GPU情報

NVIDIAは2021年1月にGeForce RTX 3080 Ti、RTX 3060、RTX 3050 Ti、RTX 3050を発表するとされる - RTX 3060は12GBとなり、3060 Tiは8GBのメモリとなる

更新日:

NVIDIAは、フラッグシップのGeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードに加えて、少なくとも3枚のGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードを2021年1月に発売する予定であると伝えられているとVideocardzが報じています。

ラインナップは、GeForce RTX 3080 Ti、RTX 3060、RTX 3050 Ti、RTX 3050で構成されるとのことです。

これらすべてのカードに加えて、NVIDIAは、ライバルであるRDNA 2グラフィックスアーキテクチャをベースにしたミッドレンジカードも準備ができているとして、1ヶ月前の12月にGeForce RTX 3060 TIを発表するとしている。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti、RTX 3060、RTX 3050 Ti、RTX 3050はすべて2021年1月の発売に向けて設定され、噂を主張-RTX3060は12GBとなり、RTX 3060Tiは8GBのメモリとなる

噂によると、NVIDIAは、AMDがそのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードスタックの中で提供しなければならないものは何であれ、競争力を持って取り組むことを期待して、ミッドレンジとエントリーレベルのラインアップの発売を前倒しすることにした。

そのため、Radeon RX 6900 XTのライバルとして設計されているGeForce RTX 3080 Tiに加えて、NVIDIAは、12月から1月の間に4つのメインストリームのミッドレンジとエントリーレベルのカードを提供する予定だ。

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti「噂の」グラフィックスカードのスペック

Kopite7kimiからの詳細情報によると、GeForce RTX 3080 Ti FE (Founders Edition)のグラフィックスカードは、PG133-SKU15のPCBデザインとGA102-250-KD-A1のグラフィックスコアを搭載することが示唆されています。

GA102-250のGPUも前回から変更されており、10496個のFP32 CUDAコアでGeForce RTX 3090と全く同じものになっている。

メモリに関しては、このカードは20GBのGDDR6Xメモリを搭載する。RTX 3090の19.5Gbpsとは異なり、GeForce RTX 3080 Tiは19GbpsのRTX 3080と同じメモリ速度を保持するという。

我々は20GBのバスインターフェイスを取得しているので、NVIDIAは760GB/sの合計帯域幅に等しい320ビットのバスインターフェイスを使用することになります。

カードのTGPは、320ワットでRTX 3080と同じに設定されています。

これは、NVIDIAがここで少しだけクロックを最適化しなければならないかもしれないので、余分なコアを供給するために間違いなく必要とされています。

NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti '噂の'グラフィックスカードの仕様

GeForce RTX 3060 Tiの仕様は、GA104 GPUを搭載しており、これは、これが同チップを搭載する2番目のGPUであることを確認している。

特定のモデルかSKU番号が言及されていないが、前のレポートはGeForce RTX 3060のTiのためのGA104-200 SKUでほのめかした。

NVIDIA RTX 3060 TiグラフィックスカードのGA104-200 GPUは、4864個のCUDAコア、80個のROP、クロック速度1410 MHzベース、および1665 MHzブーストを備えている。

仕様に基づいて、カードは16.2 TFLOPsの有効な演算能力を提供するでしょう。

メモリについては、グラフィックスカードは8GBのGDDR6メモリを搭載し、256ビットバスインターフェースで動作します。

GDDR6メモリのメモリクロックは1750 MHzまたは実効14 Gbpsで維持され、総帯域幅は448 GB/sになります。

ピクセルフィルレートは133.2 GPixel/s、テクスチャフィルレートは674.3 GTexel/sと報告されています。

RTX 3060 Tiの価格は399ドル前後になると予想しています。

NVIDIA GeForce RTX 3060「噂の」グラフィックスカードの仕様

GeForce RTX 3060」は、合計30SM台で3840個のFP32コアを搭載すると予想されるGPU「GA106-400」を搭載することが示唆されている。

このグラフィックスカードは、GA104とGA106の両方のピン互換性を持つボードパートナーのPG190 SKUを利用することになる。

グラフィックスカードのメモリスペックは6GB(14Gbps)から始まり、現在は12GB(16Gbps)となっている。

https://twitter.com/kopite7kimi/status/1325820848393973760?ref_src=twsrc%5Etfw

 

