GPU情報 その他

NVIDIAは、マイニング用のCMP 30HX、40HX、50HX、90HX GPUを発表、RTX 3060のハッシュレートを制限する

投稿日:

NVIDIAは、GPU市場が今直面している圧倒的なマイニング需要についに屈し、CMPと呼ばれるクリプトカレンシーマイニング専用GPUのラインナップを発表しました(ディスプレイポートがないことを考慮して、そう呼ぶこともできるでしょうか?これはCryptocurrency Mining Processorの略で、AIBは以前にディスプレイポートのないGPUのマイニングバリアントをロールアウトしていますが、これはNVIDIA自身から直接公式の製品発表を見ている初めてのことです。

それは、おそらく非常に物議を醸すであろうアクションを伴っています:ソフトウェアは、NVIDIAのRTX 3060 GPU(25日に発売されます)のハッシュレートをその実際のレートのちょうど50%に制限しています。

NVIDIAがCryptocurrency Mining Processor(CMP)シリーズを発表、RTX 3060のハッシュレートを半減させる

これ以上進む前に、NVIDIAは合計4つのCMP(GPU?)を発表していますが、そのうちの2つ、NVIDIA CMP 30HXと40HXは第1四半期に、CMP 50HXと90HXは第2四半期に発売されます。現時点では、どのHXがどのGeForce GPUと相関しているかは不明であるが、メモリサイズ(バス幅と相関し、大まかなモデル番号が分かる)を使ってある程度の推測はできるが、ハッシュレートとTDPを使って同様の結論に達することもできる。

86 MH/sまでのハッシュレート(およびこれらは、NVIDIAが常にアンダープロミスとオーバーデリバリを考慮して最適化されていない可能性が高い)では、同社がフルラインナップを確保する計画を持っていることは明らかである。

RTX 3070のハッシュレートは50~60 MH/sです。表のCMPのどれもこの速度と一致しません。

この製品は、GeForce通常モデルよりコア数がわずかに少ないダイも含まれているのではないかと疑っています[注意:知識に基づいた推測です]。

これにより、NVIDIAはこれらの無駄なダイの一部をより効率的に再ターゲットすることができるようになります。

プロの採掘作業のために設計されています:

NVIDIA CMPは、エアフローを最適化した完全にオープンなブラケットを可能にし、より多くのGPUを1つのCPUで制御できるように構成されています。

最高のマイニング性能を実現するために最適化されています:

NVIDIA GPUアーキテクチャは、より効率的に採掘を行い、採掘投資をより早く回収することを可能にします。

認定パートナーから入手可能:

ASUS、Colorful、EVGA、Gigabyte、MSI、Palit、PCパートナーなどの正規パートナーから入手可能。

また、RTX 3060のマイニングハッシュレートを半分にするという彼らの決定がどのように受け取られるかは現時点では不明だ。

ハードウェアを購入しているのであれば、そのハードウェアを最大限に利用する権利を持っていると主張する人もいるだろう。

もう一つの明白な問題は、ソフトウェアブロックは通常、ネットを探せば非常に簡単に回避される可能性があるという事実です。

https://twitter.com/usmanpirzada/status/1362414997368832004?ref_src=twsrc%5Etfw

このソフトウェアブロックが実際にマイニングを止めているのは、小売業者だけです。GPUをパートタイムのマイニングに使いたいゲーマーは、それができません。マイニング作業がフル活用を享受し続けている間に マイニング資源の分配が不平等になっただけなんだよね 😀

- Usman Pirzada (@usmanpirzada) 2021年2月18日

私たちは、AMD GPU が上位機種の兄弟機にバイオフラッシュされるのを見たことがあるので、NVIDIA がこれを緩和するためにハードウェアベースの措置を取らない限り、これは熱心なコーダーにとっては子供の遊びに過ぎないでしょう。

完全なGeForce GPUは再販価値を提供しているので、これはROIの一部ですが、数百万ドルのマイニング作業は、このブロックを迂回するのに十分なリソースを持っている可能性が高いです。

