GPU情報

AMD Radeon RX 6700 XTの「Navi 22 GPU」カスタムモデルは、最大2.95GHz、最大211WのTGPにパワーアップしたと報じられている

投稿日:

AMDのRadeon RX 6700 XTカスタムモデルのBIOSもリークされ、メインストリームのRDNA 2 GPUから期待できる周波数を示しています。この情報はIgor's Labからのもので、少なくとも2つのカスタムモデルのBIOSがMorePowerToolを通じて詳細に説明されています。

AMD Radeon RX 6700 XTカスタムモデルは、RX 6800シリーズよりも優れたオーバークロッカーになる可能性があります。

ちょうど昨日、AMD Radeon RX 6900 XTのBIOSは、これまでにリリースされたハイエンドGPUとしては初となる3.0 GHzの最大クロック制限を提供しています。

このグラフィックスカードは数週間後に発売される予定で、AMDのRadeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」ファミリーのフラッグシップ製品となります。Big Navi「Navi 21」GPUがリリースされた後、AMDはRDNA 2ベースのNavi 22 GPUを搭載したRadeon RX 6700シリーズに注力し、Radeon RX 6700 XTとRadeon RX 6700フレーバーが発売される予定です。

Igor氏によると、彼がアクセスできたBIOSは、2つのカスタムRadeon RX 6700 XTグラフィックスカード用のものだという。最初のBIOSは最大クロック速度が2854MHzまたは2.854GHzであるのに対し、2番目のBIOSは最大2950MHzまたは2.95GHzのクロック速度を提供するはるかに高速なモデル用のものです。

これらのBIOSは、Radeon RX 6700 XTのパートナーカードを、最大2.8 GHzのカスタムRX 6800 XTのラインアップよりもはるかに先取りしています。

RX 6900 XTとRX 6700 XTカスタムモデルの間には50 MHzの差があるので、さらに高速な最大クロックを特徴とする他のバリエーションがあるかどうかを見るのは興味深いことでしょう。

AMD Radeon RX 6700 XTカスタムモデルBIOS (2.95 GHz) Igor's Labより:

 

AMD Radeon RX 6700 XT カスタムモデルBIOS (2.85 GHz) Igor's Labより:

Igor氏はまた、AMD Radeon RX 6700 XTのパートナーカードは、可変TGP(Total Graphics Power)になる説明している。

低クロックのバリアントは186WのTGPを持ち、高速クロックのバリアントは211WのTGPを持つ。2854MHzの最大クロック制限を持つ最初のモデルは、AMDのストックバリアントである可能性が高く、Igor氏は、そのTBP(総ボード電力)が210~220Wの間であることを示唆している。

このように、オーバークロックされた(2.95 GHz)バリアントのTBPは、約250Wでさらに高くなる可能性があります。

これは、250W の TBP を持つ Radeon RX 6800 (Non-XT) リファレンス モデルに近いです。

リファレンスカードとしては、Radeon RX 6800のTGPは203W。そのため、BIOS 1の186WはTGPの92%となり、メモリの低さ(16GB GDDR6ではなく12GB)を考慮すると、OC BIOSであることも示唆している。

BIOS 2は、AMDがすでにRX 6800リファレンスカードに与えているものを大幅に上回っている!

暴れた後はそれだけで十分なのだが、最終的にどんな性能が出るのか見ものだ。

ちなみに、両カードともGPU電圧は1.2ボルトとなっており、これもRX 6800とRX 6800 XTでは以前よりも高くなっています。

Videocardz経由Igor'sLAB

https://twitter.com/patrickschur_/status/1329930346687852544?ref_src=twsrc%5Etfw

さらに興味深いのは、最初のバリアントはファン回転数を2300rpmに設定し、ファンの目標温度を80℃とより保守的にしたリファレンスデザインのようだ。最小PWM値は33%に設定されており、ファンスロットル制限は3200RPMに設定されている。

リファレンスのRadeon RX 6700 XTグラフィックスカードはデュアルファンデザインを採用すると予想されており、以前のリークでその様子を少し垣間見たことがあります。

オーバークロックされたモデルは、ターゲット温度が95℃と高く、よりプレミアムな冷却デザインが期待されています。1700 RPMの回転数は、最大TPM範囲が2550のトリプルファン構成の可能性があることを示唆しています。