このカードは、RTX 3060 Ti、RTX 3070、およびRTX 3080よりも大きい大規模な12GBのメモリバッファを備えていると噂されています。

これはまだ確認されていませんが、理由はNVIDIAは本当にメインストリームセグメントでAMDに対抗したいということかもしれません。

再び, 我々は、RTX 3080 & RTX 3070のための20GBと16GBの噂を見たが、彼らは後にキャンセルされた初期のデザインだったので、真実であることが終わっていないあまりにも。

カードは192ビットバスインターフェイスを備え、16Gbpsで384GB/sまでの帯域幅を提供する。GeForce RTX 3060は、RTX 2080に近い性能を提供するが、はるかに高いメモリ容量を持つ手ごわいグラフィックカードになる299ドルの米国価格で販売される可能性がある。

NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti 「噂の」グラフィックスカードの仕様

GeForce RTX 3060と同様に、GeForce RTX 3050 TiもGA106 GPUを搭載するが、GA106-300をカットダウンした構成となる。

このカードは、RTX 3060 が利用する 40/50 モデルとは異なる PG190 SKU 60 ボードをベースにしていると予想される。

GPUは、合計28個のSMユニットで3584個のFP32コアを搭載すると予想されている。

https://twitter.com/kopite7kimi/status/1323994099012173824?ref_src=twsrc%5Etfw

GeForce RTX 3050 Tiは、驚くべきことに、その4GBの前任者よりも大きなアップグレードである6GB GDDR6メモリインターフェイスも備えようとしている。

これは、192ビットバスインターフェースを示唆しており、16 Gbpsメモリダイの利用が終了した場合、カードから同様の帯域幅の数字を期待することができます。

グリーンチームは、製造コストを節約して、ここでも14 Gbpsのメモリダイを使用することができる。価格については、GeForce RTX 3050 Tiは、米国で199ドルから249ドルの範囲で発売される可能性がある。

NVIDIA GeForce RTX 3050「噂の」グラフィックスカードの仕様

GeForce RTX 3050はGA107-300 GPUを搭載することが示唆されているが、これはデスクトップグラフィックスカードの中では現時点で最もエントリーレベルのアンペアGPUであるようだ。

GA108 GPUのようなローエンドのものが出てくるかどうかは時間の問題だが、RTX 3050はそのための余地をほとんど残していない。

このカードは、18SMユニットの合計で2304個のFP32コアを搭載し、90WのTGPを搭載することが提案されている。

これは、GeForce RTX 3050が、75W TGPに準拠し、いくつかのカスタムモデルで発売するのに補助電源端子を必要としなかったGeForce GTX 1650のような旧モデルとは異なり、同ささせるために6ピンの補助電源端子を必要とすることを意味するだろう。

GeForce RTX 3050は、128ビットバスインターフェイスを搭載し、最大4GBのGDDR6メモリを搭載するでしょう。

このカードは14 Gbpsのメモリを搭載する可能性が高いが、それは確認されていない。

価格の面では、GeForce RTX 3050は、200ドル以下の149ドル前後の価格が予想される。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ「Ampere」グラフィックカードの仕様:

