細については、こちらをご覧ください。

ソース:wccftech - AMD Next-Gen Zen 3 Based Ryzen 4000 Desktop & EPYC Milan Server CPUs Arriving Late 2020

 

解説:

AMDのFinancial Analyst Dayに関する話題です。

CPUに関しては特に目新しい話題はなく、今まで出たリークや情報公開を改めて発表したようです。

いくつかのポイントがありますので、特に挙げておくと、

  • Zen3は2020年後半に発売される
  • Zen4は2021年後半から2022年初頭にかけて発売される

また、Zen3は7nmで製造されることになっているようですが、これがN7、N7P(N7の改良版で互換性あり)、N7+(7nmEUV)のいずれが使われるかははっきりしないようです。

7nmEUVはアップルが使いませんでしたので、AMDまでが使わないとなるとTSMCにとってはかなり苦しい話となるはずですが、N7、N7Pと互換性がありコスト的に有利なN6というノードも存在するようですので、どうなるのかはよくわかりません。

この辺はわたくしも何度も間違って訂正を繰り返しましたので、脳裏に焼き付いています(笑。

今年に関してはすでに5nmを使ってAppleがSoCを生産するはずですので、すでに5nmまでは問題なく使えることはほぼ確定しています。

その上で2019年の歩留まりが7割に達せず、ハイシリコン(Hauwei)しか生産に使わなかった7nmEUVがきちんと軌道に乗るのかどうかといったところでしょう。

今はスマホが常に最先端のプロセスを使うため、きちんと最先端ノードがロンチするかどうかのリスクは考えなくてよくなっています。

すでにZen4までは生産のめどがついているといってもよいのではないでしょうか。

5nmの次が5nm+になるのか3nmに行くのかまではわかりませんが、AMDの好調はしばらく続くことになりそうです。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥29,600 (2020/07/05 18:50:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥28,999 (2020/07/05 18:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥25,316 (2020/07/05 18:50:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/07/05 18:50:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.