AMD Radeon RX 6700 XTとNavi 22 XTとRadeon RX 6700とNavi 22 XL GPU

最後に、Navi 22 XTベースのRadeon RX 6700 XTとNavi 22 XLベースのRadeon RX 6700グラフィックスカードを含むRadeon RX 6700シリーズがあります。

AMD Radeon RX 6700 XTはフルNavi 22 XT GPU SKUを搭載し、40台のコンピュートユニットまたは2560ストリームプロセッサを搭載し、Radeon RX 6700はNavi 22 XL GPU SKUを搭載し、カットダウン構成を採用すると予想されます。

グラフィックスカードは、12GBのGDDR6メモリバッファと192ビットバスインターフェースを搭載する。AMDは16 Gbpsのダイを使用する可能性が高く、これによりカードの総帯域幅は384 GB/sになる。

AMD Radeon RX 6700シリーズ デュアルスロット冷却ソリューション

2つ目のバリエーションに移ると、デュアルスロットカードは、トリプルスロットに似たデザインを採用していますが、ややコンパクトなフォームファクタを採用しています。このシュラウドは、AMD Radeon RX 6700シリーズカード用に設計されていると言われています。

このカードは、デュアルアキシャルテックファンのデザインを特徴としており、中央とファンにはRadeonブランドを象徴する大きな「R」のロゴがあります。

 

このカードはまた、側面にLEDライトのRadeonロゴを備えており、アルミヒートシンクからの熱を排出するための大きな切り欠きがあります。

カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、8+6またはより電力が最適化されたバリアントの構成も見られるかもしれません。

このカードはデュアルスロットのフォームファクタを搭載しており、Big Naviグラフィックスカードと同様のI/Oを搭載しています。

このクーラーは、Radeon RX5700シリーズグラフィックスカード用のAMDのNavi10(RDNA 1)GPUと比較してわずかに小さいが、それなりに大きいNavi 22GPUを冷却する必要があると予想されます。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードをラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
GPUNavi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm
トランジスタ数未確認未確認268億268億268億
CU数未確認40607280
SP数未確認2560384046085120
TMU数/ROP数未確認未確認240 / 96288 / 128320 / 128
ゲームクロック未確認未確認1815 MHz2015 MHz2015 MHz
ブーストクロック未確認未確認2105 MHz2250 MHz2250 MHz
FP32演算性能未確認未確認16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs
メモリ容量
・種類
12 GB
GDDR6
12 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
インフィニティ
キャッシュ
不明不明128MB128MB128MB
メモリバス幅192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅320 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s
TDP未確認未確認250W300W300W
価格(米ドル)未確認未確認$579$649$999

Radeon RX 6700 XT」や「Radeon RX 6700」を含むRadeon RX 6700シリーズのグラフィックスカードは、2021年1月に発売される予定で、NVIDIA GeForce RTX 3070 & RTX 3060シリーズのカードに挑むことになる。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6700 XT ‘Navi 22 GPU’ Custom Models Reportedly Boost Up To 2.95 GHz, Up To 211W TGP

 

 

解説:

RX6700/XTの続報

過去の記事の解説で私は「クロックが3GHz近くまで上がるかもしれない」と書きました。

AMD Radeon RX 6800 XTは、リークされたAotS 4KベンチマークでNVIDIA RTX 3090を打ち負かす

FP32演算性能は小さなダイの場合、上位のビッグダイを使っているモデルよりさらによく回る可能性がありますが、RX6800XTより回るとなると3GHz近くになる可能性もあるので、さすがに無理かなと思い、12TFLOPSにしました。

どうもやはり3GHz近くまで回るようです。

ただし、カスタムモデルだけになりそうです。

この辺はやはり、過去の記事で書いた通り、RX6800無印と比較しても2/3のSP数になりますので、かなり回しても性能的に追いつくことは難しいでしょう。

そのため、カスタムモデルは回るならば回るだけ回すという感じになりそうな気配です。

RX6700XTとRX6700の関係もNavi10と同じような関係になるのではないでしょうか。

いずれにしても性能ターゲットはRTX3060/Tiと同程度、RTX2080/SUPERと同程度になものと思われます。

価格・性能ともに期待してもよいのではないかと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥358,800 (2021/04/10 04:31:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.