GPU情報

NVIDIA RTX 3060 GPU (Palit)が初めてEECで発見された

投稿日:

近日発売予定のAmpereグラフィックスカード、今回はPalitの製品型番ですが、EECレジストリにリークされました(Videocardz経由)。

NVIDIAの新しいゲーミングラインアップの発表まであと5日となりましたが、次世代GPUの発表が迫る中、憶測やリークが飛び交っています。

レジストリには、NVIDIAの次期カードのコードネームが登録されており、WhyCryによって解読されると、それぞれRTX 3090, RTX 3080, RTX 3070と(そして初めて) RTX 3060と解読されています。

PalitsのRTX 3090, RTX 3080, RTX 3070とRTX 3060グラフィックスカードは、EEC認証を取得していることが判明しました。

すべての半導体製品は発売前にEEC認証を取得することが義務付けられており、これは通常、様々なGPUや発売を予見し、確認する上で非常に良い指標となる。

つまり、発売されるGPUはすべてEEC認証を取得しなければならないが、EEC認証を取得したすべてのGPUが実際に棚に並ぶわけではない。

この特定のリークで, 我々は彼らがそれぞれRTX 3090, RTX 3080, RTX 3070とRTX 3060(これも存在する!)を参照していることをかなり確信しているので, 我々はかなりすぐにこれらのグラフィックスカードを見ることになるだろう.

注意点:これは、初めてRTX3060に語られているものであり、これが事実であるかどうかは不明です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

EECでは合計171種類のSKUがスポットされていました。大まかなコードネームは以下の通り。

  • NVIDIA Palit RTX 3090(に対して、T、S、H接尾辞)
  • NVIDIA Palit RTX 3080(に対して、T、S、H接尾辞)
  • NVIDIA Palit RTX 3070(に対して、T、S、H接尾辞)
  • NVIDIA Palit RTX 3060(に対して、T、S、H接尾辞)

NVIDIAはAmpereアーキテクチャで物事を揺さぶっており、前世代と比較して(ハードウェアとソフトウェアの両方で駆動される)パフォーマンスの大きな飛躍が期待されるものを見ることになります。

NVIDIAが彼らの究極のカウントダウンで発生させている誇大広告が信用できるものであれば(そして、NVIDIAがエキサイティングなものになると言うときは、通常は信用できます)、この記事を書いている時点で、わずか5日以内に何か具体的なものを手に入れることができるはずです。

これまでにNVIDIAのSKUについて知っていること。

我々は、まだ確認された命名スキームを知らないので、私は、それらのボード番号とそれらが交換することを意図しているRTX 2000シリーズカードに応じて、これらのボードを参照します。

NVIDIAのラインアップの中で一番の宝玉は、24GBのvRAMを搭載したPG132-10ボードである。

これはRTX 2080 Tiを置き換えることになるだろうし、現在のところ9月の後半に発売される予定だ。

続いて、RTX 2080 SUPERグラフィックスカードを置き換えるPG132-20とPG132-30があり、それぞれ20GBと10GBのvRAMを搭載する。

PG132-20は10月前半に、PG132-30は9月中旬に発売される予定だ。

ここで付け加える価値があるのは、これら3つのパーツは、おそらく私たちが聞いたことのあるSKU10、20、30であり、SKU20は、AMDのBig Naviの発売日(したがって、発売スケジュールをずらしている)のど真ん中をターゲットにしているということだ。

AMDのBig Naviは16GB相当のvRAMを搭載していると思われるので、NVIDIAが20GBのvRAMを搭載したいと考えている理由も説明できます。

PG142-0とPG142-10は、RTX 2070 SUPERを置き換える予定で、それぞれ16GBと8GB相当のvRAMを搭載する。

PG142-10は9月後半に発売される予定であるが、PG142-0はまだ発売日が確定していない。

最後に、RTX 2060 SUPERグラフィックスカードを置き換えるPG190-10ボードがあり、こちらも8GBのvRAMを搭載する。こちらもまだ発売日は決まっていません。

NVIDIA Ampere GPUの部分的なスペックと発売日

Board ID 旧モデル相当品メモリ容量メモリ
バス幅
発売時期
PG132-10RTX 2080 Ti 24 GB384 bit9月後半
PG132-20RTX 2080 Super20 GB320 bit10月前半
PG132-30RTX 2080 Super10 GB320 bit9月中旬
PG133*RTX 2080 FE
(未確認)
不明不明不明
PG142-0RTX 2070 Super16 GB不明不明
PG142-102RTX 070 Super8 GB256 bit9月後半
PG136*RTX 2070 FE
(未確認)
不明不明不明
PG190-10RTX 2060 Super8 GB 256 bit不明

*=未確認

9月は、NVIDIAがブランドの新しいアーキテクチャ(およびグラフィックスカードのシリーズ)を展開し、AMDは最終的にBig Naviを次の数週間で押し出しているので、技術愛好家の驚くべき月になるようにシェイプアップされています。

Ampereシリーズは、他のどのシリーズよりも多くのリークや噂があり、発売に向けてクランチタイムに入ると、これらの多くが否定されたり、確認されたりします。

我々はまた、我々の情報源からのより多くの仕様とAmpereシリーズのGPUが製造されるプロセスノードの確認についての情報を待っています。

今のところ、これらのカードの予想される命名法は、RTX 3000シリーズであり、最初はRTX 3090が混ざっている可能性があります。

しかし、NVIDIAは以前、リークシーンの信用を失墜させるためだけに命名法の層をスキップしたことがあり、再びそうする可能性があることを心に留めておいてください。

私たちが見たシュラウドは検証段階に過ぎず、NVIDIAが命名法を変更するのは些細なことだろう。

しかし、基板番号は変わらないだろう。NVIDIAが何と呼ぼうと、これはとんでもない世代になりそうだ。

ソース:wccftech - NVIDIA RTX 3060 GPU (Palit) Spotted On EEC For The First Time

 

解説:

ECCにPalitのAmpereボードが登録される

ECCにPalitのAmpere GPUボードが大量に登録されたようです。

恐らくすべては発売されないと思いますが、可能性がある型番は全て事前に登録しているのでしょう。

これによって一部RTX3060の型番が明らかになったようです。

上のようなツイートをしましたが、記事中ではBig Naviを意識してメモリ大容量のモデルの発売日をぶつけるような日程になっていまする

※ RTX3080 20GB版の発売日が10月前半になっていますが、これはBig Naviの発売日を意識してのものでしょう。これで、nVidiaはBig Naviは最高でもRTX3080と同程度と想定していることがわかると思います。

これを見ると、メモリ容量が倍になったモデルはRTXの高速化がなされるのではないかと思っていましたが、違うのかもしれません。

しかし、20GBと言う容量が必要であるかに関しては疑問です。

まあ、Ampereはラスタライズでの8K実用性能に達しているのかもしれませんから、来るべき8K時代を睨んだ容量なのかもしれません。

現状、モンハンの高解像度テクスチャーパックを入れても4Kで7.92GBほどですので、解像度が4Kである限りにおいてはそれほどの大容量が必要とも思えません。

そのため、RTXの速度に関係しているのではないかとと言う疑念は払しょくできないままです。

コスト管理に厳しいnVidiaが必要ではないメモリを搭載するとはとても思えないからです。

色々と考察してみましたが、結局、公式の発表があるまではわからないままだと思います。

あと数日で公式発表されますので、楽しみに待ちましょう。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥132,000 (2020/10/25 10:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.