言い換えれば、この制限は、おそらく小売の採掘者にのみ影響を与え、実際のゲーマーがGPUをパートタイムで採掘することでコストを回収することができなくなるだろう。

以下、NVIDIA CMPシリーズに関するプレスリリース全文です。

私たちはゲーマーです。しかし、NVIDIA GPUはプログラム可能です。

そしてユーザーは、気象シミュレーションや遺伝子の配列決定からディープラーニングやロボット工学まで、GPUの新しいアプリケーションを常に発見しています。

暗号通貨の採掘もその一つです。

2月25日のGeForce RTX 3060の発売に伴い、私たちは、GeForce GPUがゲーマーの手に確実に届くようにするための重要な一歩を踏み出しました。

RTX 3060ソフトウェアドライバは、Ethereum暗号通貨マイニングアルゴリズムの特定の属性を検出し、ハッシュレート、つまり暗号通貨のマイニング効率を約50パーセント制限するように設計されています。

Ethereumマイニングの特定のニーズに対応するために、プロのマイニング用のNVIDIA CMP、またはCryptocurrency Mining Processorの製品ラインを発表します。

CMP製品は、グラフィック機能を持たない製品ですが、認定パートナーを通じて販売されており、最高のマイニング性能と効率を得るために最適化されています。

CMPにはディスプレイ出力がないため、マイニング中のエアフローが改善され、より高密度のマイニングが可能になります。また、CMPは、ピークコア電圧と周波数が低いため、マイニングの電力効率が向上します。

NVIDIA CMPの感想を教えてください

ソース:wccftech - NVIDIA Announces CMP 30HX, 40HX, 50HX and 90HX GPUs For Mining, Cripples Hash Rate Of RTX 3060

 

 

解説:

ゲーマー向けモデルのハッシュレートを半分に制限すれば、GPU供給問題は解決するのか?

RTX3060はマイニング向けのハッシュレートを半分に制限するようです。

これで問題が解決するかと言われれば答えはNoだと思います。

一部ツイートでも触れていますので、そちらも参考にしてください。

こちらのツイートの返信に長文でダラダラと私の意見を書いています。

まずGPUのマイニング需要に関する問題点ですが、

大量のGPUがユーザーの目に触れる前にどこかで買い付けられている

と言うことだと思います。

前回のマイニングブームではマイニングファームは中国に大規模なものが集中しておりやっているのは間違いなく中国人の業者でしょう。

最近中国はオーストラリアともめて石炭の輸入をストップし、大規模な電力不足になりましたので、イランで低価格の電力の調達を行ってそちらにマイニング業者は移転しました。

恐らく、中共幹部とつながりのある業者がやっているものと思います。

この大量のGPU買い付けはAIBかAIBに近いところで行われているのでないかと私は考えています。

なぜなら、欧州で公開されている小売店のGPUの入荷数が需要に対して明らかに少ないからです。

AIBに近い業者が流通過程において横流しに近い形でやっているのではないかと疑っています。

また、GPUを作っている工場の大半は中国国内にあり、中共幹部の権限が及びやすいというのもあります。

問題なのはこういう業者の名前が表に出ないところですね。

 

ハッシュレートの制限は効果はあるか?

「無い」と私は思います。

なぜなら、ファームでの制限は簡単に突破されるからです。

GPUを大量に調達したら、さっさとファームを書き換えてマイニングに使用と言う未来が目に浮かびます。

中国は対戦ゲームのチートツールが保証付きで売られているようなお国柄ですので、効果はほとんどないと思います。

 

nVidiaがやるべきは製品のトレーサビリティを担保すること

nVidiaが製品を出荷したら、小売店の棚に並ぶ前に、どこかで大量に消えているわけですから、製品のトレーサビリティを担保することが効果的な方法の一つだと思います。

ZOTACのようにマイニング用途を前向きに宣伝する空気の読めないAIBもありますが、マイニング向けにグレーな方法で売っているAIBや流通業者の名前が分かれば、いくばくかの抑止力になるでしょう。

問題は見えない部分を可視化することで、そうでなければ、マイニング用に大量調達するために暗躍している業者のやりたい放題になってしまいます。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

約55,000円~60,000円程度

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.