CPU情報

AMDはOEM向けにRyzen 9 5900 12コアとRyzen 7 5800 8コアの「Zen 3」デスクトップCPUを準備しており、65Wのモデルが用意されている。

更新日:

AMDは、Zen 3アーキテクチャをベースにしたOEMセグメント向けに、Ryzen 9 5900とRyzen 7 5800の2つの新しいRyzen 5000デスクトップCPUを準備しています。

これらのチップはいずれもOEM向けのもので、OEMはブランドの新しいプレビルド済みデスクトップに搭載するが、別売りはしないという。

AMDは、OEMをターゲットにしたRyzen 9 5900 12コアとRyzen 7 5800 8コアの「Zen 3」デスクトップCPU、65Wチップを準備中 - 安価なモデルだが、小売店向けではない?

AMDのデスクトップCPU「Ryzen 5000」は、すでに300ドル以上のカテゴリーに詰め込まれているが、OEM向けには間もなく「Ryzen 9 5900」と「Ryzen 7 5800」の2つの新しいパーツが登場する。

これらのCPUは「X」シリーズと同じコア構成を提供するが、主な違いはクロックとTDPの数値にある。

Patrick Schur氏とMomomo_US氏が明らかにしたように、どちらのチップも65W TDPで、「X」シリーズの標準的な105W TDPよりもはるかに低い。

クロックは確かに65W TDPの部品の方が少し低くなるが、「X」シリーズのSKUの90~95%以内のパフォーマンスを期待できるだろう。

Intelとは異なり、AMDはボード全体でRyzen CPUのオーバークロックサポートを保持する傾向があり、我々は、今後のチップから同じことを期待できます。

仕様に来る、AMD Ryzen 9 5900 は '100-000000062' OPN コードを運ぶでしょう。

それは 12 コア、24 のスレッド、L3 キャッシュの 64 MB、および 2 MB の L2 キャッシュを備えています。

AMD Ryzen 7 5800は「100-000000064」を搭載し、8コア、16スレッド、32MBのL3キャッシュ、4MBのL2キャッシュで構成される。両方のチップのクロック速度は現時点では不明ですが、記載されているように、彼らは、Ryzen 9 5900XとRyzen 7 5800Xよりもわずかに遅くなります。

また、両チップとも価格はやや低めに設定されています。

AMD Ryzen 9 5900の価格は499ドル前後、Ryzen 7 5800は399ドル前後になるかもしれません。

これは単なる憶測に過ぎませんが、今後数週間のうちにOEMメーカーがデスクトップPCのプレビルド構成の一部としてこれらのパーツをリストアップすることが予想されます。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

モデル名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4 CPU+PCH)
TDP価格
(米ドル)
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
12/24未確認未確認64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
8/16未確認未確認32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
6/12未確認未確認32 MB24 + 1665W$219 US?

AMDはAM4プラットフォーム用のRyzen 7 5700GとRyzen 5600Gの「Cezanne」デスクトップAPUも準備中?

また、Patric氏は、AMDが次世代CezanneであるRyzen 7 5700G」&「Ryzen 5 5600G」を含む2つのチップをOEMパートナーに出荷する準備をすでに整えている可能性があることを明らかにした。

Ryzen 7 5700Gは、間違いなくZen 3コアアーキテクチャをベースにした8コア16スレッドチップとなり、16MBのL3キャッシュと4.5GHz前後のクロックを搭載する。

また、CPUは65Wが最大TDPで、これはAM4のAPUのこれまでのモデルと同じです。

Ryzen 5 5600Gは、6コア、12スレッドを搭載し、16MBのL3キャッシュを保持します。

どちらのCPUも既存の500/400シリーズのマザーボードと互換性があります。

また、PROやOEMのみのRenoir Ryzen 4000GデスクトップAPUとは異なり、今回はデスクトップAPUの小売店での販売も行われる。

これらのAPUに関する詳細情報は2021年前半になると予想される。

ソース:wccftech - AMD Readies Ryzen 9 5900 12 Core & Ryzen 7 5800 8 Core ‘Zen 3’ Desktop CPUs For OEMs, Will Come in 65W Flavors

 

 

解説:

OEM向けとしては二つの65Wモデル、Ryzen5000G APUが早くも登場か?

と言う衝撃的な噂が飛び込んできました。

65Wモデルは5900無印と5800無印の2つですが、8コアに関しては旧3700Xに相当するモデルになるのかどうか迄ははっきりしません。

もしそうであった場合は、3700Xは発売されない可能性もあるということになりますね。

旧モデルに当たる3900無印が3000シリーズモデル末期にひっそりと発売されており、現在でも入手可能な状態です。

※ただしバルク版です。

OEMでもRenoirのように並行輸入品が比較的広く流通して入手性が良い可能性もあります。

5900無印と5800無印がどのようになるのかはっきりしません。

ただし、現在のTSMC7nmの混雑具合と既に発売済みの通常のRyzen5000シリーズの入手性の悪さを見ると、OEM向けのモデルが流通してくるのは難しいかもしれません。

Ryzen 5000Gシリーズに関しては、私の予想ですが、安価な下位のモデルはこちらで賄う形にするのではないかと思います。

理由はキャッシュを省いてダイサイズを小さく抑えているAPU版はコストが安く出来ることと、通常のATX向けと併せてMini-ITXなどのマニアックな小型PC向けの需要が一定数見込めるからです。

今回の噂では5700Gと5600Gの2つの名前が挙がっていますが、8コアと6コアがそれぞれ既に発売されている5800X、5600Xとオーバーラップする形になりますが、旧モデルの3700Xと3600無印はこちらで置き換えるということになるのかなと思います。

未だ発売されていない3700X、3600無印に相当するモデルがどうなるのかはっきりしませんが、これらの2つのモデルが3800Xや3600Xの売り上げを食いつぶしていたことを考えると、発売されない可能性もあるのかなと思います。

TSMC7nmの供給量として出荷しても店頭に飾られるだけになるモデルを出しても仕方ないですし。

いずれにしても来年になると思います。

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.