CPU情報

AMDの次世代CPU「Zen 5」がHWiNFOで早期サポートを開始

更新日:

AMDはまだすべてのZen 4 CPUを出し終わっていませんが、すでに次世代CPUであるZen 5のサポートがモニタリング・ソフトウェア内に追加されています。

AMD Zen 5 CPU、リアルタイム監視ソフトウェア「HWiNFO」で超早期サポート開始

AMD初のZen 4 CPUファミリー、コードネーム「Raphael」は、Ryzen 7000ラインナップとしてコンシューマ市場に投入されたばかりだ。

現在、同社はEPYC向けのGenoa CPUと、Ryzen mobilityファミリー向けのPhoenix Point / Dragon Range CPUを投入する予定である。

しかし、これでZen 4が終わるわけではなく、レッドチームはいくつかのカスタムSOCとZen 4 V-Cacheチップも開発中である。

しかし、次世代Zenコアの開発はすでに進んでいることが分かっており、Zen 4はすでに開発済みなので、現在はZen 5と将来のチップアーキテクチャに向けた作業が開始されている。

HWiNFOは現在、一部のZen 5 CPUファミリの早期サポートを可能にしようとしている。

プロダクトIDや初期データに関しては、すでにソフトウェアメーカーがある程度の情報を持っていると思われる。

これが初期サポートであることを考えると、この先もまだまだ続くことになる。

しかし、次のアップデートでは、Zen 5がオンラインに登場し始めた場合、あるいはAMDのエンジニアがハードウェアの監視や診断にこのソフトウェアを使用する予定がある場合、ソフトウェアは少なくとも基本的なレベルのサポートを提供することになります。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMDのZen 4に続いて、2024年にはZen 5が登場し、3D V-Cache搭載で4nmプロセスノードを利用し、Compute-OptimizedのZen 5Cは、より進んだ3nmプロセスノードを活用する予定であるという。

以下は、レッドチームによって確認されたZen CPUコアの全リストです。

  • Zen 4 - 5nm (2022)
  • Zen 4 V-Cache 5nm (2023)
  • Zen 4C - 4nm (2023)
  • Zen 5 - 4nm (2024)
  • Zen 5 V-Cache - 4nm (2024+)
  • Zen 5C - 3nm - (2024+)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Zen 5は2024年、全く新しいマイクロアーキテクチャでV-CacheとComputeモデルを搭載。

AMDは、新しいZen 5アーキテクチャが2024年に発売されることを確認し、これまでの噂を裏付けました。

Zen 5 CPUは、前述の3種類のフレーバーで提供され、チップ自体は、強化された性能と効率、再パイプライン化されたフロントエンド、および統合AIと機械学習の最適化とともに広い問題を提供することに焦点を当てた完全にブランドの新しいマイクロアーキテクチャでゼロから設計されています。

Zen 5 CPUの主な特徴は以下の通りです。

  • 性能と効率の向上
  • フロントエンドとワイドイシューの再パイプライン化
  • AIと機械学習の最適化を統合

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Zen CPU / APU ロードマップ:

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5Zen 6
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm/4nm4nm/3nm未確認
サーバーEPYC Naples
(1st Gen)
N/AEPYC Rome (2nd Gen)EPYC Milan (3rd Gen)N/AEPYC Genoa
(4th Gen)
EPYC Genoa-X
(4th Gen)
EPYC Siena
(4th Gen)
EPYC Bergamo
(5th Gen?)
EPYC Turin
(6th Gen)
EPYC Venice
(7th Gen)
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen
Threadripper 1000
(White Haven)
Ryzen
Threadripper 2000
(Coflax)
Ryzen
Threadripper 3000
(Castle Peak)
Ryzen
Threadripper 5000
(Chagal)
N/ARyzen
Threadripper 7000
(Storm Peak)
未確認未確認
メインストリーム
デスクトップ
Ryzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000

(Vermeer)

Ryzen 6000
(Warhol / キャンセル)
Ryzen 7000
(Raphael)
Ryzen 8000
(Granite Ridge)
未確認
メインストリーム
デスクトップ
ノートPC APU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
(Picasso)
Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(PhoenixPoint)
Ryzen 8000
(Strix Point)
未確認
省電力
モバイル
N/AN/ARyzen 5000
(Van Gogh)
Ryzen 6000
(Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認未確認

ソース:wccftech - AMD Next-Gen Zen 5 CPUs Get Early Support Within HWiNFO

 

 

 

 

解説:

Zen5がモニタリングソフトのHWinfoの初期サポートに入ったようです。

今までAMDの資料に出てくるだけで、現物は全く見かけませんでしたが、ようやく具体的な情報が出てくるようになりました。

Zen5からAMDもハイブリッドを搭載するとされていますが、一体どのようになるのか?まだ全く情報はありませんが、興味深いです。

ハイブリッドとはもともと省エネルギー性を追及するものでしたが、Intelは効率を追及して性能を稼ぐという方向に使って特にデスクトップ製品で大きなブレイクスルーを生み出しました。

TDPがシビアなノートPC向けの製品では性能を追及しつつもエネルギー効率を追及せざるを得ないので、デスクトップで大きな差を付けられたとしても恐らくモバイルではそれほど致命的な差にはならないと思います。

なぜなら、AMDのハイブリッドが効率を追及するものならば、Intelのモバイル向けと方向性があまり変わらないからです。

シェアを取るには出荷の大半を占めるノートPC向けや利益率の高いサーバー向けに力を入れるのが経営効率が良いのは分かりますが、自作PCerとしてはなかなかに寂しい話になります。

自作PCとしてのRyzenは今後Intelに追いつくのが厳しくなるかもしれません。

何せ世代が進むたびにEコアを8個ずつ増やしていけばいつかは追いつけない位の差になるでしょうから。

Alderは16コア24スレッド、Raptorは24コア32スレッド、Meteorは(恐らく)32コア40スレッドになるでしょう。

PコアのみのRyzenがマルチスレッドでIntel追いつけるのはRaptorで最後になるかもしれません。

Zen5からはどうなるのかは私にも想像がつきませんので、はっきりとは言えません。

しかし、リーク情報で申請されていた特許の内容を見ると、IntelのようなEコアの使い方はしないのではないかと思います。

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

(AMD 100-100000926WOFはRyzen 7 5700Xです)

created by Rinker
AMD
¥11,869 (2022/11/26 13:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥10,404 (2022/11/26 13:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.