CPU情報

AMD、ゲームに有利な3D V-Cache技術を搭載した249ドルのRyzen 7 5700X3Dを1月21日に発売、AMDはAM4プラットフォームも更新し、2024年に向けて新しいRyzen 5000「GT」プロセッサーを発表

投稿日:

贈り物はずっと続く。

AMDのAM4プラットフォームは、2017年以来、5世代、125種類以上のプロセッサーと500種類以上のマザーボード設計に及ぶCPUを搭載してきたが、このCES 2024でAMDが発表した4つの新しいRyzen 5000モデルの登場により、まさに贈り物のような存在となった。

新ラインナップの筆頭は、249ドルの8コア16スレッドRyzen 7 5700X3Dで、96MBのゲーム・ブーストL3キャッシュなど、AMDの大人気Ryzen 7 5800X3Dの全機能を備えながら、クロック速度を若干下げた新しい3D V-Cache搭載プロセッサーだ。

AMDはまた、175ドルの8コア16スレッドのRyzen 7 5700を発表した。

前モデルと同様、これらのチップにはGPUが統合されていない。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

基本的なディスプレイ機能を求めるのであれば、AMDは140ドルのRyzen 5 5600GTと125ドルのRyzen 5 5500GTの2つの新しい6コア12スレッドの「GT」APUモデルを発表した。

Ryzen 7 5700X3Dはクーラーなしだが、残りの3チップにはWraith Spireクーラーがバンドルされている。

これら4つの新チップはすべて、2024年1月31日に小売店およびAMDのSIパートナーによるカスタムシステムで発売される。

Ryzen 5000シリーズの価格と仕様
Ryzen 5000シリーズ AM4デスクトップCPU

店頭価格/
希望小売価格
コア数/
スレッド数
(P+E)
Pコア ベース /
ブーストクロック
(GHz)
Eコア ベース /
ブーストクロック
(GHz)
キャッシュ
(L2/L3)
TDP / PBP / MTPメモリGPUコア数
Ryzen 7 7800X3D$4408 / 164.2 / 5.0104MB (8+96)120W / 162WDDR5-5200-
Ryzen 7 5800X3D$289 ($449)8 /163.4 / 4.5100MB (4+96)105WDDR4-3200-
Ryzen 7 5700X3D$2498 / 163.0 / 4.1-100MB (4+96)105WDDR4-3200-
Ryzen 5 7600$2196 / 123.8 / 5.138MB (6+32)65W / 88WDDR5-5200-
Core i5-13400 / 13400F$228 - $205 (F)10 / 16 (6+4)2.5 / 4.61.8 / 3.329.5MB (9.5+20)65W /148WDDR4-3200 / DDR5-4800-
Ryzen 7 5700X$2008 / 163.4 / 4.632MB65WDDR4-3200-
Ryzen 7 5700$1758 / 163.7 / 4.6-20MB65WDDR4-3200-
Ryzen 5 5600X3D$2296 / 123.3 / 4.499MB (3+96)105WDDR4-3200-
Ryzen 5 5600X$1456 / 123.7 / 4.635MB (3+32)65WDDR4-3200-
Ryzen 5 5600GT$1406 / 123.6 / 4.6-19MB65WDDR4-3200Radeon ?
Ryzen 5 5600G$1456 / 123.9 / 4.4-16MB65WDDR4-3200RX Vega 7 - 1900 MHz
Ryzen 5 5600$1296 / 123.5 / 4.435MB (3+32)65WDDR4-3200-
Ryzen 5 5500GT (5500)$1256 / 123.6 / 4.4-18MB65WDDR4-3200Radeon ?

他のRyzen 5000シリーズ・プロセッサーと同様に、この新しいチップはTSMC 7nmプロセス・ノードで製造されたZen 3マイクロ・アーキテクチャを搭載している。

2つの「GT」APUは「Cezanne」アーキテクチャを採用しており、Vegaグラフィックスエンジンを搭載している。

AMDはこれらのチップのGPUコア数や周波数についてまだ公表していないが、詳細が明らかになり次第更新する。

249ドルのRyzen 7 5700X3Dは、実質的にRyzen 7 5800X3Dをダウンクロックしたもので、ベース周波数とブースト周波数が400MHz低下している。

96MBの大容量L3キャッシュを含め、その他の詳細はすべて同じだ。

そのため、5700X3Dは、一部の生産性作業でのパフォーマンスは犠牲になるものの、この価格帯でゲーム性能の堅実な融合を実現すると期待される(詳細はRyzen 7 5800X3Dのレビューを参照)。