グラフィック
カード名
NVIDIA
GeForce RTX
3050 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3060
NVIDIA
GeForce RTX
3060 Ti
NVIDIA
GeForce RTX
3070
NVIDIA
GeForce RTX
3070 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3080
NVIDIA
GeForce RTX
3080 Ti?
NVIDIA
GeForce RTX
3090
アーキテクチャー
チップ型番
Ampere
GA106?
Ampere
GA106?
Ampere
GA104-200
Ampere
GA104-300
Ampere
GA102-150
Ampere
GA102-200
Ampere
GA102-250
Ampere
GA102-300
製造プロセスSamsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
Samsung
8nm
ダイサイズ未確認未確認395.2mm2395.2mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2
トランジスタ数未確認未確認174億174億280億280億280億280億
CUDAコア数3,5843,8404,8645,8887,4248,70410,49610,496
TMU数 / ROP数未確認未確認152 / 80184 / 96232 / 80272 / 96328 / 112328 / 112
Tensor /
RT Core数
未確認未確認152 / 38184 / 46232 / 58272 / 68328 / 82328 / 82
ベースクロック未確認未確認1410 MHz1500 MHz未確認1440 MHz未確認1400 MHz
ブーストクロック未確認未確認1665 MHz1730 MHz未確認1710 MHz未確認1700 MHz
FP32 演算性能未確認未確認16.2 TFLOPs20 TFLOPs未確認30 TFLOPs未確認36 TFLOPs
RT TFLOP未確認未確認32.4 TFLOPs40 TFLOPs未確認58 TFLOPs未確認69 TFLOPs
Tensor-TOP未確認未確認未確認163 TOPs未確認238 TOPs未確認285 TOPs
メモリ容量
・種類
6 GB
GDDR6?
6 GB
GDDR6?
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
10 GB
GDDR6X?
10 GB
GDDR6X
20 GB
GDDR6X
24 GB
GDDR6X
メモリバス幅192-bit?192-bit?256-bit256-bit320-bit320-bit320-bit384-bit
メモリ速度未確認未確認14 Gbps14 Gbps未確認19 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
メモリ帯域幅未確認未確認448 Gbps448 Gbps未確認760 Gbps760 Gbps936 Gbps
TGP未確認未確認180W?220W320W?320W320W350W
価格
(リファレンス
モデル価格)
未確認未確認$399 US?$499 US$599 US?$699 US$899 US?$1499 US
発売2021?2021?2020/12/022020/10/292020Q4?2020/09/172021/12020/09/24

繰り返しになりますが、これらは噂されている仕様であり、NVIDIAが来るべきAMD RDNA 2「Radeon RX 6000」シリーズの発表にどのように反応するかを考えると、変更される可能性があります。

AMD Radeon RX 6700シリーズのグラフィックカードも2021年1月の発売が予定されており、それらがどのような外観と仕様を提供するかはすでに分かっているので、メインストリームのグラフィックカードセグメントでは、今回は白熱した冬になりそうです。

ソース:wccftech - NVIDIA Allegedly Launches GeForce RTX 3080 Ti, RTX 3060, RTX 3050 Ti, RTX 3050 In January 2021 – RTX 3060 Gets 12 GB & 3060 Ti Gets 8 GB Memory

 

 

解説:

RTX3080Ti、RTX3060、RTX3050Ti、RTX3050は全て1月に発売される?

このような噂が流れています。

もしこの話が本当だとしたら、異例のことになります。

TuringではGTX1650は4月くらいまでかけてゆっくり発売されていましたが、どうも違うようです。

前回と違う売り方はするのはやはり、AMDのBig Naviが想定外の性能だったのが原因なのかなと思います。

RTX3060は12GBなるそうですが、RTX3070/3060Tiは8GBなので、ここで仕様のミスマッチが発生しています。

一部のAAAタイトルは4Kの高画質設定に12GBのVRAMを必要とするといわれていますが、ミドルクラスはケチらないで16GBにすべきだったのではないかと思います。

リークしてからキャンセルされたRTX3080 20GB版やRTX3070Ti(16GB?)はありましたが、今回のRTX3080Tiはスペック的にRX6800XTには劣っていません。(特にメモリ)

「数字が大きい方が性能が良く見える」単純ですが、それだけにマーケティングとしてはある程度有効(特に性能が近接している場合は効果絶大)ですので、RTX3080Tiのスペックにはかなりの説得力があります。

一見頭の悪く見える話ですが、人間には理性と感情があって、人間の感情に訴えるのがマーケティングですから、売り方としてはかなり有効です。

NaviからRadeon RX 5000シリーズに桁上がりしたのもこういった(数字が大きい方が「強く」見えるという)マーケティングの一環です。

Navi10では性能で(同じレンジの)Turingに追いついたと思いますが、フラッグシップがミドルクラスだったのと、レイトレーシング非対応で結果は奮いませんでした。

これもイメージ戦略で負けていたというところが大きいと思います。

どんなに理性で行動しているように見えても結局、人間の行動の源泉は感情です。

性能に直結しない部分もありますが、数字が大きい方がいい、メモリが多い方がいいというのは人間の頭の悪い部分(=快楽・不快を左右する部分)をくすぐって、行動を促す効果は高いと私は思います。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.