5700X3Dチップは、Microcenter限定の6コア12スレッドのRyzen 5 5600X3Dの上に位置し、驚くことに229ドルで在庫が残っている。

事実上、5700X3Dは5600X3Dより2コア多く、20ドル高い。しかし、5700X3Dはクロック速度が若干低く、Microcenterの実店舗に行かずにオンラインで注文できる利便性がある。

同様に、Ryzen 7 5700は標準的なRyzen 7 5700Xと非常によく似ているが、このチップは25ドル安く、ベースクロックが300MHz高い。

Ryzen 5 5500GTは、Ryzen 5 5600Gの低クロック版だが、L3キャッシュが増え、価格帯もわずかに下がったため、5600Gは時代遅れになった。

最下位のRyzen 5 5600GTは、実際には既存のRyzen 5 5600のカーボンコピーだが、後者は長い間OEMシステムのみに追いやられており、小売では入手できない。

そのため、すべてのスペックに変更はない。

Ryzen 5000シリーズのゲームおよび生産性ベンチマーク

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMDは新しいRyzen 5000モデルのベンチマークを公開したが、他のベンダーが提供するベンチマークと同様、割引いて考えてほしい。

アルバムの最後にテストノートを掲載した。

AMDのRyzen 7 5700X3Dは、インテルのCore i5-13600Kと格闘し、さまざまなタイトルでそこそこのアドバンテージを獲得した。

一方、Ryzen 7 5700は時代遅れのCore i5-12400Fにほぼ匹敵するが、インテルの保留中の第14世代リフレッシュ・チップが発表されれば(間もなく)、より強固な防御を敷くと予想される。

最後に、Ryzen 5 5500GTと5600GTはどちらもAMDのRyzen 5 5600Gに勝利しており、老朽化したRyzen 5 5600Gの代替となることは明らかだ。

5600Gは当時としては素晴らしいチップであり、より高価な同等品の性能の大部分を提供していた。

感想

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

感想AMDは、AM4プラットフォームを2022年以降もサポートすると発表した。

2017年にデビューしたAM4は、サービス開始から8年目を迎えており、現在も新しいプロセッサの追加を受け続けている最新のソケットとしては最も長くサポートされている。

これは、古いプラットフォームのアップグレードを検討しているAMDユーザーにとって有利だ(ただし、BIOSの互換性を確保する必要がある)。

AM4マザーボードのエコシステムには多くの選択肢があり、安価で豊富なDDR4との組み合わせはもちろんのこと、Ryzen 5000モデルで見られるような一般的に容易な冷却とPSU要件もあり、新プロセッサは、新しいシステムを探しているアップグレーダーやバリュー・シーカーにとって堅実な選択肢となりそうだ。

しかし、AMDはインテルの低価格帯製品との厳しい競争に直面しているため、最終的な評決を下す前に、このチップを独自にテストする必要がある。このチップは2024年1月31日に市場に登場する。

ソース:Tom's Hardware - AMD launches $249 Ryzen 7 5700X3D with game-boosting 3D V-Cache tech arrive January 21, AMD also updates AM4 platform with new Ryzen 5000 ‘GT’ processors for 2024

 

 

 

解説:

AM4の新CPUに関して。

今度はCESのAM4の新CPUに関してです。

かねてからの情報通り、

  • Ryzen 7 5700X3D - Core i5-13600K/KF相当
  • Ryzen 7 5700無印 - Core i5-12400/F相当
  • Ryzen 5 5600GT - Ryzen 5 5600G置き換え
  • Ryzen 5 5500GT - Ryzen 5 5600G置き換え

の4種が出ます。

このうち5700無印は5700Xの実質的な値下げモデルであり、5600GTと5500GTはOEM専用だった5600無印のリテール相当品という扱いのようです。

想定するライバルは書いてある通りです。

なかなかAM5に買い替えが進まない現状と、AM4にテコ入れせざるを得ない状況を反映しているのでしょう。

今回AMDはAM5への4コアCPU投入を見送りましたが、これは失敗だったのではないかと思います。

とにかく、システム価格を押し下げてAM5への移行を促したほうが良いとわたくしは感じました。

なぜならば、A620ならばそれなりの価格で売られており、AM4をこれ以上引っ張っても未来がないからです。

いずれにしてもAM4は2024年中も新製品は出るということでAM4ユーザーにとっては朗報なのではないでしょうか。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

 

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.